大阪・関西のB級グルメガイド

「とんかつ ひろ喜 野江店」がオープンも、あえて鴫野店でロースとんかつ

「とんかつ ひろ喜 野江店」がオープンも、あえて鴫野店でロースとんかつ

9/22に、京阪野江駅の西側に「とんかつ ひろ喜」の野江店が新しくオープンしたということで、その週末に行ってみる事にしました。

店は一軒家をそのまま改装したようで、外側にはテイクアウトの窓口も用意されています。

ただ、開店時間を知らなくて11時前に行ったら、どうやら11時半オープンのようで、その間にネットで野江店の評判を見てみると、初日は2時間も料理が出て来なかったとか、中身が凍ったままのコロッケが出て来たととか散々な評判でした・・・

事前の情報では、鴫野店がこちらに移転するという事だったのですが、実は鴫野店はそのままで、新しいスタッフで野江店をオープンしたようで、オペレーションがまだ全然出来ていない様子。

別に自分は新店ハンターじゃないし、鴫野店は11時から開いていたので、野江店はいったんパスすることにして、チャリで今里筋を下って鴫野店へ移動。距離的には10分もかからない場所ですな。

そういや、徳庵の本店には何度か通った事があるのですが、鴫野店は初めて。よく考えると、鴫野店もオープン当初はオペレーションに問題があって、結局スルーしたままだったのを思い出しました(笑)。

昔は定食形式での提供だったのですが、今はファミレス風に単品+ご飯・漬物・味噌汁セットを組み合わせる方式になっています。

今回はスタンダードにロースとんかつ(650円)に、ご飯セットの小(250円)、合計900円をオーダー。昔と比べると実質140円の値上げ・・・

カラリと揚がった大判のトンカツは、ザックリと粗目のパン粉が醸し出す歯ざわりと、ロースならではの脂の甘味が良いハーモニーを生み出しています。

ソースはトマト缶ベースですが、変に甘酸っぱくなくてご飯に合う美味しさ。付け合せのキャベツは細かくてフワフワ、量もたっぷりで食べごたえ十分です。

ご飯は小だとトンカツのボリュームに比べてちょっと足りないかな・・・味噌汁は柚子皮が入っていて一工夫。以前のように山椒は入らなくなったんですかね?

お得感は減ってしまいましたが味の方は依然としてハイレベル。また野江店の方も落ち着いてきたら訪問してみましょうかね、どうもご馳走様!

とんかつ ひろ喜 鴫野店

関連ランキング:とんかつ | 鴫野駅

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!