大阪・関西のB級グルメガイド

立ち飲み

2/6ページ

大正駅前に移転してからは初めての「さのや」

  • 2018.09.12

「さのや」さんの情報を本サイトにアップしたのはもう2年前の話になりますが、当時は大正区の小林という大変辺鄙なところにあり、バスでしかたどり着けない不便な場所にも関わらず、安くて旨くて毎日満員の人気を誇っておりました。 さすがに常連さんからの圧力があったのでしょうか、今年の2月に大正駅北東にある、あの「クラスノ」などが集まっている飲み屋街の一角に移転、さのやファンからは喜びの声が上がりましたが、移転 […]

エスニック立ち飲みで話題は集めているけど・・・「新多聞酒蔵」@天満

  • 2018.09.04

天満の「酒の奥田」などがある通りにある、こちらも昔からある老舗の立ち飲み。 確か以前は「多聞酒蔵」という店名で、商店街沿いにある店も同名でややこしかったのですが、それが理由なのかは不明ながら、去年あたりに「新多聞酒蔵」としてリニューアル、マレーシア出身のハンさ んが作るエスニックなアテが話題を集めている様子。 メニューを見ると、トムヤムクンや焼きビーフン、タイチャーハンなど、東南アジア系のメニュー […]

いまやすっかり肉バル立ち飲みになった人気店「きむらや」@京橋

  • 2018.09.01

3週間ぶりの本サイド更新ですが、今回は新規店ではなくて情報のアップデートです。 通常は、細かい情報のアップデートについてはブログには書かずにひっそりとデータを書き換えていたりするのですが、こちらは初めて訪れた7年前とすっかり料理の内容が変わってしまいましたから、事実上の別店扱いです。 昔は、おでんやお好み焼きなんかもあった普通の立ち飲み店だったのですが、いつからか鉄板肉メニューを全面に出すようにな […]

安くても料理にこだわる角打ち「伏見屋」@守口・土居

  • 2018.08.10

しかし最近は、下手すると座り飲みの居酒屋よりも多くオープンしてるんじゃないかというぐらいに、新しい立ち飲み店の情報を良く見かけます。 でも大体傾向としては似通っていて、以前に目立った海鮮系の立ち飲みはピークを過ぎたようで、今は女性が好みそうなちょっとひねった創作料理系のアテを並べ、ビールは生だけでグラスジョッキで380円ぐらいから、というパターンが多いですよね。 もともと日本の大手メーカービールに […]

銀座屋@天満でクールダウン

  • 2018.08.07

暑すぎる京都でジリジリと炙られた後は、脱水症状になる可能性が高いと分かっていても、ついついビールで一杯やってしまうのが人情です(笑)。 いつものように天神橋筋六丁目で途中下車し、いつもは常時満杯な銀座屋さんに吸い込まれていきました。相変わらず活気があって賑やかですな~。 まずはピカピカのイワシの酢締め。さっぱりしていて暑い日にピッタリなアテ。 夏バテ気味の胃には肉より魚という事で、ちょっと筋張って […]

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

  • 2018.07.13

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはもう20年以上も前の事でした。 当時は十三近辺に住んでおりまして、まだ世間では立ち飲みと言えば酒屋の角打ちが主流で、専門店は京橋や天満、西成に数えるぐらいしか無かった時代でしたね。 そんな中で、こちらは行きやすい場所にある事から良く立ち寄っていた店でしたが、それからまた引っ越ししたせいでルートが代わり、最近まではずっとご無沙汰状態 […]

ピルスナー・ウルケル@チェコの樽生を、泡オンリーの「ミルコ」で!

  • 2018.07.12

西日本に大きな被害を与えた大雨も何とか収まり、大阪もとうとう梅雨明けでビールの旨い季節がやって来ました。 とある方のTweetで、阪急百貨店うめだ本店の地下2Fにあるワールドクラフトビールバーで、今の時期はチェコのピルスナー・ウルケルというビールの生が飲めるというのを見かけて、早速行ってみる事にしました。 ピルスナー・ウルケルは、名前が示すように日本でも広く飲まれている下面発酵のピルスナータイプビ […]

「立ち喰い魚 ふじ屋」の魚ライス(580円)@阪神百貨店スナックパーク

  • 2018.06.12

阪神百貨店で行われていた四国物産展でイートインのうどんを食べそこねたので、改めて平日に行こうと思っていた6/1からオープンの「スナックパーク」に行ってみました。 場所が旧スナックパークよりもさらに通路を隔てた南側だったので、ちょっと迷ってしまいました。雰囲気的には後期スナックパークをさらに薄暗くした感じで、もうちょっと全体的に明るくても良いような気がします。 まだオープン間もない休日とあって、いつ […]

