ドミグラスとは別仕込みのブラックカレー「グリル樹林亭」@淀屋橋

スポンサーリンク
大阪市北区
スポンサーリンク

移転してから初めて訪れた時は煮込みハンバーグとエビフライをいただき、相変わらずのレベルの高さに感嘆した「グリル樹林亭」さん。

そういやこちらはカレーも美味しかったよなと思い出し、間を開けずにまた再訪させていただきました。オーダーは、豚ロースカツカレー(900円)。

まずは皿に盛られたサラダと福神漬がテーブルに置かれます。

そして真っ黒なルーのカツカレーが登場。

カレーを一口食べてみると、ドミグラスソースと同じような色合いながら、こちらはワインではなく焦がしたルーの苦味と香りが前面に出る仕上げで、それぞれ全く違う仕事がされているのが分かります。

ルーのインパクトの後にはフォンと玉ねぎの旨味がしっかり、甘みや酸味は控えめでスパイスの辛味が効いている大人の味。

そして豚のロースカツが、小ぶりだけどサクッとジューシーで実に美味しい。最近は「何々ポークの極上ロースカツ」みたいに肉の銘柄を宣伝する店が増えてますが、レストラントミーにしても樹林亭にしても、良い肉を使っていてもいちいち宣伝しないところに矜持を感じさせますな。

いや、これで900円とはクォリティを考えたら実に格安。今度はまたミックスフライの定食を食べに来ようと思います。どうもご馳走様!

関連ランキング:洋食 | 大江橋駅淀屋橋駅なにわ橋駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました