大阪・関西のB級グルメガイド

新世界

1/2ページ

平野屋@新世界で思わぬお正月気分

  • 2019.03.13

ちょっと過去の写真を整理していたら、正月休みの間に新世界にある「平野屋」さんへ行った写真が出て来ました。 普段から記憶が怪しい私ですが、今年の年末年始は喪中のため掃除以外は何もしておらず、いつどこに行ったかなんて全く覚えていません。この時も何の用事でここに来たのかな・・・ でも飲み食いだけは思い出しました(笑)。ちょうど、店もお正月という事で珍味3点セットを置いていたので、お屠蘇代わりに日本酒と一 […]

伝説店「大万」の後はどんな店?「呑処 新八」@新世界

  • 2018.12.18

最近、何故か西成に増殖しつつある、ホルモン焼きなどをプラ容器に入れ、150~200円ぐらいの格安で提供するマルフクインスパイア(?)系立ち飲み店。 個人的にはあまりそそられないタイプの店なのですが、この店だけは訪問せざるを得ない理由がありました。それは、あの「大万」の後に入った店だという点です。 じゃりン子チエのモデルとも言われ、わずか1本40円のホルモン焼きや串カツを長年提供されていた名店だった […]

香港@新世界で冷麺とトンカラ!

  • 2018.08.16

最近はトシのせいか、冒険して新規開拓しようという気が薄くなり、もっぱらお気に入りの中でも足が遠のいていた店に再訪して、まだオーダーしてなかったメニューを頼むのが自分的なトレンドになっております。 そんなわけで、新世界にある中華の名店「香港」へ。 結構、いろんな雑誌や有名ブログにも出ている店なのですが、私が行く日は何故か空いている事が多く、この時も先客は1名のみで、その人も途中で帰ったので食べ終わる […]

ちょっと残念な「佐兵衛すし」の松茸土瓶蒸し

  • 2016.11.02

秋になると、居酒屋で一度は食べたくなるメニューが松茸の土瓶蒸し。 ところが大衆的な店で確実に置いているところを探すのは難しくて、間違いなく置いているであろう「スタンドアサヒ」は予約の取れない超人気店・・・天王寺の「明治屋」も、地上にあった頃はラインアップにあったのですが、今はちょいちょい覗いてもその気配がありません。(T_T) いろいろネットで調べてみたところ、新世界ジャンジャン横丁の佐兵衛すしに […]

久々に西成あいりん昼酒散歩

  • 2016.10.04

天一の日に、布施店で無料券をゲットした後は、久々に西成のあいりん地区まで昼酒をいただきに参りました。 とその前に、布施から西成へ行くまで途中、御幸森商店街の八百屋で格安の生唐辛子を見つけたので購入。赤い唐辛子も混ざってますが、自宅でカレーを作る分にはこれで十分です。 昔は良く西成に通っていたのですが、萩之茶屋のホルモン道場や酒のもりたといった名店が閉店し、中韓ホステスのカラオケバーが雨後の竹の子の […]

新世界の隠れ家「奴寿司」@ジャンジャン横丁

  • 2014.03.21

もう数年前から串カツテーマパークと化してしまった大阪新世界。 今でもぎふや食堂のような古い店が潰れたスペースに、どんどん串カツ店を開いたりしているようですが、あべのハルカスなどの大型商業施設に話題を取られたのか、何となく最近は客足が止まりつつある気がしますね。 でも金太郎飴串カツ店が無くなったとしても、それで昔の味わいが復活するわけでもないので、地元の人間にとってはどっちに転んでも良いことでは無い […]

チャーハンで有名だけど、総じてレベル高し「香港」@新世界

  • 2013.08.08

こちらは、以前からマニアックなB級グルメ店としてその筋には知られていたところでして、でも夜のみの営業かつ1品で腹にこたえる中華という事で短期的に回数をこなせず、気がつけばだいたいのメニューを調べるのに結局2年近くの時間がかかってしまいました。 で、気がつけば食べログにも多数のレビューが載ったいっぱしの有名店になっておりました・・・まあ流行りものを追っているわけじゃないのでいいんですけどね。 この店 […]

新世界の中流「酒房 半田屋」

  • 2012.02.29

今や、串かつテーマパークを目当てに観光客がたむろするスポットになってしまった新世界。 しかしそこの人達をよくよく観察してみると、通天閣と串かつを目当てに来る観光客と、現在では淘汰されつつありますが「あいりん地区」から流れてくる労働者、そしてそれとは別に比較的落ち着いた感じの年配客が存在している事が分かります。 しかも何故か、それぞれの客層がほとんど交わること無く、店によってきっぱり分かれているのだ […]

