大阪・関西のB級グルメガイド

餃子の王将七不思議の1つ、幻の「王将丼」@森ノ宮店

餃子の王将七不思議の1つ、幻の「王将丼」@森ノ宮店

私にとって、王将丼というメニューの存在を知ったのは今から30年ほど前。

当時は今のようなオタク街とは違って、純粋に電化製品やパソコンのメッカだった大阪の日本橋まで、度々友達と遊びに行っておりました。

そこで、今はセガのゲーセンが入っているビルの場所にあった王将で、レギュラーメニューになっていたのを覚えてますが、京都の店には存在しなかったので、てっきりその店だけのオリジナルだと思っていました。

ところが、それからも京橋店などで不定期に王将丼が出現したりして、ずっと謎に思い続けて30年。たまたま、別の話題を検索していたところにこのメニューがふと現れ、どうやら森ノ宮店でレギュラーメニュー化されているのを知り、懐かしくなって駆けつけました。

JR森ノ宮駅を出てすぐのところにある森ノ宮店。店内にはどこにも王将丼の事が書いて無くて一瞬焦りましたが、テーブルに置いてあるメニューのページに無事書かれていました。

王将丼の中身は、30年前とほとんど変わらない、鶏の唐揚げをカットしたものを野菜と炒め、卵のあんかけでとじたもの。味は昔のほうがちょっと甘めだったかな。

特に王将丼がどこかで定義されているわけではないので、各店でいろんな王将丼があってもおかしくないのですが、何故かずっと一緒なんですよね。

もしかすると、コックの中で綿々と口伝で伝えられているメニューなのかもしれませんな(笑)。どうもご馳走様!

餃子の王将 森ノ宮店

関連ランキング:中華料理 | 森ノ宮駅玉造駅(大阪メトロ)大阪城公園駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!