*

フルーティな甘み際立つ!「ハウス きわだちカレー」

スポンサードリンク

週末は、以前から気になっていたハウス食品の新しいカレールーである「きわだちカレー」を使って子どもたち用のジャパニーズカレーを作ってみました。

このルーは、従来の加熱して固めた固形タイプではなく、低温殺菌技術を使ったペースト状のルーで、チャツネやフルーツ、トマトといった水分の多い材料を使う事が可能になり、スパイスの香りも残せるようになったという話です。

作り方は、今までと同じで肉と野菜をさっと炒めた後に水を入れ、具材が煮えたらルーを入れてとろみが出るまで煮込めば出来上がりですが、いつもの癖でニンニクとショウガ、ローリエもプラスしてしまいました。

食べてみると、フルーツとチャツネ由来のみずみずしい甘みをガツンと感じます。確かに今までのルーカレーでは感じなかった要素で新鮮さはありますが、ちょっと個人的には強調し過ぎのような気がしましたね。スパイス感は期待したほど強くは感じません。

ぶっちゃけ、これならトマトや玉ねぎを炒めてから普通のルーを溶かし、カレー粉を添加したカレーと大きな差は無いように思いますね。ちょっと期待しすぎた感はありますが、4食分で200円そこそこという値段ですし、話の種に試してみるのも悪くないと思いますな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハウス きわだちカレー コクがきわだつ中辛 155g
価格:270円(税込、送料別) (2018/7/3時点)

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

大阪市内に、新たなインド・スパイスショップがオープン!「神戸スパイスショップ 北堀江店」

今まで大阪市内では、桃谷と梅田に「まいどマサラマート」、西淀川区大和田...

記事を読む

今回はタイテイストなターリー!「ナッラマナム」@堺筋本町

グルコバの準備の件もあって、半年ぶりに井川店主が営むスパイス料理店、ナ...

記事を読む

カレーマニアにも評判!松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」

昨年の春にも発売され、Facebookで見かけるカレーマニアの皆さんに...

記事を読む

新着記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも

→もっと見る


PAGE TOP ↑