*

つけ麺TETSU@阪急三番街でまたまた「まぜそば」

スポンサードリンク

最近は、いろいろ少しずつ食べたいインバウンド客のニーズを当て込んで、ちょっとアッパーなフードコートを作るのがトレンドになってる模様ですが、阪急三番街の北館レストラン街にも「UMEDA FOOD HALL」としてオープンしたみたいですね。

その中では「宮武讃岐うどん」がちょっと気になりましたが、単に名前を騙ったらしい資本系の店なので、まあ現地の味を期待してもしょうがないかなと。

なので、少し前に「笑福」で消化不良気味だった二郎欲を満たしに、つけ麺TETSUまで行ってみました。この店で、メインメニューのつけ麺を食べる日は来るのでしょうか(笑)。

まぜそばの内容は・・・もう書き飽きたのでいいですかね。二郎系のまぜそばは、だいたいフライドオニオンとブラックペッパー、タレと脂のみでジャリジャリとオイリーなパターンが多くて苦手なのですが、ここは生卵がタレに入ってまったりとまとめられ、ちゃんと出汁感も感じられるのがいいですね。

厳密には二郎系ではないものの、ニンニクも意外とたっぷりでジャンクさは十分。まぜそばの並は800円とちと高めですが、アンケートを書くと大盛りと味玉無料券をもらえるので、上手く利用してください。どうもご馳走様!

関連ランキング:つけ麺 | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪急)

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

新着記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前は京都

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