大阪・関西のB級グルメガイド

凄いボリュームで美味い、そして灼熱も・・・「カメちゃん」@京都駅のまんぼ焼き

凄いボリュームで美味い、そして灼熱も・・・「カメちゃん」@京都駅のまんぼ焼き

JR京都駅の東側には、常時長い行列ができるラーメンの有名店、新福菜館と第一旭が並ぶ一角がありますが、「たかばし」を挟んだ向かい側にある崇仁市営住宅には同じように2軒のお好み焼き店が並んでいます。

その1つはマスコミでも「まんぼ焼き」で良く知られている「山本まんぼ」ですが、今回訪れたのはその隣にある「カメちゃん」のほう。

テントは隣のコインランドリー?まで伸びていますが、お好み焼き店のほうは間口が2mほどのウナギの寝床で、テーブル席と少しの幅しかありません。

実はこちらにも「まんぼ焼き」があって隣より30円安い上に、サイズは一回り大きいのでオススメなんですよね~。

まんぼ焼きとは、薄焼き風に小麦粉を溶いたものを引いてキャベツを載せ、たくあん、具、そばを重ねて広げて焼き、最後は卵で仕上げたもの。

値段はノーマルが650円で具をスジ、豚、ホソの中から1種類選ぶ事が出来、別途でスジ、豚、ホソが100円、油かすは200円、卵が50円で追加できるシステムになっています。

具はホソが定番ではありますが、個人的にスジのほうが好きなので、スジ+卵の小サイズ(700円)+ビール中瓶550円をオーダー。

ここのまんぼ焼きは、強めの火でそばがパリパリに焼かれ、中のキャベツはしっとり。今回はスジを選びましたが、神戸のぼっかけのような味付きではなく、赤身主体のスジ肉が素のまま入っていて、何とも言えないコクを生み出しています。

ソースはツバメソースのウスターとオリソースで、キリッと辛めの味付け。かつお粉、青のり、マヨネーズ、一味で自分好みにアレンジ出来ます。

小サイズでも直径は30cmはあって凄いボリュームですが、ぺろりと食べてしまいましたよ。

ただ、この時は6月頭に訪れたのですが、店内はクーラーが無くて扇風機のみ、鉄板の熱が伝わって汗びっしょりになりました。店内で食べるなら、真夏は避けて秋まで待ったほうが良いかと思います。

カメちゃんお好み焼き / 京都駅七条駅東福寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!