大阪・関西のB級グルメガイド

寿司

2/4ページ

新世界の隠れ家「奴寿司」@ジャンジャン横丁

  • 2014.03.21

もう数年前から串カツテーマパークと化してしまった大阪新世界。 今でもぎふや食堂のような古い店が潰れたスペースに、どんどん串カツ店を開いたりしているようですが、あべのハルカスなどの大型商業施設に話題を取られたのか、何となく最近は客足が止まりつつある気がしますね。 でも金太郎飴串カツ店が無くなったとしても、それで昔の味わいが復活するわけでもないので、地元の人間にとってはどっちに転んでも良いことでは無い […]

おしどり夫婦の立ち食い寿司「たっちゃん寿司」@東部市場前

  • 2013.12.06

この店の存在を知ったのは、グルコバ仲間のえて吉さんのブログによってでした。 もう書かれた当初から非常にビビッとアンテナに来るものがあったのですが、普通の商店街のど真ん中で全く潰しが利かない場所なのと、閉まるのが8時と早いのでこちらもなかなか行けませんでした。 開店当初は持ち帰りのみの営業だったそうですが、春にカウンターを作ってその場で立ち食い出来るようにしたそうです。 でも値段は持ち帰りベースで安 […]

「大漁寿し若駒」のまかない弁当@守口京阪百貨店

  • 2013.10.07

守口京阪百貨店で10/9まで行われている「秋の北海道大物産展」で茶屋のラーメンを食べたあとは、同じイートインで寿司を提供されていた「大漁寿し若駒」で、晩飯用に持ち帰りの弁当を買いました。 もちろん、札幌の寿司屋なのでカニやサーモンの切り身が盛られたゴージャスな弁当もたくさんあったのですが、私が買ったのは一番安かった840円のまかない弁当(笑)。 見た目は小樽駅弁の「海の輝き」のようですが、サイコロ […]

佐藤水産の石狩鮨

  • 2013.09.25

土曜日に、グルコバ関連の買い物で自転車を乗り回していたところ、途中で立ち寄った関西スーパーで駅弁フェアをやっており、晩ご飯をちゃんと作る気が起きなくて自分用に購入しました。 代用魚だらけの100均寿司とは違って、佐藤水産の製品は添加物なども入っていなくて安心して食べられますしね。 この石狩鮨は、鮭とズワイガニのむき身を並べたシンプルな寿司ですが、カニと鮭では酢飯の配合が違っていて、カニはより甘酸っ […]

屋台時代の姿が残る「親子寿し」@新今宮

  • 2013.08.22

厳密には「あいりん地区」ではない、そのすぐ周辺にあるエリアには、洋食や焼き肉、おでん、天ぷらなど昔ながらのスタイルを残した店が何故か多かったりするのですが、この店もその中の1つだと間違いなく言えるでしょう。 握りを出す江戸前寿司は屋台がルーツとされ、芝居帰りなどの客たちがさっと食べてさっと帰っていく、そういうスタイルの営業だったと言われています。 なので、串かつと同じく醤油はいちいち客に1つずつ出 […]

すし小銭の「いわし鮨」@宮津

  • 2013.04.15

日曜日は、グルコバでいつもお世話になっている「えて吉」さんがドライブで宮津のほうまで行っておられ、Twitterで「イワシ寿司の注文は無いかね~」と御用聞きをされていたのを見つけ、つい乗っかってしまいました(笑)。 私自身が行ったわけでは無いし、「宮津 イワシ寿司」でググってみると、ちょうどえて吉さんのブログで書かれた記事が上位に出て来るので、詳しい情報はそちらを参照してください。 いたってシンプ […]

難波の寿司屋台「富久佳」

  • 2013.02.15

「丑寅」や「最」といった店が火付け役になって、今ではすっかりトレンディな飲みスポットになってしまった道具屋筋界隈。 中でも流行の最先端(?)と言うべき場所が、「千日前地蔵通り横丁」。がらんどうの屋内スペースの中に間仕切りで仕切られ、小さな店がいくつか入っているという、バブル時代に一世を風靡した「屋台村」を思い起こさせる風景です。 その一番奥にあるのが、にぎり鮨の店である「富久佳」さん。ちゃんとした […]

