大阪・関西のB級グルメガイド

朝日屋@津の松阪肉牛すじで、煮込みを作る

朝日屋@津の松阪肉牛すじで、煮込みを作る

先日の伊勢志摩保養所旅行では、いつもの通り津の朝日屋さんで松阪肉コロッケとメンチカツの揚げたてを車内で食べ、惣菜を買って帰って「えて吉」さん宅で軽く宴会をして帰りました。

グルメブログを書いている人で、毎度同じネタを真面目に書いている人は多いですが、私は一度行ったところを何度もネタにするのは苦手なんですよね・・・

ラーメンとかだと、訪れる度に出来のブレがあるので何とかネタにはなるんですが、朝日屋のコロッケはずっと安定して同じ味なので、もう書くことが無くなってしまいました(笑)。

なので、最近は朝日屋ネタはずっとスルーが定番だったのですが、今回初めて手に入ったブツがあったので紹介します。

松阪肉の牛すじです。すじ肉とは思えないほどサシが細かく入っていて、グラム単価が230円、400gぐらい入って1000円程度なので、質からすると十分お得な値段と言えるでしょう。

数年前までは、グラム300円で松阪肉のおそらく最高ランクな肉の切り落としが売っていて、それをすき焼きにして食べるのが楽しみだったのですが、最近は売り場に出なくなって悲しんでいたところに、すじ肉の登場はちょっとうれしかったですね。

いつもなら、すじ肉の煮込みは手軽な圧力鍋で作るのですが、これはアキレスやメンブレンといった硬い部位が無い、いわゆる「肉すじ」なので、圧力鍋で煮込んでしまうとグズグズに崩れる危険性があり、今回は保温鍋で丸一日ゆっくり煮込んでみました。味付けは、味噌は使わず醤油と味醂、砂糖でシンプルに。

出来上がりは、脂が表面に浮いていていかにもコッテリしてそうですが、やはり松阪肉の脂はサラサラで臭みが無いので、拍子抜けするぐらいにあっさりしています。

これはこれでとても上等なお味で美味しかったのですが、個人的にはもうちょっとメンブレンとかが入ったプルプルしたすじ肉が好きなので、そういう部位を集めたパックを作ってくれると嬉しいですな~。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!