大阪・関西のB級グルメガイド

たこ焼き・粉もん

1/3ページ

ありがとうたこ焼き@蒲生四丁目で、8個250円の感謝セール!

  • 2019.02.04

2年前に彗星のごとく現れた、蒲生四丁目の「ありがとうたこ焼き」さん。 昼は裏通りの商店街で営業、夜になると城東商店街の入口、立ち飲みの「魚庭本店」の横に店が移動してくるユニークな運営をされています。 先日、たまたま店の前を通りがかったら、2周年感謝セールという事で、8個350円のたこ焼きが250円になっていたので、近くのコンビニでビールを買って一緒にいただきました。 店の隣には、小さなテーブルが出 […]

お菓子、純喫茶、イカ焼き、そしてレトロ「白泉堂」@蒲生四丁目

  • 2018.01.06

年末に蒲生四丁目の「魚庭本店」で軽く飲んだ後、商店街をちょっとブラブラしていると、この店が開いている事に気づきました。 外観は単なる駄菓子屋なのですが、一歩中に入ってみると・・・ こんなド派手なイカ焼きの焼台が登場します(笑)。そして、その右側奥、オレンジ色のアクリルドアの後ろは何と喫茶店になっているんです。 金魚が泳ぐ水槽とU字型のカウンターが出迎える、昭和まんまな雰囲気の喫茶店でもイカ焼きのイ […]

「関ジャニ∞のジャニ勉」で安田章大と錦戸亮が来店?「ありがとうたこ焼き」@蒲生四丁目

  • 2017.12.12

先日、軽く飲んだ帰りに蒲生四丁目付近を通りがカルト、城東商店街の入り口にある立ち飲みの「魚庭本店」の軒先で、「ありがとうたこ焼き」さんがまだ営業されていました。 店先には、「関ジャニ∞のジャニ勉」で安田章大と錦戸亮が来店!とデカデカと立て看板が置いてありましたね。私自身は、関ジャニとか言われても誰が誰なのか全然わからないんですけども(笑)。 なんとなくまだ小腹がすいていたので、魚庭本店のほうにも惹 […]

100円5個で立派なたこ焼き「たこ・ソスペーゾ」@鴻池新田

  • 2017.10.13

数週間前の事ですが、JR鴻池新田駅から北へ伸びる道の途中に、見慣れないたこ焼きのチョウチンがぶら下がっている事に気づきました。 その時は、雰囲気的に入りにくかったし、特に気を止めずスルーしてしまったのですが、ネットを調べても全く情報が無くて、後から何となく気になってしまい、また日を改めて突入してみました。 店内は手作りっぽいカウンターと奥のテーブルがあり、少年野球についての張り紙もあったりします。 […]

全国で最安?15個100円のたこ焼き屋「甘栄堂」@此花区高見

  • 2017.06.30

かつて関目にあった、8個50円の伝説のたこ焼き屋「ピア」が閉店してしまってから、既にもう数年が経ってしまったわけですが、その次に安い店が此花区にあるという噂はずっと耳にしていました。 しかし此花区という場所で、駅からもさらに歩く必要がある立地、そして不定休で電話もないという状況ではなかなか子供連れでは行きにくく、ずっと訪問できない状態でおりました。 最近、ようやく休日に1人で動ける時間が出来たので […]

寿司屋なのに明石焼き?「よふけ」@明石

  • 2017.06.09

朝に生しらす丼を食べたおかげで、嫁さんと子供はスイーツなんかを楽しんでいましたが、私自身は淡路島ではたこせんべいなどを味見でつまんだだけで終わってしまった今回のドライブ。 このまま大阪まで帰ってしまうのも物足りないので、明石に寄って明石焼きを食べて行こうかと提案、どうせなら車でないと行きにくい「今中」や「ふなまち」にしようかと思ったのですが、ふなまちは行列が凄そうだし、今中は近所に駐車場が無さそう […]

意外な場所にたこ焼きの新星誕生「ありがとうたこ焼き」@蒲生四丁目

  • 2017.01.13

時々参考に見させてもらっている城東ジャーナルというブログに、昨年の11月だったか蒲生四丁目にある城東商店街の中に、新しくたこ焼き屋が出来ていて美味しいという情報が載っていたので、ずっと気になっておりました。 さすがに通勤経路途中とは言え、平日に寄るのはなかなか難しくて訪問できていませんでしたが、年末年始も営業をしていたのでそれを利用して通ってみました。 場所は、あの人気立ち飲み店「魚庭本店」も運営 […]

尼崎に残る昭和遺産「たこ焼き 岡」

  • 2016.09.30

いつもグルコバを開いている会場、サンシビック尼崎の南側には、尼崎寺町と呼ばれる寺社が集まった閑静なエリアがあるのですが、その中にひっそりと営業しているたこ焼き店があって、以前から気になっておりました。 が、寺町のほうに来ると、ついつい餃子の「新ちゃん」のほうに行ってしまい、荷物を持ってたこ焼きのテイクアウトをするのも大変なので、なかなか行けずにおりました。 そしていつぞやのグルコバで、常連のEGM […]

空堀商店街のモダンレトロ粉もん屋「田八」@谷町六丁目

  • 2016.09.16

谷町六丁目の南側にある空堀商店街には、ずっと宿題店になっている「ことみ」というお好み焼き店があるのですが、店を営まれている老夫婦がご高齢で、いつ開いているか分からない状態になっているんですよね・・・ 最近もチャレンジはしてみたのですが、店は開いててものれんがかかってない状態だったので諦め、でも気分は粉モンになっていたのでどうするか、と考えていたところに出会ったのが、同じ空堀商店街にあるこのお店。 […]

荒ぶるイカ焼き「つちはしフーズ」@京橋

  • 2016.07.09

イカの切り身を小麦粉の記事と一緒にプレスした「イカ焼き」は、一般的な丸焼きとは異なる大阪独自の粉モンとしてすっかり認知されていますが、自分的にはあのイカ焼きは完全なおやつであって、あまり他のB級グルメのように質や量がどうこうとは言いたくないジャンルだったりします。 ところが、京橋の桜小橋交差点の北東あたりにある「つちはしフーズ」は、あくまでイカ焼きがベースでありながら様々なイカ焼きの範疇に留まらな […]

布施の名店、「たこやき味一番」

  • 2015.08.14

この店の高名はずいぶん前から聞き及んでいたのですが、場所が近鉄布施駅の商店街、そして夕方にはだいたい売り切れるというハードルの高さで、なかなか訪問が出来ずにおりました。 しかし平日の休みを利用してようやくこちらのたこ焼きを味わう事が出来ました。 店はお母さん1人が切り盛りされており、焼けたそばからどんどん地元の奥さんが何人前も買いに来て、ちょうど私のところで鉄板上のたこ焼きが全て売り切れ、後から来 […]

蒲生四丁目のレトロ甘味処「菊水堂」

  • 2014.05.16

あの激安マグロ立ち飲みとして有名な「魚庭本店」から伸びる城東商店街。ここも最近の商店街の例に漏れずシャッターが目立つようになってしまいました。 その奥のほうで、しっかり頑張って営業されている粉もん・甘味処が菊水堂さん。昔はこういう店が各地の商店街には必ずあったんですが、今では本当に貴重な存在です。 イカ焼きは100円という低価格ながらしっかりイカと卵が入っている豪華版。半分に切られて180円のお好 […]

昭和のたこ焼き・甘味処「かどや」@守口市

  • 2013.11.15

おばちゃんが店先で、アイスをすくってモナカの皮に詰めたり、ひやしあめやアイスコーヒ(ここ決して伸ばさない)を冷蔵タンクから柄杓でコップに入れてくれたりする甘味店は、昔は結構あちこちの商店街で見かけたものでしたが、今やおばちゃんたちの高齢化に伴い絶滅寸前の状況になっていると言えます。 こちらは、守口の西郷通商店街に隣接した三和通り商店街にあるお店で、それら甘味はもちろん今どき6個100円という大阪最 […]

北浜オフィス街のたこ焼き「たこ姫」@東高麗橋

  • 2013.10.03

飲み屋系を除けば、本サイトで最もランチとして食べたくない種類と言えば、私にとっての一番はたこ焼きになるでしょう。 自分的に、粉モンは食事よりもオヤツまたはビールの伴という認識が強くて、その中でもたこ焼きは一番オヤツ性向が強いために、昼の食事としてメインで食べることはほぼあり得ません。 なので、職場近くのこちらは相当前から存在を知っていたにも関わらず、一度も食指が動いたことがありませんでした。 しか […]

日本一安くはないけど昭和遺産のたこ焼き「こだま」@北天下茶屋

  • 2013.09.19

大阪B級グルメを語っているくせに、たこ焼き店については本当に久々の更新です(笑)。 なんか毎回書いているような気がしますが、関西人にとってたこ焼きとは、そのへんの商店街の片隅でおばちゃんが細々と焼いている安いものをオヤツとして食べるものであって、繁華街で6個500円とかで買うものじゃないんですよね。 だいたい、そういう商店街の店はほぼ昼間しか開いてないし、客が少ない時は平気で焼き置いていたりするの […]

1 3