大阪・関西のB級グルメガイド

ラーメン太郎@太秦の「醤油こってりラーメン」

ラーメン太郎@太秦の「醤油こってりラーメン」

最近は、大阪よりも京都でラーメンを食べる機会が多くなってます。

大阪は、少し前まではラーメン後進地域ではあったのですが、讃岐うどんの場合と同様に、1つ流れに乗ってしまうとダダダダと一気に過当競争になってしまう傾向があって、個人的に苦手な意識高い系の店がはびこりつつあります。

それに比べると、京都の食文化はそんな簡単には流行に飛びつかず、頑固に昔ながらのスタイルを保っている店が多く、そっちをいろいろ探すほうが楽しくなっている現状があります。

京都で鶏白湯ラーメンと言うと、ドロドロスープの天下一品を連想される人が多いと思いますが、それ以外にも天天有や名門、悟空といった店があって、本当なら一大派閥を成してもおかしくないはずなのですが、何故か天一以外はあまり知られてないジャンルだったりします。

その中でも、太秦にあるこちらはスープも天塩、醤油、味噌、カレーとあり、スープのベースもあっさりとこってり、またはそのハーフ、そしてサイドメニューも豊富とバリエーションが多いです。

でも今回は初めてというのもあって、ど真ん中ストレートに醤油のこってりをオーダー。

写真を見ても分かる通り、スープはかなり強めの乳化がかかっていて不透明、しかし決してドロドロではなくまったりと雑味が少なく、スイスイ飲めてしまう美味しさ。

でも麺は京都らしい中細のあまりコシがないストレート麺なのがおもしろいです。チャーシューは巻きバラでトロトロ、メンマは甘辛味でアクセントになってます。

昔ながらのラーメンをベースに新しさを付け加えたような一杯。いかにも京都らしい懐の深さを感じさせるお店でした。どうもご馳走様!

ラーメン太郎

関連ランキング:ラーメン | 常盤駅鳴滝駅太秦駅(JR)


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!