大阪・関西のB級グルメガイド

とんかつ、天ぷら、揚げ物

1/4ページ

カツ丼吉兵衛 梅田店@東梅田で、「創業の味」肩ロースカツ丼

  • 2020.03.06

この日は、発作的にカツ丼が食べたい欲が噴出してしまい、ボートピア梅田のすぐとなりにあるこちらへと駆け込みました。 昔は、三宮センター街の地下でいつも行列を作っていた、ヒゲがトレードマークの親父さんが切り盛りしていた人気個人店だったのですが、息子さんの代になって完全にチェーン展開をするようになりましたな。 メニューも普通のカツ丼だけじゃなく、韓国風やカレーなどバリエーションが豊かになり、今や専用アプ […]

天ぷらの山@阪神百貨店スナックパーク

  • 2020.02.03

新しくなった阪神百貨店スナックパークで、オープン当初から気になっていた天丼専門店。 巻いた豚バラを天ぷらにした豚ネギ天丼にちょっと惹かれたのですが、やはり最初なので基本の海老天丼(500円)をオーダー。 どんぶりと書いてありますがお重に入っているのがユニークですね。 その海老天ですが、まるでお菓子のようにカリカリの衣で、かかっているタレがやたらと濃くてテリヤキソースみたいで、海老の味が消し飛んでし […]

丼丼亭@阪神尼崎のカツ丼(530円)

  • 2019.12.10

今回、グルコバ前の昼飯で訪れたのは、尼崎中央商店街の奥の方にある「丼丼亭」。 以前は天満橋駅や天神橋筋商店街にも店があって、何度か訪れたことがあったのですが、大阪では路面店がほぼ無くなってしまい、ホワイティうめだなどのテナントが主になって、めっきり行く機会が少なくなりました。 ここでいつも頼むのは、ヒレカツが卵でとじられたカツ丼。 久々に頼んでみたら、タレは薄味でさっぱり風味ではあるのですが、ヒレ […]

松のや@南森町店で「おろし厚切りロースカツ定食」(800円)

  • 2019.11.28

この日のランチは、優待券の消化を兼ねて南森町の「松のや」へ。 確か以前は「松乃家」という表記だったと思うのですが、今は「松のや」に統一されてしまったんですかね? 優待券は、ダブル定食以外ならどんな金額の定食でもOKなので、盛り合わせ以外で最も高価な「おろし厚切りロースカツ定食」(800円)を頼んでみました。 肉の厚みは、厚切りというだけあって通常の1.5倍ぐらいはありますな。ただ、やっぱり以前と比 […]

神戸のB級世界遺産「ふくや串カツ店」@湊川

  • 2019.11.21

この秋、二度目の神戸へのサイクリング。メインの目的はインディアメーラーに行く事だったのですが、第二の目的はこちらに訪問する事でもありました。 神戸市営地下鉄の湊川公園駅から東山商店街を北上し、アーケードが切れた先からさらに北へ行って川を渡り、かつては商店街だった寂れ気味の道を西へ行ったところ・・・ まあ今どき西成でも見かける事が珍しくなった、かろうじてテントのみで仕切られた空間に、傾いたのれんと赤 […]

チキンチキン@大阪駅前第3ビルの卵とじカツ丼(450円)

  • 2019.10.03

居酒屋1969の宿題を消化した勢いで、同じ大阪駅前第3ビルにある激安ランチどころである「チキンチキン」にも初訪問。こちらもランチタイムはひっきりなしにお客さんが入っている人気店です。 特徴は、カツ、つくね、から揚げというメインのおかずが全て鶏肉というところ。まあ値段からして輸入冷凍肉でしょうが、毎日あの2kgパックをどれだけ開けているのか気になりますね(笑)。 オーダーは、やはり基本のカツ丼(45 […]

今度こそ最後の「とん文」@河内小阪でひれとんかつ定食

  • 2019.09.25

先週に食べたロースカツで、とん文で食べるのは最後にするつもりだったのですが、日曜日にまた訪れてしまいました(笑)。 前回にもまして行列が凄いことになっていますが、もう2度目となると勝手はわかっているので、10時半ぐらいにウェイティングリストに名前を書き込み、2枚目の上の方だったので順番が来るのは開店1時間後ぐらいと判断、布施のイオンでブラブラしてました。 やっぱ最後は、店の看板メニューである「ひれ […]

9月末で閉店する名店「とん文」@河内小阪で最後のロースカツを食す

  • 2019.09.16

先日、知り合いのブログを見ていたら、司馬遼太郎も通った河内小阪のとんかつの名店、「とん文」が9月末で閉店するとのショッキングなニュースに遭遇してしまいました。 昨年の春に、東京の神田神保町の老舗とんかつ店「いもや」が閉店した事がニュースになっていましたが、とん文さんの場合も同じような事情なのかなと推察します。 まず後継者がいない、移転をした後の家賃が高くなる、老朽化した機材の買い替えをする資金の余 […]

都そば@天五店は新機軸のどんぶり押し?

