「漫天兄弟」@東寺 京都市の南部にも見つけた、本格派家系ラーメン

スポンサーリンク
家系ラーメン
スポンサーリンク

京都には、紫蔵@平野神社や、麺屋あくた川@烏丸今出川、びし屋@一乗寺など、工場系じゃない店が揃っていて、家系好きの大阪府民としては常々羨ましいと思ってましたが、それどころかまだまだ探しきれていなかったようです。

その一軒が、地下鉄東寺駅から少し東に行ったところにある「漫天兄弟」。東寺界隈は、とことんとりコトコトもあるし最近熱いエリアですな。

土日祝が休みという、他府県民完全排除の営業なのでなかなか来られませんでしたが、野暮用と強引に合わせてようやく初訪問。でもこの後に人と会うのでニンニクはご法度なのが悲しい・・・

店内はカウンターと座敷席があって、いかにも古びた中華料理屋の居抜きという感じで、店の前には3台ほど止められる駐車場があり、地元の方でほぼ満席の人気ぶりです。

メニューは、家系ラーメンの「こってり」以外にも、細麺で魚介出汁入りの「漫天ラーメン」、「鶏こってり」「担々麺」などバリエーションが豊富です。でも初回なので当然「こってり」(750円)をオーダー。

スープの表面にはかなり多めの鶏油が浮かび、スープ本体は比較的さらっとしてますが、ゼラチンを感じるぐらいしっかり煮出されて旨味が濃いですね~。

平打ち気味の太麺は家系御用達の酒井製麺製で、モチモチとした歯ごたえでスープが絡みます。

大判で分厚いチャーシューは、ホロホロと崩れるように柔らかい肩ロースの煮豚。ほうれん草は生から茹でたものがたっぷり載っていて、ほうれん草好きにはたまらないサービス。あとは海苔とうずら卵、白ネギ。

いや~、なかなかここもレベルが高い! 鶏こってりも気になってますが、いかんせん平日のみの営業は再訪が厳しい・・・でもまた食べに来たいと思います。どうもご馳走様!

https://gourmet.gazfootball.com/blog/archives/2021/11/post-26133.php
 

関連ランキング:ラーメン | 東寺駅九条駅十条駅(近鉄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました