吟醸らーめん久保田@五条 ほんのりエスニックな味噌つけ麺

スポンサーリンク
下京区
スポンサーリンク

西洞院通りは、京都の道としては珍しく交通量が少ない割に広々としているので、いつも市役所へ行くときに重宝している通り道です。

その途中に、いつも行列が出来ている民家を利用した店があって、何かと思ったら「吟醸らーめん久保田」という有名なラーメン屋のようでした。

待つのが嫌いなのでなかなか訪問する気にならなかったのですが、先日たまたま仏壇屋へ行った時にまた通りがかり、夏場のピーク時を過ぎた時間ということもあってか1組だけ待っていたので、初めてトライしてみました。

券売機でチケットを購入してから並び直すのがルールのようで、メニューには醤油や肉味噌ラーメンなどもありますが、まずは店の看板メニューである味噌つけ麺(1000円)を購入。麺量は2玉の220gにしました。

また出て並ぶ時に氷の入ったグラスを渡してくれて、飲みながら待てるのが嬉しいですな。5分ほど待ちましたが程なく入店。席はカウンターのみで、隣とかなりツメツメに座らされます。

着席してからまあまあ待たされて味噌つけ麺が登場~。

麺は、しなやかでモチモチした極太麺で風味が良いですな。表面がツルツルし過ぎてないのでつけダレが良く絡むのもポイント高し。

ツケダレは、かなり濃厚な味噌味でピリ辛度も結構高め。底には肉味噌が沈んでおり、八角のようなスパイスも感じられ、どことなくエスニックな雰囲気を感じます。

ただ肉味噌以外の具は、は缶詰の大和煮のような薄っぺらいスカスカの肉が2枚ほど沈んでいるだけと、かなり寂しい内容・・・4桁という値段を考えたら再訪はちょっと無いですかね~。

まあでも、ずっと宿題になっていた店を消化できたのは良かったです。どうもご馳走様~。

関連ランキング:つけ麺 | 五条駅(京都市営)京都駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました