大阪・関西のB級グルメガイド

尼崎市

2/3ページ

尼崎で念願のポッサムチプ!@阪神尼崎

  • 2017.04.24

何年か前に、突然「ポッサムチプ」という珍しい名前の焼肉店が多数のグルメブログを席巻し、その多彩な肉料理のコースに目を奪われ、行ってみたいなと思いながらも神戸まで出て数人で焼肉というのはいかにもハードルが高く、ハンケチを噛み締めながら涙を流す事幾星霜・・・ 今調べてみたら、もうポッサムチプの本店がオープンから13年も経過してたんですね~。そりゃ自分たちも年を食うわけだわ。 しかし突然、昨年の冬にその […]

久々の剛麺ぶっかけうどんを堪能!「穂乃香」@阪神尼崎

  • 2017.04.04

やたらと豪華でお高い讃岐風うどんが席巻している関西にあって、本場レベルのコストパフォーマンスを実現している稀有な店、尼崎の「穂乃香」さん。 もちろん私も大のお気に入りなのですが、待ち時間が読めないし、下の子は柔らかいうどんのほうが好きなので、グルコバの行き帰りにはなかなか寄れないでいたんですよね。 しかし今回は子供を連れて来なかったので、久々に寄ってから会場へ向かうことにしました。 来店の時間はま […]

「とんかつ松のや」@阪神尼崎で、ロースかつ&唐揚げ定食

  • 2017.02.07

毎回グルコバの日には、買い出しの前に軽く昼飯を食べてから会場へ向かうのが習慣になってます。 以前は、こんぴらうどんに行く事が多かったのですが、次女の好みが変わったのか、ここ2回は尼崎中央商店街に出来た、とんかつの「松のや」を所望されるようになりました(笑)。 松屋のとんかつ営業形態としては「松乃家」があって私も何度か行ってますけど、こちらの店名は「松のや」。でもメニューは全く同じで、ネットを見ても […]

尼崎に残る昭和遺産「たこ焼き 岡」

  • 2016.09.30

いつもグルコバを開いている会場、サンシビック尼崎の南側には、尼崎寺町と呼ばれる寺社が集まった閑静なエリアがあるのですが、その中にひっそりと営業しているたこ焼き店があって、以前から気になっておりました。 が、寺町のほうに来ると、ついつい餃子の「新ちゃん」のほうに行ってしまい、荷物を持ってたこ焼きのテイクアウトをするのも大変なので、なかなか行けずにおりました。 そしていつぞやのグルコバで、常連のEGM […]

尼崎の極狭レトロ中華「新ちゃん」

  • 2016.05.27

この店は、尼崎でグルコバを開催するようになってからすぐ気になっていた店なのですが、今頃ようやく本サイトへのアップとなりました。 場所的にはグルコバの会場であるサンシビック尼崎のちょうど南側にあり、会場に行くついでに訪問できる場所だったりしますが・・・ いかんせん店は奥行きが2mほどしか無い事実上の半オープンエアで、夏場は慰めのように扇風機が回っているだけという状態なので、春と秋の季節しか行く気にな […]

尼崎の激安立ち飲み「ごん(GON)」

  • 2016.04.03

この店はオープン当初から、ステーキの単品が430円、御飯と味噌汁がついた定食でも490円という価格破壊で話題になっていましたね。 店がある尼崎中央商店街付近は、グルコバで大変馴染みがある場所ではあるのですが、開店が12時からという事で開催日に行くのが難しく、人気が高くて満員で断られる事もあったりで、何だかんだで初訪問から2年は経ってやっとのアップとなりました。 やはりここに来て外せないのは200g […]

一見さんお断り?な海鮮立ち飲み「いそかわ」@杭瀬

  • 2015.12.12

まー、ここの存在は馴染みのブログ等を通じて知ってはいましたが、やはり最初に入るのは勇気が要りましたね(笑)。 何しろ、一応立て看板はあるものの、外からは中の様子が全く見えず、外見はローカルなスナックにしか見えません。知らずに飛び込む客がいたら頭おかしいレベルです。 しかし外の様子とは正反対に中の様子は賑やかで、10人ほどは詰めて入れるぐらいの空間には、常連さんと女将さんのマシンガントークが響いてう […]

