大阪・関西のB級グルメガイド

酒屋が経営する居酒屋の名店「畑分店」@大正

酒屋が経営する居酒屋の名店「畑分店」@大正

実は、この店の情報をアップしようかという直前に、店の老朽化によって9/17をもって閉店するという衝撃的な情報が飛び込んで来ました。

ただ、マスター自身は別の店に移転して営業を続ける予定だそうで、風情ある店の雰囲気は失われてしまうかもしれませんが、料理はそのまま残ると信じてアップさせてもらいました。

場所はJR大正駅のすぐ西側、横道に入ったところにあり、味のある看板と暖簾が目印。近所には畑酒店という酒屋があり、大通りを挟んで反対側にも同じ屋号の立ち飲みがあって、おそらく同じ家系なんでしょうね。

昔は大箱の酒屋だったと想像できる、広々とした土間に大きなL字のカウンター、テーブル席がしつらえられていて、いかにも昭和な空気が流れています。

料理はどれもボリューム満点で、そのままでは1人で食べるには持て余すのですが、それぞれハーフサイズを頼めるのが嬉しいところ。

まずは名物であるイワシフライ。ハーフなので1匹だけですが、大きくてアツアツ・ホクホクのイワシに大満足。

ハーフで頼んだからちょっぴりになってしまったカツオのたたき。これも注文からさばいて皮目を炙る本格派で、脂が乗っていてたまりません!

きずしハーフもピカピカの鮮度、ちょっと深漬けで酸っぱいところが昭和的。

これはから揚げのハーフ。醤油味と片栗粉を使った、ほぼ竜田揚げでビールが進みます。

焼き鳥は注文から串に指して天火で焼くため、鮮度バツグンでプリプリ、ネギも甘~い。

密かな人気メニューの焼きそば(ハーフ)。イカ、豚、ネギ、キャベツ、生姜と具だくさんで凝っています。

ただし串カツはサイズが小さくてイマイチだったかな・・・

おでんは色が濃くて辛そうに見えますが、実はスッキリ辛口の天然出汁で上品な味わい、日本酒が合う逸品。

トロトロのどて焼き(ハーフ)、シャキッと歯ざわりの良い「ぬた」、ねっとりとコクのあるポテサラ、半丁たっぷりの湯豆腐と脇役も抜かりなし。

サービス精神あふれる大将と、ちょっと我が道な女将さん、常連が織りなす空気と店の雰囲気のコンビネーションは宝物のように美しいですが、その全てを堪能できる時間はあとわずか。是非、今のうちに訪問しておくべき名店です。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>http://gourmet.gazfootball.com/recent.html

畑分店

関連ランキング:居酒屋 | 大正駅ドーム前駅ドーム前千代崎駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!