*

魚河岸 ふじ乃や@千林

スポンサードリンク

京阪千林駅のすぐ西側、商店街の上辺りには飲食店が立ち並ぶ入り組んだ路地がありますが、そこにあった太郎坊寿司の跡地に新しく居酒屋が出来ておりました。

ネットで調べたら、どうやら海鮮が売りの立ち飲みみたいでずっと気になっていたのですが、ちょうど臨時休業に当たったりとなかなかタイミングが合わず、ようやく先日に初訪問となりました。

外観も内装も白木のカウンターで、言われなければちょっとした割烹料理店のようにも見えるしつらえですな。


(クリックで拡大)

メニューは煮物と小鉢が200円より、あとはほとんどが魚の刺身や焼き物で、刺し身は390円からと居酒屋価格。ドリンクはグラスの生ビールが350円とまずまずな感じ。

まずはビールと小芋の煮物でスタート。大ぶりの小芋は上品な出汁でホックリ煮込まれて良い感じ。

刺し身は盛り合わせも可能だったので、それでお願いしました。

中身はマグロ、サーモン、イカ、鯛の昆布締め、赤貝、カンパチ、ホタテ貝柱、きびなごで、これで値段はだいたい1200円ぐらいでしょうか。

カンパチとホタテは良かったですが、マグロはあまり味がなく、鯛は塩が効きすぎ、サーモンとイカはごくごく普通。魚を売りにした居酒屋としてはちょっと物足りない感じですかね・・・ボリュームを考えても値段は微妙なところです。

ちょっと店の雰囲気で期待のハードルが上がり過ぎた面はありますが、隣に座っておられた中高年のグループは喜んでおられたようです。どうもごちそうさん。

魚河岸ふじ乃や魚介・海鮮料理 / 千林駅千林大宮駅滝井駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

ピルスナー・ウルケル@チェコの樽生を、泡オンリーの「ミルコ」で!

西日本に大きな被害を与えた大雨も何とか収まり、大阪もとうとう梅雨明けで...

記事を読む

新着記事

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはも

→もっと見る


PAGE TOP ↑