大阪・関西のB級グルメガイド

伝説の『王将丼』探訪シリーズ第3回「餃子の王将 住之江店」

伝説の『王将丼』探訪シリーズ第3回「餃子の王将 住之江店」

私が知る限りでは、京都には無くて大阪の一部店舗のみで30年以上に渡って受け継がれている幻のメニュー、王将丼。

現在は、森ノ宮店阪急園田店、住之江店の3店で存在が確認されており、今回はラストの住之江店を訪問。

場所は地下鉄四つ橋線住之江公園駅から南に100mほど下ったところ、焼肉五苑と同じ建物の2Fにあります。駐車場完備でアクセスも良好。

園田店では王将丼は隠しメニューっぽい扱いでしたが、住之江店ではメニューの中にオリジナルメニューのページがあり、そこに堂々と掲載されています。値段は税込み638円とちと高め。

しかし、料理が登場するとその値段に嫌でも納得させられます。

他店の場合は、唐揚げが4~5個分使われている感じなのですが、こちらはまるまる1人前以上使われているんじゃないかと思うぐらい、大皿の表面は餡と半割にした唐揚げがびっしり。

ご飯の量もしっかりあり、きゅうりのキューちゃん風の漬物、スープがついてこの値段は十分リーズナブルと言えるでしょう。

味は、とろみのある卵を溶いた餡は少し甘めで、ネギと玉ねぎはシャキッと炒められてアクセントが効いてます。漬物があるので量は多くても最後まで飽きずにいただけました。

いや~何とか全部食べ切りましたが動けないぐらい腹パンパン。もし今度食べに来る機会があれば、ご飯少なめで頼まないといけませんね。

さてこれで現存する3つの王将丼を食べ終えましたが、唐揚げ、ネギ、玉ねぎ、きくらげ、溶き卵と構成は全く一緒ながら、三者三様なのが面白いですよね。ご興味があれば、ぜひ食べ比べてみてください!

餃子の王将七不思議の1つ、幻の「王将丼」@森ノ宮店

幻の『王将丼』探訪シリーズ「餃子の王将 阪急園田店」

餃子の王将 住之江店

関連ランキング:餃子 | 住之江公園駅

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!