大阪・関西のB級グルメガイド

もはや毎年恒例、「スタンドアサヒ」@南田辺で松茸土瓶蒸し!

もはや毎年恒例、「スタンドアサヒ」@南田辺で松茸土瓶蒸し!

今年は世界的に松茸が豊作らしく、天満市場などへ行くと中国やトルコ産だと1山600円ぐらいで売られていたりして驚きます。

いつもそんなのを見かけると買ってしまいたい衝動が起こるのですが、我が家の子どもたちは特に松茸が好きというわけでは無く、土瓶蒸しの容器も無かったりするので、やっぱ外で食べるのがいつものパターン。

高級割烹なんかだと、この時期は黙っていても松茸が出るのでしょうが、お値段的にも高嶺の花。我々に手が届く安居酒屋とかだと、そもそも置いているところが少ない上に、うっかりすると調味料入りのダシで出されて香りが台無しになったりするので困るんですよね。

そうなると、いつも安心の「スタンドアサヒ」に行ってしまうわけですな。一緒に行ったメンバーもいつもの面子で、もはや恒例行事と化しつつあります。

まずは最初に必ず勧められる「炊合せ」。ある意味お通しのようなものですが、クォリティが高いので全く異論はありません。

写真がボケましたが、ishさんが頼んだワケギとイカが入った「ぬた」。写真を撮り忘れた名物の「さばからまぶし」も頼んだら300円で凄い量が出て皆ビックリ。

刺身盛り合わせ。脂が乗ったマグロにヨコワ、ねっとりしたイカ、コリコリの鯛、柔らかい煮だこと質も上々。3人で来たので、ワサビも含め3切れずつ盛られているのが嬉しいです。

もちろん、品切れになる前に松茸土瓶蒸し!

香り高いダシに松茸や鱧がたっぷり入って600円という値段はあり得ないレベルですな~

女将さんオススメの焼き鳥。これも大ぶりで200円と激安。

うなぎ好きの面子なので、自身の脂でカリっと香ばしく焼かれたうなぎの白焼。半身で1500円って、下手すると市場のうなぎ屋より安いですよ。

ここからは、まだ頼んだ事がないメニューを試そうという事で、メザシ、山芋短冊、おでんの豆腐、ゲソのバター焼き。まあどれも驚きは無かったですが、メザシと日本酒って年を食ってから旨いと思うようになりましたね。

最後に松茸ご飯を3人でシェアして締め。一緒に付いてくるお漬物が旨くて、半分そっちが目当てで頼んでます(笑)。

予約をしないとまず入れない、品物によっては早々に売り切れる、季節ごとの変化という面では松茸を除けば少なめというネックはあるものの、やはり名店である事には変わりありませんな。

これだけ飲み食いしても3人で13000円ちょっと。初七日明けでお疲れ状態でしたが、良い気晴らしになりました。また来年も来ます、どうもご馳走様!

南田辺の「スタンドアサヒ」で松茸の土瓶蒸しなど: こんなの食べたよ
 

スタンドアサヒ

関連ランキング:居酒屋 | 南田辺駅田辺駅西田辺駅

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!