*

ニューライト@アメリカ村のワンコイン・とんかつAランチ

スポンサードリンク

こちらはカレー味のおじやと言えるセイロンライスで有名な老舗ですが、メニューはそれだけじゃなく洋食メニュー一般や中華まで揃えている大衆洋食店なのです。

店は相変わらず表にポスターが隙間なく敷き詰められ、知らなければ何の店なのかさっぱり分かりません(笑)。

ここで私がいつも頼んでいるのがトンカツとライスがセットになったAランチ。多くの人は、Aランチにラーメンがついた750円のAセットを頼んでますが、Aランチだとワンコインなのでお得感が際立ちますね。

トンカツは、肉こそ薄手ですが大人の手のひらサイズはあり、激安トンカツチェーンなんかに比べると良好な肉質で、脂がジューシーで甘いです。

そこにシャバっとしたドミグラスソースがかかってて、たっぷり目なカレー味のスパゲティ、キャベツが添えられています。

ドミグラスソースは少し明るめな色合いで、さっぱりしてますが決してケチャッピーやトマティーな方向性ではなく、塩味を効かせたグレイビー系で、ビターじゃないけど私好みなソースですな~。

ご飯の量はちと少なめですが、ラーメン抜きでも十分満足。これでワンコインなのは素晴らしいの一言。

今や大阪の中心部では絶滅危惧種になってしまった大衆洋食ですが、厨房では三代目の息子さんも頑張っておられ、キタのマルマンと同様にミナミでもしっかり生き残っているのは心強い限り。

隣の人が食べていて美味しそうだったので、今度はオムライスかカツカレー、焼きめしを食べに来たいと思います。どうもご馳走様!

関連ランキング:カレー(その他) | なんば駅(大阪市営)大阪難波駅JR難波駅

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

ピルスナー・ウルケル@チェコの樽生を、泡オンリーの「ミルコ」で!

西日本に大きな被害を与えた大雨も何とか収まり、大阪もとうとう梅雨明けで...

記事を読む

新着記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも

→もっと見る


PAGE TOP ↑