  • 2019.08.06

長梅雨から明けたらいきなり猛暑で、食欲の方も絶賛減退中の昨今ですが、グルコバの準備で天満に寄った時に珍しくガツンとしたものが食べたくなって、表の張り紙につい誘われて入店してしまいました。 あの「いぶきうどん」の隣にオープンした挑戦的な姿勢が話題になっていた都そばの天五店。 天満駅のそばにも同じ系列の店がありますが、そちらが昔ながらのうどんメインなのに対し、こちらはカツ丼や天丼といったどんぶりもの押 […]

おくだ@元田中で「ロースかつ定食」

  • 2019.08.01

京都での食事というと、雅ではんなり、お値段もなかなかのものというイメージがあるでしょうが、そういう店はだいたい河原町・祇園のような繁華街か、東山の観光地に固まっています。 逆に、今出川から北大路にかけては大学が集中している学生街になっており、はんなりとは無縁なボリューム満点の食事処が目立つようになります。 しかしもういい加減オッサンな私としては、もう学生向けの店に行っても食べ切れないので、実家関係 […]

いつも大行列、とり信@JR吹田の骨付き唐揚げ

  • 2019.07.05

最近、ちょいちょいJR吹田駅近辺を車で通る機会があるのですが、いつも昼前ぐらいになると行列が出来ていて気になっていたのが、こちらの「とり信」さん。 でも車なので、駐車場に停めてまで長い行列に並ぶ根性が無く、今まで泣く泣く見送っておりました。 ところが、たまたま朝9時過ぎぐらいに近くを通る用事があったので、ちょっと寄り道をしてみたらさすがにこの時間だと行列が出来ておらず、これなら車を停車させても大丈 […]

油屋さんが営むとんかつカフェ!「綾綺殿」(りょうきでん)@西陣

  • 2019.05.31

江戸時代から油屋を営んでおられる山中油店さんは、西陣に町家を多数所有されており、その中の1つで、とんかつを中心とした料理を提供する町家カフェがこちら。 「綾綺殿」(りょうきでん)という難読な店名は、かつて平安時代にこの場所が舞を披露する同名の建物があった事から名付けられたそうです。 昼時のお店は、修学旅行に来ている高校生のグループや、外国人のゲストを連れたお客さんでほぼ満員。店内にはタレントの色紙 […]

淡路産玉ねぎソースのヒレカツ定食「居酒屋ろっく」@堺筋本町

  • 2019.05.25

最近は昼飯をしっかり食べ過ぎてしまうと、午後の仕事が眠くなって仕方がないので、あまり重い食事にしない事が多いのですが、この日はとにかく腹ペコでガッツリ食わないと耐えられなかったので、久々に淡路町の居酒屋ろっくさんにやって来ました。 ランチタイムには、黒豚を使ったロースとんかつ定食を求めるお客さんで賑わう店なのですが、この日は表の看板を見ると、「淡路産玉ねぎソースのヒレカツ定食」が同じ750円という […]

1本90円均一とは思えないビッグサイズ!「稲田串カツ店」@湊川

  • 2019.05.15

神戸新開地のちょっと不思議なところは、大阪だったらいかにも饐えたオッサンがたむろしてそうな立ち食いの串カツやホルモン店に、買い物途中のおばさんとか、子供連れのお母さんとか、ごく普通の女性の姿が目立つ事です。 彼女らの行動をよく見ると、串カツを10本とか家族用の持ち帰りを注文し、そのついでに現地で1~2本つまんでいるパターンが多いですね。大阪ではほとんど見られない光景で、神戸下町独特の文化なんでしょ […]

法善寺横丁の老舗カツ丼店「喝鈍」

  • 2019.04.03

坂町の天丼、かやくごはんの大黒に続く、老舗B級グルメ再訪シリーズ第3弾は、法善寺横丁の「喝鈍」です。 とは言え、明治期から創業している夫婦善哉など、歴史ある店が並ぶ法善寺横丁の中ではまだ創業35年と若造の部類に入る店ですが、すっかり老舗の貫禄が感じられます。 オープン時からよく通っていた店ですが、最初はご飯とカツが別々に盛られた状態からどう食べて良いか分からず、鍋からご飯にかけようとしてこぼした事 […]

1 4