大阪・関西のB級グルメガイド

大阪市生野区

1/2ページ

あの玉五郎の系譜を継ぐ『濃厚煮干し中華そば』「らーめんセンター トミオ」@寺田町

  • 2021.08.12

あの「煮干しラーメン玉五郎」で修行された方が、寺田町にオープンした煮干しラーメンのお店。 場所は寺田町駅前に伸びる国道165号線沿いにあります。しかしこの近辺も店の移り変わりが激しくなりましたね~。 店の入口横には食券機があり、メニューは煮干し中華そば、濃厚煮干し中華そば、そして「ざる」の3種類がありましたが、今回は濃厚煮干し中華そば(800円)を注文。 LINEで友達申請すると、もれなく味玉がも […]

緊急事態宣言下で食べる焼肉は別物「焼肉ホルモン 空」@鶴橋

  • 2021.07.17

まだ大阪府が緊急事態宣言下であった週末。 たまたま夕方ぐらいに生野を通る機会があり、ちょっと昼飯の量が少なかったのもあって、どうしても焼肉が食べたくなってしまいました。 鶴橋の空を覗いてみたら、いつもだったら5軒並んだ店にお客さんがギッシリ入っているところですが、この時はわずか1軒だけで細々と店を開けていました。 もちろんアルコールは置いて無く、ノンアルコールのチューハイにしてみました。 まずは、 […]

トロンとまったりスープのニンニクラーメン「らーめん 賛平」@鶴橋

  • 2021.06.05

この日は、事情があって晩飯は外食する事に。当然、いつもなら居酒屋に寄って帰るところではありますが、緊急事態宣言で飲食店のアルコール提供は自粛中・・・ 帰宅途中ならニンニク臭をあまり気にする必要は無いので、二郎系も考えましたが夜に食べるにはちょっとヘビー過ぎますからね。 仕事が多忙で疲れてはいたので、やっぱニンニク補給はしときたいなと思って、鶴橋にある薩摩っ子式ニンニクラーメンの店「賛平」さんへ立ち […]

年末の黒門市場、鶴橋市場、そしてカルビハウス

  • 2020.12.31

今年1年は、本当にコロナ禍で日本の生活が一変してしまった年でしたね。 12月29~30日はいつもの習慣で正月用の食料品の買い出しに行きましたが、どこも昨年の混雑からすると半分ぐらいの人ですかね~。 黒門市場は、相変わらずインバウンド向けの店は多くが閉まってますが、ふぐやマグロを売る店はそれなりに賑わっています。 食べ歩き用に海鮮を売っている店も、かつてのようなボッタ○リ値段では無くなって国内向けの […]

中華カツ丼「大龍飯店」@今里

  • 2020.10.06

グルコバで恒例の食材だけど、実はなかなか手に入れにくいのが「青唐辛子」。 ししとうのような辛くない品種ならどこにでも売ってますが、辛い青唐辛子は時々天満市場で見かけたりはするのですが、安定した入荷は難しく、韓国食材店で輸入ものの青唐辛子を買うか、インド食材店で冷凍品を買うかしか選択肢がありません。 そんな中で、生野区のコリアタウン、御幸森商店街にある八百屋だけは夏から冬にかけて地物の青唐辛子を売っ […]

鶴橋鮮魚市場の立ち退き問題、そして焼き松茸と土瓶蒸し

  • 2020.09.24

グルコバの買い出しを兼ねて、鶴橋まで出かけたのですが、鶴橋の鮮魚市場の店が半分ぐらい閉まっていて、一体何が起こったのかと思ったら、どうも立ち退き問題が起こっているようですね。 【特集】「立ち退き」に揺れる鶴橋の鮮魚市場 “耐震性に問題” 常連さんを大切にしたい店主たちは(MBSニュース) – Yahoo!ニュース ただ、法律的には老朽化は立ち退きの理由として成立するため、立ち退き自体を […]

食べて応援ポタリング「コロッケたなか」@桃谷

  • 2020.04.13

”コロナに負けるな!”食べて応援ポタリング、今回は桃谷商店街にある「コロッケたなか」さん。 この店、昔は「さきやま」という名前で営業されており、何年か前に代替わりして隣に移って「やました」という店名に変わったと思ったら、今度は場所が同じで「たなか」という名前になっていました。出世魚かよ(笑)。 相変わらず、販売しているのはコロッケ(110円)とミンチカツ(180円)のみ。いつも午前中には売り切れて […]

煮干しや@南巽の「塩煮干しそば」(800円)

