大阪・関西のB級グルメガイド

メリハリを付けた新福菜館の進化系「麺対軒」@四条堀川

メリハリを付けた新福菜館の進化系「麺対軒」@四条堀川

京都のラーメンで最も有名なのは、チェーンの天下一品を除けば、京都駅近くのたかばしにある新福菜館と第一旭でしょう。

第一旭のほうは、同じ系統のラーメン店が多く存在するのに対し、何故か新福菜館のほうは太秦にある「親爺」ぐらいで、フォロワーがほとんど無いのが不思議なんですよね。

そんな中で、珍しくはっきりと新福菜館にルーツを持っている店が、四条堀川の交差点を東に入ったところにある「麺対軒」さん。ホンジャマカの石塚氏がお気に入りの店のようで、店内には雑誌記事がベタベタと張られています、

店の売りの1つは生姜ラーメンだそうですが、個人的に生姜味が効いた料理は苦手なので、普通のラーメンとチャーハン、どちらも小サイズがセットになった850円の「ミニセット」をオーダーしました。

ラーメンは小サイズとは思えないぐらいしっかりとしたボリュームがあり、新福菜館よりも多めの液体油が浮かんでいます。

スープを飲んでみると、醤油の塩辛さとほのかな酸味のインパクトが来て、油の効果もあってか非常にコクがあって美味しいです。麺は本家と同じ中太ストレート、しっかり腰がある茹で具合なのがいいですね。

もも肉を中心とした薄切りチャーシューがたっぷり、モヤシ、九条ネギがシャキシャキで全体的にメリハリのある構成で食べる楽しさがあります。

ただ、ラーメンとは違ってチャーハンのほうは、醤油ダレが効いた本家に比べるとあっさりと薄味で、あくまで脇役に徹している印象。

卓上には、おろしニンニク、辛味噌、コショウ、一味唐辛子とありますが、その中にチャーハン用ソースというのがあって、それをかけるとまた異なる味わいになるのが面白いです。

場所は結構実家から近いので、新福菜館のようなラーメンが食べたくなった時にはこれからも訪問することになりそうですな。どうもご馳走様!

麺対軒

関連ランキング:ラーメン | 大宮駅四条大宮駅四条駅(京都市営)


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!