大阪・関西のB級グルメガイド

ステーキ宮@イオンモール茨木の「宮ハンバーグランチ」

ステーキ宮@イオンモール茨木の「宮ハンバーグランチ」

グルコバを再開させたおかげで、スパイスや豆類の在庫が一気に寂しくなってしまったので、土曜日は池田のサルタージまで買い出しに行きました。

車で出かける時は途中の昼飯にいつも困るのですが、今回は何となく麺よりも肉が食べたくなって、イオンモール茨木にある「ステーキ宮」へ行ってみる事に。

ステーキや焼肉だとワインやビールが無いと辛いですが、ハンバーグならまだライスだけで我慢ができますからね(笑)。

ステーキ、チキン、グラタンなど豊富なメニューが用意されてますが、ブロンコビリーと比較するためにビーフ100%の「宮ハンバーグランチ」(税抜990円)にしてみました。

この手のファミレスって、単品はそこそこの値段でもライスやスープ、サラダ、ドリンクを付けていくとどんどん値段が膨れ上がるのですが、こちらは最初からスープバーとライスが付いているので有り難いですな。

スープバーは、冷製のヴィシソワーズ、コーンスープ、カレースープの3種類と充実。雨模様で肌寒い日だったのでヴィシソワーズはパス。まずは甘いコーンスープで温まりました。

驚いたのがカレースープ。てっきりカレー風味のコンソメみたいなのを想像していたら、ちょっとシャバいけどほとんどカレールーなんですよ。実際にご飯へかけてみたらどう見てもカレーライス。これ、スープという体裁のカレーバイキングですよね?(笑)。

ソースも、玉ねぎがたっぷり入った「宮のたれ」を始めとして、ガーリックトマト、和風オニオン、ドミグラスソース、グレービーソースと5種類もあって圧巻。ドミグラスソースも変に甘くなく大人の味なのが嬉しいです。

さて「宮ハンバーグ」ですが、ブロンコビリーのように店員がその場でぶった切らず、そのままの形で提供されます。付け合せは、鉄板で火が通る玉ねぎスライス、ケチャップスパ、じゃがいものグラッセ。

早速ナイフで割ってみると、中はレアじゃなくてきちんと火が通ってますね。レアよりもジューシーさには欠けますが、ビーフだけの肉肉しさが楽しめます。

ものすごく美味しいというわけではないですが、値段の割に充実したサービス、ボリュームで満足しました。昨今のファミレスの中ではかなりのオススメだと思います。どうもご馳走様!

ステーキ宮 イオンモール茨木店

関連ランキング:ファミレス | 宇野辺駅茨木駅南茨木駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!