大阪・関西のB級グルメガイド

和食

1/6ページ

「これは松のやの厚切りトンカツと同じ?」松屋の厚切り豚テキ定食豚汁セット(830円)

  • 2019.12.06

松屋で恒例の優待券消費贅沢メニュー。 今回は、厚切り豚テキ定食豚汁セット(830円)! ご飯は大盛りも可能ですが、普通盛りにしておきました。 色味なんか知ったこっちゃないメニューが多い松屋ですが、珍しく野菜が別盛りじゃないんですね。 かなりニンニクがガッツリ効いたソースがかかったトンテキは、おそらく低温調理されたパウチから出して焼き目を付けたのでしょうか、火の通りが妙に均一でシズル感はイマイチ。 […]

スタンドはじめ@鶴橋の「マグロ丼」ランチ(600円)

  • 2019.11.25

原則的に、生魚は酒が無いと食べたくない派なのですが、例外的にマグロのづけと白ごはんの組み合わせであれば、まあ我慢できるかなというレベルになります。 ミックスフライのコストパフォーマンスに驚愕した「スタンドはじめ」のランチで出しているマグロ丼が、まさにその組み合わせだったので、安心して(?)平日に行ってみました。 ほとんどネットで知られてないランチ営業、しかも時間は12時からなのに、相変わらずお客さ […]

お母さんたちが宿るおでん屋「関東煮 でん治」@高倉町

  • 2019.11.23

地下鉄都島駅をしばらく北上すると、高島町のあたりでベルファ都島というショッピングセンターが現れますが、大通りを挟んで東側の裏道に、ひっそりと佇むおでん屋があります。 角地の半屋台で、冬場になるとビニールのカーテンで覆われて暖を取る仕掛けになっています。 普通は、おでん屋の立ち飲みといえばおっさんが集まりそうなものなのですが、二代目の女性店主1人が切り盛りしているのと、周りはほぼ住宅街という立地もあ […]

御料理 井傳@四条烏丸の仕出し弁当

  • 2019.10.26

先日は、身内の一周忌を済ませて来ました。あんなにバタバタ葬儀の準備やらに忙殺されたのがついこの前のようですが、もう1年も経ってしまったとは早いものですね。 本当は親父の足が悪いので自宅でしたかったのですが、とても座卓や食器の用意が出来ないために、菩提寺をお借りして法要とお斎を済ませる事に。 仕出し屋をどこにするか勝手が分からず、住職に聞いてみたらウチでは良く「井傳」さんを使わせてもらってますという […]

6年ぶり3度目の「うなふじ」@一身田

先週末は、恒例の伊勢志摩保養所に一泊旅行。 食べログの日本百名店のうなぎジャンルで、三重からリストアップされている2軒のうちの1つが「うなふじ」。たまたま知人に教えてもらってアクセスしたのですが、これを見て今年は久々にうなふじへ行こうと思っていました。 ここへ最初に行ったのは今から12年前で、まだ下の子がハイハイをしている時期でした。そして2度目に訪れたのが6年前。当時の記事を見ると、うな丼並の値 […]

淀ヤ食堂@森小路の「ハンバーグと魚フライの定食」

  • 2019.08.26

もう4年前になりますが、今でも私が食べログに投稿した口コミが1つしか無い、門真の超ドマイナー洋食店「八州」の記事をアップした時に、コメントで情報をいただいた店がありました。 以前から気になっていた店ではあったのですが、場所的に平日行くのは無理、周りに潰しが効く店が全く無くて、昼酒で楽しむにしてはボリュームが多すぎ、一度訪問しようと思った時には臨時休業と、何故かとことん縁のない状況のまま、気がつけば […]

京町家のお座敷で親子丼「鳥岩楼」@西陣

  • 2019.08.11

しかし大阪もたいがい暑いんですが、京都の暑さはまた一味違いますよね・・・ やはり盆地のせいか大阪よりも風が無くて、じっとしているだけで汗が吹き出してきます。 そんな猛暑の中、西陣の方に用事があったので前から気になっていた「鳥岩楼」に行ってみました。 夜は鶏のすき焼きや水炊きを出す料理屋なのですが、ランチタイムは親子丼オンリーの提供になります。 中に入ると待合スペースがあって、順番に座って呼ばれるの […]

土用の丑の日は、松屋のうな丼で決まり?