「鮨処 竜敏の限定季節丼」北海道物産展@守口京阪百貨店

  • 2012.01.23

日曜日は珍しく嫁さんの予定が空いていたので、守口の京阪百貨店でやっていた北海道物産展を見に行くことにしました。 給料日前という事で私はマルちゃんのたらこ味やきそば弁当を買っただけで(笑)、昼飯は嫁さんのポケットマネーで買ってもらった海鮮弁当をいただきました。 これは、にぎり寿司のイートインで入っていた「鮨処 竜敏」が出していた限定季節丼という品で、パッと見は小さく見えますが結構中は寿司飯がぎっしり […]

新年あけましておめでとうございます。

  • 2012.01.01

昨年は、日本にとっても世界にとっても厳しい年でした。個人的にも、仕事の人事異動などがあって後半は特にアタフタさせられる1年でした。 今年はさらに仕事が大変になりそうですが、皆さんにとっては素晴らしい年になる事を願います。 と言う訳で、まずは年越しの飲み食いを~。 30日は、恒例の鶴橋買い出し。正月用の蒸し豚や鰹節などを買い込みながら、鶴橋魚市場をウロウロ。 本当は鯖寿司を作ろうかと思っていたのです […]

【大阪ベストB級グルメ2011】 うどん・和食・寿司編

  • 2011.12.27

今年、最も充実したアップになってしまったのが「うどん・そば」ジャンルですね。 私自身は、決して薄味・和食派というわけでは無いのですが、例えば揚げ物や焼肉といったコッテリした料理をたくさん食べると、体重への反応がダイレクトに来るようになってしまいましたし、酒を飲む分食べ物の方をセーブしないと、健康診断にも引っかかるようになってしまうので、嫌でもあっさりジャンルが増えてしまうんですよね・・・ 世の中、 […]

寿司ほぼワンコイン定食「すし政」@天満

  • 2011.12.16

週末恒例の食材買出し。最近はめっきり寒くなって来たので、今回は電車で行ける天満にしました。 結局買い物はお目当てのものがあまり安くなくて、年末年始用食材の値段調べと、アテ用にピータンを買っただけでおしまい。 朝がラーメンだったので、さすがのラーメンマニア娘も昼に食べたいとは言い出さず(笑)、天満の寿司通りで軽くつまむ事に。 週末とあって予想通り春駒には行列が出来ていたので、子供もいるし向かいの「す […]

住之江ボートへ再び

  • 2011.04.13

以前に、ブロガー招待イベントで住之江ボートレース場にお邪魔した時に次女を連れて行ったのですが、何故かやたらと気に入ってしまったらしく、せがまれて再び訪れる事になりました(笑)。 でも、その理由というのがマスコットであるイルカのぬいぐるみを貰ったり、ピットに入れたりする事だったようで、今回はそれらが無理だということを納得してもらうのに相当手間取りました・・・ただ、上の階にあるキッズ&レディスルームは […]

新世界を代表する寿司屋「佐兵衛寿司 本店」@動物園前

  • 2011.04.06

今や新世界と言えば串かつ屋と再開発未満の穴ぼこだらけの街になってしまいましたが、その中で大興、佐兵衛といった寿司店もなかなか頑張っています。 その中でも個人的にイチオシなのが「佐兵衛寿司 本店」。場所はジャンジャン横丁の最南端ですから分かりやすいですよね。 何せ、立派なゲタに載せられた8貫の寿司と赤だし(3時まで)がついてたったの500円という安さ。しかも、100円回転寿司のようなペラペラのネタで […]

割り切ればCP高し「さんきゅう水産 魚河岸寿司 板前にぎり」@今福鶴見

  • 2011.03.09

今福鶴見の交差点から、鶴見通を蒲生四丁目側へ少し入ったところに出来た寿司店。 いかにもチェーン的な外観だなあと思っていたのですが、後で調べてみると平野や針中野などにも店を持っているローカルチェーンのようですね。でも公式サイトが無いので、資本関係は分かってませんが。 寿司は2貫150円から1貫300円までの値段で、常時60種類以上とかなりの品数を誇っています。 ネタはどれもなかなか新鮮で、穴子なんか […]

さすが梅田の激戦区「縄寿司」@お初天神

  • 2011.02.25

大阪の激安寿司激戦区といえば、まず春駒や寿司政、奴寿司がある天満が有名でしょうが、梅田のお初天神界隈にも、寿司屋が軒を並べる地域があります。 その中でも最も定評があるお店がこちら。 独特な三角形のカウンターの中では、3人の職人さんが忙しく寿司を握っておられ、非常に活気があります。梅田という場所柄か、関西弁じゃない出張と思しきビジネスマンの客も多いようですね。 回らない寿司屋の場合は、勘定が気になっ […]

1 2 4