ジャンジャン横丁の隠れ家「縄のれん田中屋」@新世界

  • 2011.07.20

いや、店自体は全然隠れているわけじゃないのですが、この前は何百回と通っている私でさえ、つい最近までその存在に気づいておりませんでした(笑)。 店自体に看板は無く、目印は表にかかっている縄のれんのみ、しかも今や派手な看板がずらりと並んでいるジャン横の中では、エアポケットのように視点の死角になってしまっているんですよね。 しかし、中身はこの界隈では珍しい真っ当な居酒屋で、おでんや巨大なだし巻きに使われ […]

新世界を代表する寿司屋「佐兵衛寿司 本店」@動物園前

  • 2011.04.06

今や新世界と言えば串かつ屋と再開発未満の穴ぼこだらけの街になってしまいましたが、その中で大興、佐兵衛といった寿司店もなかなか頑張っています。 その中でも個人的にイチオシなのが「佐兵衛寿司 本店」。場所はジャンジャン横丁の最南端ですから分かりやすいですよね。 何せ、立派なゲタに載せられた8貫の寿司と赤だし(3時まで)がついてたったの500円という安さ。しかも、100円回転寿司のようなペラペラのネタで […]

天ぷらの老舗がリニューアル「かめや」@新世界ジャンジャン横丁

  • 2010.12.02

ジャンジャン横丁に私が初めて訪れた25年以上も前から、天ぷらとめしだけを提供し続けてきた店が、最近はずっと店を閉めたままになっていたのでこのまま廃業かと思ってました。 ところが、今年の秋に突然内装をリニューアルして再オープンし、大将も息子さんと思われる若い人と一緒に厨房に立つようになってました。古くからの個人店が、こういう形で休業から復活するのは極めて珍しいパターンで、最近は個人的に慣れ親しんだ店 […]

新世界らしい飲み屋「のんきや別館」@ジャンジャン横丁

  • 2010.11.09

先週の中ごろからひいてしまった風邪をまた引きずってまして、なかなか外食の開拓が進んでません。今週は更新のネタがまだ残ってますが、来週はお休みするかも・・・ さて、再開発で軒並み飲食店が休みに入ってしまった阿倍野と違って、こちらは一向に再開発が進まないジャンジャン横丁。 通りの東側には殺風景なトタンが張られてままになってますが、西側にはまだ昔ながらの飲食店が固まってまして、ここもそんな中の一軒です。 […]

明治屋が無くても・・・「平野屋」@新世界

  • 2010.11.08

10月末でとうとう明治屋が移転のために閉店し、淡路屋はおそらくこのまま復活せず、名門酒蔵も移転準備で一時閉店と、阿倍野周辺は一気に火が消えたようになってしまいましたね・・・ しかし新世界のほうは、串カツテーマパークブームがひと段落し、天ぷらのかめやが密かに復活していたり、豚骨ラーメンの山田家乃ごん太がジャンジャン横丁にオープンしていたりと、地味に串カツ以外の動きが出ているのが嬉しいですよね。 そん […]

文字通り通天閣のうどん屋「三吉」@新世界

  • 2010.07.06

大阪にはいろいろロケーションが独特な店があるでしょうが、ここはその中でも5本の指に入るほどユニークな場所にあると思われるお店です。 何しろ、場所が通天閣へと上がるエレベータータワーにくっついたプレハブ小屋ですからね。小屋の壁に書かれているイラストもいい味を出しています(笑)。通天閣の軒下には餃子の王将もありますが、怪しさではこの三吉には全くかないませんなあ。 でも中身はごくごく正統派の立ち食いうど […]

新世界の居酒屋百貨店「新世界やまと屋2号店」

  • 2009.06.24

新世界と言えば、今や串カツ店でなければ飲食店にあらず、といった状況になってしまっている昨今ですが、だるまや八重勝といった有名店は行列が酷くて串カツ以外のメニューが少ないし、資本系大バコ店はサービスや質がいまいち、という感じでグループ客や動物園帰りの家族連れにとっては意外と選択肢が無いんですよね。 そんな中で、新世界では旧世代に属する居酒屋グループの「やまと屋」ならば、メニューは串カツから鮨、鍋に至 […]