  • 2019.12.21

以前、煮干し豚骨そばを食べてとても感銘を受けた「煮干しや」。 今回はデフォルトの煮干し中華そばにしようかと思ったのですが、「塩煮干しそば」というメニューを見つけてしまい、より煮干し感が味わえるかと思って塩の方にしてみました。 器は流行りのデカイ円錐形のタイプ。冷めにくいんでしょうが食べにくくもあります・・・ 一面を覆う肩ロースのチャーシューは、ホロホロと崩れるように柔らかくて相変わらず美味しいです […]

スタンドはじめ@鶴橋の「マグロ丼」ランチ(600円)

  • 2019.11.25

原則的に、生魚は酒が無いと食べたくない派なのですが、例外的にマグロのづけと白ごはんの組み合わせであれば、まあ我慢できるかなというレベルになります。 ミックスフライのコストパフォーマンスに驚愕した「スタンドはじめ」のランチで出しているマグロ丼が、まさにその組み合わせだったので、安心して(?)平日に行ってみました。 ほとんどネットで知られてないランチ営業、しかも時間は12時からなのに、相変わらずお客さ […]

20年で5倍の広さに!「焼肉 空」@鶴橋

  • 2019.10.05

昭和の時代は、鶴橋で焼き肉といえば「鶴一」が代名詞で、この店は小さな新興焼肉店にしか過ぎない存在でした。 確か、この角だけの店舗だったんですよね。でも今や、この初代店舗の周り5軒ほどを飲み込んで、鶴橋駅前で最も人を集める店にのし上がりました。 おかげで、いつも行列が出来ているのでなかなか立ち寄る気が起きなかったのですが、たまたま5時ぐらいに通りがかるとほとんど待ち客がいなかったので、何十年かぶりに […]

大阪最強クラスのワンコインランチ!「スタンドはじめ」@鶴橋

  • 2019.09.27

鶴橋に「中島屋」という名居酒屋があるのですが、一時期改装のために店を閉めておられました。 その母体である中島酒店さんが、閉店の代わりにという事で、駅からJRに沿って少し北側にある酒屋のほうを改装して作った立ち飲み店が「スタンドはじめ」。 中島屋が復活後もスタンドはじめのほうは元気に営業を続けておられまして、まだデータはアップしておりませんが、私も何度か通わせてもらっています。 その店のカウンターの […]

薩摩っ子とはひと味違う「なにわ にんにくらーめん賛平」@鶴橋

  • 2019.09.03

一昔前までは、ラーメンと言えば「二両半」ぐらいしか無かった鶴橋も、ラーメンブームの影響を受けて「玉五郎」を皮切りに、何軒ものラーメン店が駅前にオープンする事態になっております。 その中で、あえて古臭いスタイルの「ニンニクラーメン」を引っさげて登場したのがこちら。 ニンニクラーメンとは、隠れた大阪のご当地ラーメンと言える存在で、空心町の「薩摩っ子」に代表される、軽く白濁したシャバシャバの豚骨スープに […]

傑出したインパクト!「煮干し豚骨そば」中華そば煮干しや@南巽

  • 2019.08.12

グルコバの前日、土曜日は恒例の買い出し。 今回は嫁さんが車を使っていたので、最高気温37度の猛暑の中をチャリで買い出しという羽目に・・・ それでも午前中は割と雲がかかっていたので、熱中症にはならずに済んだのですが、やっぱり汗をダクダクにかいて塩気の利いたラーメンが食べたくなり、「煮干しや」@南巽へ行ってみました。 この店はオープン当初から話題を集めていたのですが、今年の5月に火事を起こしてしまい営 […]

この手の意識高い系は苦手です・・・「麺や福はら」@今里の濃厚魚介ラーメン

  • 2019.06.16

この日は、猪飼野のコリアタウンまで食材の買い出し。 生野に来たのだから焼肉ランチでも食べようかと思ったのですが、いまいち食欲が沸かず。難波へ移動する途中に、ラーメンの人気店である「麺や福はら」さんの前を通りがかると、いつもの行列が無かったのでつい吸い込まれてしまいました。 以前は二郎系の「フクロウ」営業の時に来たのですが、今回はノーマル営業。清湯の芳醇鶏そばと、濃厚魚介ラーメン、つけ麺とある中で選 […]

らーめん なんぞ屋@鶴橋の「ニンニク鶏豚ラーメン」は、想像よりもはるかにニンニク!

  • 2018.09.29

グルコバ前の買い出しで、鶴橋の魚市場と猪飼野商店街の青唐辛子を購入した後、昼飯に立ち寄ったのがこちら。 最近は、鶴橋界隈にもラーメン屋が増えて来ましたが、コリアン料理が幅を利かせる生野のメインストリートである疎開通り沿いで見かけるのは珍しいですね。 表にはベタベタと醤油ラーメンやざるラーメンなどの写真メニューが張ってありますが、店内に置いてあるメニューには「鶏豚ラーメン」しか書いていません。 なん […]