大阪・関西のB級グルメガイド

麺将 重厚軍団@一乗寺で、二郎風の「J-まぜそば」

麺将 重厚軍団@一乗寺で、二郎風の「J-まぜそば」

この日はまたまた京都へ遺品整理の旅へ。

毎月、第2・4土曜日はクリーンセンターへゴミを直接持ち込む事が出来るので、車に積んで往復の巻。何しろ先々代からのタンスが中身ごと残っていたりするので大変なんです。

タンス本体はさすがにトラックと人手が無いと無理ですが、せめて中身ぐらいは処分しておかないと、全部を業者任せにすると何十万円取られるか分かりませんからね。

でも南部クリーンセンターへ行くのはちょっと飽きたので、今回は目線を変えて市原にある東北部クリーンセンターへ。

その途中で、「麺将 重厚軍団」の二郎インスパイアメニューである「J-まぜそば」をいただきに一乗寺に立ち寄り。

一乗寺には本家ラーメン二郎の京都店がありますが、待ってる時間の余裕は無かったので、サクッと入れそうなこちらにしてみました。

オーダーは「J-まぜそば」ですが、ノーマルで250gあるというのでちょっとビビって麺量180gの小盛(750円)にしました。

まず麺をすすってみると、丸い断面の極太麺で、ムキムキ、ミッシリした豪快な歯ごたえ。

そこに、ラードの香りとコクを感じるコッテリとした甘辛ダレ、キャベツは大ぶりでシャキシャキのもやし、白ネギ、チャーシューはホロホロと脂が抜けるまで煮込まれた、おそらく肩ロースの塊がゴロンと。小盛には笑福のように、値段は同じですが味玉が1個付くのが嬉しいですな。

ニンニクは完全な生じゃなくて、熱したラードで軽く火が通されているので、二郎のような直接的な刺激はありません。

基本的に、甘いラーメンは苦手なのですが、これはラードとニンニクの使い方が上手く、コクと香りのバランスが良くて夢中でワシワシと食ってしまいました。

麺量も二郎系の換算からすると少なめに感じたし、これなら小盛にしなくても良かったかな。他の人が食べてるつけ麺も気になったので、また訪問したいと思います。どうもご馳走様!

麺将 重厚軍団ラーメン / 一乗寺駅修学院駅松ケ崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!