大阪・関西のB級グルメガイド

大阪市西区

1/4ページ

吉み乃製麺所@西大橋 ~意識高い系に見えて、誠実さが光る良店

  • 2018.11.02

こちらは、みつ星製麺所、サバ6製麺所等を立ち上げた方のご兄弟がオープンされた店だそうで、一時期ラーメンブログなどで話題になっていましたね。 最初にその話を聞いたときは、どちらも御本人はスタートアップに関わっただけで、その後はライセンスを資本系に譲渡してしまった経緯があるので、ここもそんなサテライトショップの一環なのかなと思い、眉に唾をつけていたのですが・・・ でも、一度試しに食べに行ってみると、ラ […]

店舗限定!松屋のあんかけ肉たま丼

  • 2018.10.27

身内が亡くなってからは毎日がドタバタで、昼休みは買い物や調べ物で忙殺されて、とてもランチを新規開拓している余裕がありません・・・ この日は梅田ヨドバシで実家用の買い物を済ませた後、肥後橋にある松屋で急いで昼飯。 でもちょっと松屋の牛めしは食傷気味だったので、他になんか無いかなと思って外のメニューを眺めると、店舗限定で提供されているらしい、「あんかけ肉たま丼」という品があったので、それを頼んでみまし […]

大阪市内に、新たなインド・スパイスショップがオープン!「神戸スパイスショップ 北堀江店」

  • 2018.06.01

今まで大阪市内では、桃谷と梅田に「まいどマサラマート」、西淀川区大和田のモスクに「大阪マスジド」といったスパイスを売る店がありましたが、ぶっちゃけかなりマニアックで、なかなか一般の人が立ち寄れる雰囲気では無かったりします。 しかし最近、アパレルショップが集結している北堀江に、新しくスパイスショップがオープンしたと聞いて立ち寄ってみたところ、今までに無いオシャレな店構えでビックリしました。 どうやら […]

ごくごくベーシックなカレーだがそこが良い「酒場あさひ」のランチ限定、辛口キーマカレー

  • 2017.04.14

私はインド料理作りが趣味でありながら、いわゆる巷の「スパイスカレー屋」にはほとんど行く事がありません。 それはまず第一に、普段のランチで食うには値段が高いというのがあります(笑)。 確かにカレーはちゃんと作るとスパイス代がバカにならないので、値段が高くなるのは身にしみて良く分かっているのですが、どうせ同じ値段を払うなら自分の勉強になるカレーを食べたいのです。 大阪で受けてるスパイスカレーは、和出汁 […]

何と上品なとんかつランチ「煮炊き屋みとん」@京町堀

  • 2016.11.25

ランチライムに職場から福島方面へ行くには、平野町を西へ直進してなにわ筋まで出るのが一番近道なのですが、その途中で見つけてずっと気になっていた店がありました。 店の外見は見るからにオシャレで1周年の祝い花が飾られており、普段ならまずこういう店に自分のアンテナが立ったりはしないのですが、たまたま店の前にあったメニューを見てしまったのが運の尽き。 「煮炊き屋」と書かれていながらメインはとんかつで、もちろ […]

意外なところに京都風背脂ラーメン「中華そば松」@阿波座

  • 2016.09.03

背脂醤油ラーメンと言えば、大阪では十六番や山長、そのだといった尾道ラーメン系のほうがメジャーですが、阿波座駅の近くにあるこちらでは、大阪では珍しく京都風の一杯がいただけます。 とは言え、特に店の中に京都を示すものは何もないのですが、濃い目の鶏ガラ醤油スープに細かい背脂を浮かべ、中太ストレート麺に青ネギ、薄手で枚数が多いチャーシューはやはり京都路線の一杯だと言えます。 しかしそれだけでは終わらず、麺 […]

尾道ラーメン十六番@阿波座

  • 2016.06.07

まだ関西人にとって、ラーメンとは夜泣き屋台や飲んだ後の締めの一杯に食べるものだったはるか昔、約30年近く前から本格的な尾道ラーメンを掲げて営業を続けておられる超老舗。 今でこそ、派手なラーメンブームの陰に隠れてしまっていますが、それまでのラーメンは鶏ガラか豚骨を使ったスープしか無かったので、15年ほど前に初めてこちらの魚介ブレンドスープに接した時は感動しましたね。 素材や技巧を凝らしたラーメンが増 […]