尼崎のレトロ角打ち「神戸東店」

  • 2015.01.24

ちょいちょい尼崎の飲食店を更新するのは、グルコバをいつも尼崎の会場で開いているため、予約などで良く訪れるからなんですよね。 常連参加者のEさんが毎回若女将のお顔を覗きに行く下山酒店は私も当然お気に入りですが、この尼崎中央商店街にある「神戸東店」も外せません。 ここの特徴は、布施の小西酒店のように客層のほぼ100%が常連のご隠居で締められており、皆さん朝から一杯やられてゴキゲンさんです(笑)。 女将 […]

串かつ「あさひ尼崎本店」@阪神尼崎

  • 2014.07.25

尼崎界隈には、立花や出屋敷などに「あさひ」と名がつく串カツ屋が何軒かありますが、その中の総本店らしきお店がこちら。一度、グルコバの打ち上げでも寄ったことがあったりします。 串カツと言えば今では新世界の二度漬け禁止なお店が有名ですが、こちらはソースが辛口と甘口の2種類あって、それぞれを皿に注いで使う方式になっています。 カツ自体のサイズは少し小さめで、ふんわりした衣に荒目のパン粉を軽くまぶし、パン粉 […]

尼崎の地ソース「ワンダフルソース」

  • 2013.03.25

グルコバの開催でお世話になっている阪神尼崎の商店街。 その中の三和本通商店街に、尼崎の地場物産を販売している「MiA(メイドイン尼崎)ショップ」というお店があり、そこで売っているワンダフルソースという地ソースが前から気になっていました。 このソースを作っているのは、尼崎市の北部、園田の方にある「ハリマ食品」というメーカーで、甲子園球場で売られている焼きそばもここのソースを使っているそうですね。 パ […]

まるで西成なホルモン焼き「鹿児島屋」@阪神尼崎

  • 2013.02.12

ホルモンと言うと、全国的には大阪、大阪的には鶴橋というイメージがあるのですが、そっちはどちらかと言うと韓国系の牛ホルモンが主流であって、それとは別の大きな流れが関西にはあったりします。 それが、沖縄の流れをくむ豚ホルモン。主に、西成や大正、そして尼崎という工業地域に沖縄から職を求めて移住してきた人々が広めたもので、この店も「鹿児島屋」という屋号にそのルーツが感じられます。 豚の肺という、単価では最 […]

尼チャンだけじゃない実力店「天遊」@尼崎

  • 2013.02.01

実は、これからエントリーを書く2店については、先週のうちに本サイトで既にアップしていたんですよね。でも、グルコバと駅弁ネタが詰まっていたので、ブログは後回しにしていました。もう1週間経っちゃいましたが・・・ さて、ここは以前にもブログで紹介したことがあるお店ですが、グルコバやその予約で尼崎に行った時に何度か立ち寄ることが有り、だいたい店の実力がわかってきたので本サイトに掲載しました。 マスコミには […]

正真正銘、B級グルメ世界遺産「中華・洋食 マルヤ 尼崎西難波店」

  • 2012.11.22

老夫婦が営む古びた洋食兼中華料理店というのは、関西における典型的な「絶滅危惧種」なわけですが、その貴重な空気が芯から味わえる数少ない名店の1つです。 しかしその中華洋食の店も、味やCP自体は二の次という店は少なくなかったりするわけですが、こちらはその点でもハイレベルをキープしているのが素晴らしいです。 一番人気のとんかつランチは、650円という値段ながらこの素晴らしい内容! マヨネーズがかかったハ […]

「こんぴらさん」@阪神尼崎

  • 2012.10.29

来年1月に開催するグルコバの予約をしに、土曜日は尼崎の会場まで出向いておりました。 尼崎に来ればどっかでランチと酒と行くのが定番なのですが、最近ちょっと節制中なので昼酒は自粛。尼崎中央商店街店に三和店と、何故か同じアーケード内に2軒あるうどん店、「こんぴらさん」に行きました。 野田の店には何度か行って、本サイトにレビューを載せていますがこちらでは初めて。 天ぷらもんが食べたかったので海老天うどんに […]

尼崎のリアルセルフ「本格さぬきうどん 穂乃香」

  • 2012.07.20

グルコバの会場であるサンシビック尼崎の付近、尼崎中央商店街の少し脇にあるうどん屋さん。 以前から気にはなっていたのですが、どうもここ最近の大阪での讃岐うどんブームには食傷気味で、なかなか訪れるモチベーションが持てないでいました。 いや、讃岐うどん自体は大好きなんですが、大阪の店は今やどこも天ぷらぶっかけが780円とかの高級路線、うどんは熟成グミ麺、ダシは関西風鰹ダシの金太郎飴で、ラーメンファンの間 […]