大阪・関西のB級グルメガイド

コロナ明けのプチ宴会「酒仙房 金生」@千鳥橋

コロナ明けのプチ宴会「酒仙房 金生」@千鳥橋

新型コロナウイルスの蔓延以来、仕事でもプライベートでもすっかりご無沙汰になってしまった飲み会。

緊急事態宣言が明けて状況も落ち着いたという事で、グルコバ常連のだいこんさんの音頭で、ishさんえて吉さん、あきこさんの5人で千鳥橋にある「酒仙房 金生」に集合。

こちら、昔から本サイトでトップクラスのコストパフォーマンスとして最高の評価にしているお店なのですが、いかんせん場所が千鳥橋で会社帰りなどで気軽に立ち寄れず、料理のボリュームが多いので少人数では楽しみきれないのが玉に瑕なんですよね。

まずは刺身盛りをオーダーしたら、こんなボリュームで出て来ました。マグロ、サーモン、しめ鯖、スズキ、ブリ、帆立貝、剣先イカといったところでしょうか。マグロとサーモンは脂が乗っていて、イカは肉厚でねっとり、スズキもしっかり熟成されて旨味がほとばしります。

箸休めに胡麻豆腐。

追加でポテサラ、白あえ、たけのこの甘酢漬け。たけのこを甘酢漬けにしたのって初めて食べましたが、なかなかイケますな。

穴子天は肉厚でホクホク、大きな5切れがドサドサと乗っかって380円! 一人で来てたらこれともう1品で終わってましたね(笑)。

こちらは銀鱈の西京焼き。百貨店の惣菜店で買ったら軽く600円は取られる高級魚なのに、値段は580円。儲けあるんですかね?

季節モノという事で鮎の天ぷら。380円という値段から、稚鮎を想像していたら立派な鮎がどっさり盛られて出てきて一同ビックリ。これも百貨店とかだと1尾の値段ですよ。

残念ながらステーキが売り切れだったので、牛肉レアあぶりたたき風。もちろん輸入肉なんかではありません。

締めには、ウニが1舟まるまる出て来るウニ丼がこれも売り切れ、880円のイクラ丼に変更。

しかし相変わらずのご飯が見えない壮観ぶり。これ、寿司で提供したら10貫は軽く取れますよね? イクラもねっとりプチプチと上質で文句なし。

酒もプレミアム銘柄の十四代とか好き勝手に飲んでしまって、お会計は1人あたりたったの4000円。大丈夫? レジがバグってません??

少人数で営んでおられるので、混んでいるとと料理の提供に時間がかかってしまうところだけが欠点らしい欠点でしょうか。

いや~、相変わらず何か間違えてるんじゃないかというぐらいの安さとボリューム、そしてクォリティ。まさに奇跡のような居酒屋だと思います。どうもご馳走様!

酒仙房 金生

関連ランキング:居酒屋 | 千鳥橋駅伝法駅西九条駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!