ここでも何度か書いているような気がしますが、私自身のうなぎに対するスタンスは「資源保護と食文化の両立」にしております。 つまり、スーパーや外食チェーンで売っているような中国産うなぎには手を出さず、国内産を使ったうなぎ専門店でなるべく食べるようにする、という方針です。 第一、安いうなぎはだいたい皮がゴムのようで噛み切れないし、甘ったるいタレがベッタリ塗りたくられて純粋に美味しくありませんからね。 で […]

はり重カレーショップ@難波の「ビーフワン」

  • 2019.05.22

若い時に食べると物足りなく感じた料理が、年を食ってから食べてみると、当時は気づかなかった良さを発見する事って良くありますよね。 坂町の天丼とか、大黒のかやくごはんとか、私にとってはミナミの老舗にそういうパターンが多いのですが、同じく老舗の「はり重カレーショップ」の看板メニューであるビーフワンもそうでした。 先日、これも久々だったビーフカレーを食べた時に、隣のお客さんがビーフワンを食べているのを見て […]

GWの喧騒を忘れて、大黒@難波の「かやく御膳」

  • 2019.05.06

今日でとうとう長かった10連休も終わりの日。 連休初めの方は、まだ休みがこんなにあるのかとうんざりしていたのですが、いざ明日から仕事となると、現金なものでちょっと残念な気持ちになりますな(笑)。 さてGWの間に子供の携帯を買い換えるために難波に出かけたのですが、ミナミは凄まじい人混みで電気屋だけでさっさと退散してしまいました。 しかしこちらだけは、玄関から中に入ると相変わらず静かな空気が流れており […]

若竹煮とタケノコご飯

  • 2019.05.05

今はどこの野菜売り場にもタケノコが出回る季節になっていますね。 個人的に、タケノコ料理は好きなんですが、米ぬかで茹でた後のシンクの処理とかが面倒で、どうも下処理をしてまで食べようという気が起こらず、かと言って割高な水煮されたものを買うほどの執着は無く、今シーズンもスルーしそうになっておりました。 が、先日たまたま天満市場で割安なタケノコを見つけてしまい、ふと魔が差して購入してしまいました(笑)。 […]

銀シャリ屋 ゲコ亭

  • 2019.04.08

この日は、次女がイオン堺鉄砲町で行われるイベントに行きたいという事でお出かけ。 いつもなら車で行くところですが、その日は夕方からえて吉さん宅で牡蠣宴会の予定だったので、電車で行ってそのまま合流というプランで行きました。 イオンに着いたら、私はイベントに出ても仕方ないので、堺東の立ち飲みでも行くかと思ったのですが、夕方から飲み会なので酒は自粛。いろいろ検索していて、久々にこの店の名前を見つけ、懐かし […]

季節外れのセコガニで作った、セコ飯に舌鼓!

  • 2019.03.27

先日、グルコバの材料探しで天満市場へ行った時に、もう漁の時期はとっくに過ぎているのに生のセコガニが売られている事に気づきました。 冷凍品の解凍かもと思ったのですが、そういう感じでも無さそうですし、はて・・・と思って後で調べてみると、東北以北は3月でもまだセコガニが採れるみたいですね。 あんまり身が詰まってそうでも無かったし、せっかくの生だったので、久々にセコガニを炊き込んだセコ飯を作ってみる事にし […]

年を取るとさらに良さが分かる「大黒」@難波のかやくごはん

  • 2019.03.22

最近、とある案件のために、キタやミナミのB級グルメの名店をおさらいしております。 今回は、ミナミではまず第一に揚がる老舗、本サイトでも最初期に掲載した、かやくごはんの「大黒」です。 最初に訪れた30年前から、店も料理も全く変わってないのですが、今は中サイズのかやくご飯と小鉢2品、味噌汁がセットになった1000円の「かやく御膳」が用意されるようになり、多くの人がこれを頼んでいます。 が、この日は大黒 […]

「とようけ屋山本」@京都西陣のひろうす

  • 2019.03.10

インバウンド観光客向けになるか、シャッター街になるか2分化されつつある洛中の商店街にあって、まだしっかりと地元客の賑わいを残しているのが西陣、千本通界隈。 その中に、見事な京町家に見とれてしまう、明治30年創業のお豆腐屋さん「とようけ屋山本」があります。 寄せ豆腐や柚子、黒豆など豆腐だけで15種類ものラインナップを揃えておられますが、一番お求めやすい1個55円の並ひろうすを購入、帰宅して小松菜と出 […]

1 6