京橋の途中停車「岡室酒店直売所」

  • 2018.06.04

人様のブログなどを読んでいますと、最近は西成あいりん地区付近で、新しい立ち飲み店が続々とオープンしているみたいですね。 でも、ぶっちゃけそれらの店に行こうという気持ちがあまり自分の中で沸き起こって来ません。 やはり自分にとって立ち飲みとは単なる酒を飲むだけの場所ではなく、その店とお客さんが育み続けた空気のようなものが自分にとって大事な「アテ」で、その魅力がまだ備わっていないように思えてしまうのです […]

こんな下町に魚介が売りの新店が!「立ち呑み まさ」@徳庵

  • 2018.05.02

JR学研都市線の大阪側の駅は、住道のように再開発をしたところもありますが、どこも狭苦しい下町に駅があって、飲み屋も昔ながらの居酒屋、角打ちしか無くて一見客にはなかなか厳しいエリアです。 徳庵駅の付近では、立ち飲みでは唯一「まこと酒店」という角打ちがあるぐらいだったのですが、駅の西側に出たところに新しく店が出来ているという話が聞こえてきました。 店に入ってみると、中は大きなコの字型のカウンターがあっ […]

今やすっかりトレンディスポット「稲田酒店」@天満

  • 2018.03.22

ishさん、えて吉さんと北浦酒店@天六で飲んだ後、さて2軒目はどこにするかと天満まで歩きながら考えることにしたのですが、店を出てしばらくするとなんか腹が落ち着いて来たので、軽く摘んで飲むだけでいいかと思い、久々に天五中崎通商店街の稲田酒店さんに参りました。 私の本サイトでもかなり初期から掲載していた店ですが、昔はオッサンが静かに飲んでいるような落ち着いた雰囲気だったのに、最近は日本酒好きの聖地みた […]

今や焼きとんは女性に大人気「寅屋天満」@天満駅

  • 2018.03.03

開店してから数ヶ月は、夜に客が自分1人なんてこともあったぐらいだった「寅屋天満」さん。 しかし今や天満随一の人気店、夜は当然のように満員御礼、空いてるかと思ったら売り切れで店じまいなんて事が珍しくなくなってしまいました。 この日はたまたま、京都でのヤボ用を終わらせた後に天六で途中下車。天満市場での買い物を終わらせた後、何となしに店を覗いてみたらカウンターに空きがあったので、つい吸い込まれてしまいま […]

天満随一の安酒スポット「銀座屋」@天満駅

  • 2018.02.19

先々週、次女が通っている小学校がインフルエンザの流行で学級閉鎖。そして次女も予防接種を受けていたのにインフルエンザを発症してしまいました・・・ 土曜日は、もう熱はほぼ下がっていたけど当然出歩かせるわけにはいかず、気の毒だけど次女は家で静養。私は必要な買い物があったので天満までちょっと出かけました。 普通の時だったら、1人で休日天満と来たら昼酒をハシゴと行きたいところですが、さすがに用事を済ませたら […]

サク飲みに好適、天満駅前の立ち飲み「千歳屋」

  • 2018.02.16

相変わらず大阪では新しい立ち飲み店のオープンが続いている模様ですが、ルクアのバルチカに象徴されるように、ターゲットは完全に女性客にシフト、インスタ映えする料理と豊富な地酒、でもお値段は高めという店ばかり。 そんな時代になってしまうと、我々のような安酒大好き人間はどこへ行って飲めばいいのかと嘆くばかりですが、珍しくオッサンをメインターゲットにした立ち飲み屋が天満にオープンしていました。 場所は天神橋 […]

魚にスポットライトを当てた小資本系立ち飲み「じんべえ」@梅田

  • 2017.12.26

今や個人で飲食店を開業する場合は、ラーメンかカレーか立ち飲みかというぐらいに、いち業態として完全に定着してしまった立ち飲み店。 そして最近特に目立っているのが、ルクアのバルチカなんかがその典型ですが、資本系立ち飲み店の増加ですね。 資本系立ち飲み店に共通しているのが、女性でも入れるオシャレな雰囲気、インスタ映えしそうなキャッチーな目玉メニューの存在、種類は沢山あるけど値段高めの酒類というコンセプト […]

1 2 6