大阪・関西のB級グルメガイド

たちのみ ねこ ~何故か呼び込みがいる京橋の激安底辺立ち飲み

たちのみ ねこ ~何故か呼び込みがいる京橋の激安底辺立ち飲み

最近は、本当に個人営業の居酒屋がオープンした、という話題を聞かなくなりましたよね。

個人で飲み屋を開業する場合はほとんどが立ち飲みで、昔ながらの店を除けば、座り飲みの居酒屋はほとんどが資本系の店になってしまった感があります。

その立ち飲みも二極化が進みつつあり、1つは女性をターゲットにした、インスタばえするような凝った料理が充実している代わりに、グラスジョッキの生ビールが450円ぐらいするような店。もう1つは、アテはシンプルな調理で量は少なめ、酒はそこそこ安い店。

前者のタイプはいくつか通って本サイトにデータは上げましたが、個人的にはちょっともう気分的にお腹いっぱい。後者のタイプも、目玉商品には惹かれるものの他のメニューがあまりにもショボく、通ってみようと思える店が見つかりません。

こちらのお店は典型的な後者タイプで、店がオープンしてからもなかなか足を向ける気が起こらなかったのですが、たまたま気まぐれで立ち寄ってみたところ、これは結構おもろいなと思って、そこから何度か通うことになりました。

まず面白い点として、そんなに人件費に余裕があるようには見えないのに、表には常に客引きのオッチャンが呼び込みをしている事。いくらあの有名な「とよ」のすぐ隣とは言え、単なるオッチャンでは効果があるとは思えないんですけどねえ。

もう1つは、京橋の中でも客層的にはかなり底辺(失礼)な人たちが集っている事。うるさい泥酔客や、妙にしなだれかかってくるオバサンに、それを目当てに来てそうなオッサン、統合失調症一歩手前の人など、まあいろいろ見ていて飽きません(笑)。

そしてまともな(?)ところでは、やはり酒が非常に安い。小さめのジョッキだけどハイボールやチューハイが180円、生ビールや焼酎、ワインが200円というのは、京橋では安さが突出しています。

アテも一応は安いのですが、ボリュームやクォリティはぶっちゃけ値段なり・・・

マグロ中落ちは脂が載ってますけどほんのちょっぴり。ブラックペッパーがかかったポテサラはいかにも市販品です。

串カツは小さめでガリッと固い。唐揚げは市販のから揚げ粉を使用。

その中でも比較的オススメなのが汁物系。まずカレーは激辛(と言っても青唐辛子が入っているだけのルーカレー)で、バゲットが付いていてなかなかお得。

麻婆豆腐も丸美屋っぽいですが、これも青唐辛子がピリッと効いてます。

チゲ風のホルモン煮は肉ちょっぴりですがなかなかコクがあり、キャベツと塩昆布の和え物はたったの100円。

調理時間を短くするためか、妙に野菜が小さく切られた肉じゃがも味は悪くありません。

一番当たりだったのは生タコ。結構な量があって250円でしたよ!

いろんな意味で京橋のワンダーランド(笑)。濃い店がお嫌いでなければ一度是非!

 
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>http://gourmet.gazfootball.com/recent.html

たちのみねこ立ち飲み居酒屋・バー / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0