大阪・関西のB級グルメガイド

フルーティな甘み際立つ!「ハウス きわだちカレー」

フルーティな甘み際立つ!「ハウス きわだちカレー」

週末は、以前から気になっていたハウス食品の新しいカレールーである「きわだちカレー」を使って子どもたち用のジャパニーズカレーを作ってみました。

このルーは、従来の加熱して固めた固形タイプではなく、低温殺菌技術を使ったペースト状のルーで、チャツネやフルーツ、トマトといった水分の多い材料を使う事が可能になり、スパイスの香りも残せるようになったという話です。

作り方は、今までと同じで肉と野菜をさっと炒めた後に水を入れ、具材が煮えたらルーを入れてとろみが出るまで煮込めば出来上がりですが、いつもの癖でニンニクとショウガ、ローリエもプラスしてしまいました。

食べてみると、フルーツとチャツネ由来のみずみずしい甘みをガツンと感じます。確かに今までのルーカレーでは感じなかった要素で新鮮さはありますが、ちょっと個人的には強調し過ぎのような気がしましたね。スパイス感は期待したほど強くは感じません。

ぶっちゃけ、これならトマトや玉ねぎを炒めてから普通のルーを溶かし、カレー粉を添加したカレーと大きな差は無いように思いますね。ちょっと期待しすぎた感はありますが、4食分で200円そこそこという値段ですし、話の種に試してみるのも悪くないと思いますな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハウス きわだちカレー コクがきわだつ中辛 155g
価格:270円(税込、送料別) (2018/7/3時点)

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!