天津カレー焼飯@紅恋灯

  • 2016.04.18

紅恋灯リバイバル・ヘビロテも今回でいったん終了。ラストを飾るのは天津カレー焼飯です。 この店の特徴は、ほぼ全てのメニューに玉子焼きを載せられる事で、この品もメニューには書いておらず、ノーマルのカレー焼飯に天津オプションを付けたものです。 カレー焼飯だけでなく、他にも天津麻婆丼にしたり、天津野菜丼にしたりと、およそ3割ぐらいのお客さんがオプション追加しているぐらいに人気があります。 それもそのはず、 […]

紅恋灯(くれんど)@肥後橋のニラ玉丼

  • 2016.04.09

先日、久々に訪れてまた再燃しつつある「紅恋灯」熱。今回はニラ玉丼を食べに行ってみました。 しかしこの日はいつにも増して行列が長く、結局店内に入るまでに20分ぐらいかかって、食べ終わったら大急ぎで昼休みのうちに会社まで帰らないと行けない羽目になりましたよ・・・ 定価700円でご飯少なめの650円でいただきましたが、それでも多量のニラ玉がどんぶりいっぱいに盛られて凄いボリュームです。卵の量なんて3個分 […]

紅恋灯(くれんど)@肥後橋の野菜丼

  • 2016.03.31

この日は、突然あんかけじゃない炒め野菜が食べたくなって、久しぶりに肥後橋にある紅恋灯に行ってみました。 最初に訪問したのはもう10年以上前の事だと思うのですが、その時と店も行列ぶりも全く変わらず、相変わらず近隣のサラリーマンからの熱い支持を集めているようです。 昔だったら大盛りも食べられたのですが、今は大人しく野菜丼をご飯少なめで。ご飯少なめにすると丼のサイズが1回り小さくなって、通常の650円か […]

中華蕎麦 葛@阿波座の「あわい蕎麦」

  • 2015.09.04

前回は醤油味の「出し蕎麦」を食べてからほどなく、値段が安いうちに(笑)もう1つの塩味「あわい蕎麦」を食べに、阿波座の「中華蕎麦 葛」に再訪しました。 相変わらず昼時はガッツリ並んでいる行列に耐えて、カウンターに置かれた「あわい蕎麦」を見てみますと・・・出し蕎麦と麺や具の構成は変わらないものの、泡だったスープの色がより白く見え、緑色のバジルオイルが思ったよりも多めに浮かんでいます。 スープをひと口飲 […]

中華蕎麦 葛@阿波座の「出し蕎麦」550円

  • 2015.09.02

ちょっと前まで1杯700円で高いなあと思っていたラーメンの値段。しかし今や8~900円は当たり前の世界になって、限定品になると軽く1000円オーバー。いったいどんなブルジョワの食べ物かと思ってしまうほどです。 ところが、ごく最近阿波座にオープンしたこの店が、エスプーマで泡立てた無化調・鶏白湯のラーメンといういかにも今風な構成でありながら、何と550円という値段で食べられると聞いてやって来ました。 […]

らーめん香澄@京町堀

  • 2014.12.19

最近は、大阪でも東京での一大潮流になっている煮干しを全面に出したラーメン店が増えてきましたが、こちらはその筆頭格と呼べるお店。 オープン当初はオーソドックスな動物系と魚介系を合わせたスープだったそうですが、突然煮干しメインの路線に変更されたそうで、比較的仕事場から近い店だったのですが落ち着くまで通うのを待っておりました。 店内には煮干しの入った容器が飾られ、まぜそば用に使う酢にも煮干しが漬けられて […]

ゼニヤ@九条のトルコライス

  • 2014.12.15

この店の名物である、トルコライスやオリエンタルライスといった品については随分前から聞き及んでいたのですが、九条という場所では何かのついでに行くという機会も無く、はしご酒の途中というわけにもいかず、ずっと行けないままで時は過ぎ・・・ ところが、先日とある事情で高級ワインをもらう機会がありまして、自宅にワインセラーがあって長期間寝かせられるならともかく、飲み頃になるまで何度も夏の気候を過ごさせるわけに […]

「技食人パルク」@靭本町の黒毛和牛ビーフシチューランチ

  • 2014.03.26

昨日はTwitterで食い物仲間同士でドミグラスソースについて熱い会話を繰り広げてしまいました(笑)。 その話題の前だったので直接刺激を受けたわけじゃないのですが、昨日はたまたまビーフシチューのランチをいただきました。 数年前から既に情報をゲットしてはいたのですが、いつも昼前には売り切れてしまうし、値段も1000円という事でなかなかトライできなかった「技食人パルク」。金欠に耐えた給料日後というのも […]

1 4