*

自作のミートソースでポテトグラタン

スポンサードリンク

ここ半年ほどは、京都でのヤボ用や子供の行事などが重なったりで、休日はレトルトカレーやスパゲティのパウチを渡して「これでお昼食べといて」と子供に食事を任せる機会が増えて来ました。

でもカレーはともかく、スパゲティは毎回次女がもたもたと食べ残しているので、スパゲティミートソースは好きなはずなのにと思っていたのですが、どうやら市販の安いミートソースが受け付けない様子。

確かに、私が自分で作るミートソースは市販品のように水分が多くなく、セロリや玉ねぎ、ニンジンをじっくり炒めたソフリットに、ひき肉とワイン、トマト缶、マデイラ酒を入れて煮詰めるなど、おそらく1人前で100円以上の原価がかかっているので、市販品で同じ作り方なら500円ぐらいは取らないと到底採算が合いませんからね。

妙に子供の舌を肥えさせてしまった自分が悪いよなと反省し、最近はセロリが高くてなかなか作る気が起こらなかったのですが(笑)、先週は久々にミートソースを作りました。

子供は大量のスパゲティをミートソースでワシワシと食ったのですが、オッサンは夜に炭水化物は必要じゃないので、じゃがいもをチンして皿に並べた上に、ミートソースとチーズをかけたグラタンにしてワインを傾けました。

手間とコストをかけたミートソースは美味しいなと自画自賛でいただきましたが、最近は子供が大きくなって食欲が格段にアップ、1回で多量に食べるのであっという間に無くなってしまうのが残念ですな~。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


2018/03/07 | 洋食, たまには料理

関連記事

「ニューライト」@アメ村の素朴なカレーとオムライス

先日、久々に難波アメ村の洋食店「ニューライト」に行ったのですが、そうい...

記事を読む

決して色物ではない本物メニューの「ピネライス」 キッチンゴン 六角店@京都

キッチンゴンのピネライスと言えば、昔からほとんどの京都ガイドブックに載...

記事を読む

洋食ひらおか@神戸中央卸売市場の、オムライスとチキンカツ

先日、自転車で神戸まで走った時に訪れた「洋食ひらおか」が気に入って、後...

記事を読む

1個100円そこそこで味わうフレンチ「コロッケいまむら」@蒲生四丁目

蒲生四丁目にある城東商店街からそのまま北へ100mほど行ったところに、...

記事を読む

ニューライト@アメリカ村のワンコイン・とんかつAランチ

こちらはカレー味のおじやと言えるセイロンライスで有名な老舗ですが、メニ...

記事を読む

新着記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも

→もっと見る


PAGE TOP ↑