タイトル

スポンサー リンク

大阪市西部

酒仙房 金生  【千鳥橋 / 居酒屋

味:B+ CP:A+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市此花区梅香3-26-11 【MAP】

電話:06-6461-0164

営業時間:17:00-21:00

定休日:月曜・第3火曜

阪神千鳥橋駅から400mほど離れたところにあり、なおかつ平日は午後9時まで、日曜は午後8時までしかやっていないという、大変に間口が狭い居酒屋だが、予約のお客と常連で毎日ぎっしり席が埋まる人気店。

その理由は圧倒的なコストパフォーマンスで、活けの刺身類が400円台から、魚介類の天ぷらが300円台からという大衆居酒屋並のお値段でありながら、分厚い切り身が並んだヨコワの刺身はトロのように脂が載っており、軽く締められた脂ノリノリの「きずし」は1cm厚の巨大な切り身が6本並び、しかもたっぷり盛られた本物のワサビが添えられている贅沢さ。

しかも、殻に身がぎっしり詰まった生牡蠣が1個130円、あっさりとした味付けのプチプチイクラがどんぶりを埋め尽くすイクラ丼が880円m甘みたっぷりで苦味一切なしの美しいウニがひと舟分まるまる乗ったウニ丼が2000円以下とは、明らかに採算がおかしいレベル。ご飯もウニやイクラが邪魔に思えるほど美味しい。

調理ものも当然バッチリで、1本分まるまる揚げられた穴子の天ぷらは肉厚でフワフワ、皿にドッサリのゲソ天はレアな火通しで驚くほど柔らかい。牛肉のタタキは見事な霜降りの和牛がおごられ、自家製の銀ダラ西京焼きは甘さを抑えた味付けと濃厚な脂が日本酒とバッチリ合って止まらない。地味な焼きおにぎりだって、中フワフワ外カリカリのビッグサイズ2個でたったの300円である。

冬瓜のしらすあんかけやハモとキュウリの酢の物、がんもどきの煮物、白和え、大ぶりで素朴な焼き野菜などはどれも200〜300円台という小鉢値段なのに、意匠に凝った美しい中皿や深鉢に盛られたファミリーサイズで出て来て、そこに紅葉型の生麩や絹さやといったあしらいまで丁寧に添えられているのだから開いた口が塞がらない。なおかつ酒の方も極めて良心的で、ビール大瓶が500円、燗酒や焼酎ワンショットが300円、旬のうすにごりなどの地酒が300円台から楽しめ、酒器もまた凝った意匠で出されるるなど、欠点が全く存在しない奇跡のようなお店である。

(13/04/19 更新)

さのや  【大正 / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区小林西2-15-35 【MAP】

電話:090-9274-7663

営業時間:16:00-22:00

定休日:火曜、月曜不定休

大正区の南側奥深く、中央中学校バス停から100mほど西に入ったところに、目を皿のようにしないと見えない屋号が壁に書かれているだけという、極めて不便なロケーションにあるにも関わらず、常に女性や若者を中心に客がぎっしり埋まる人気の立ち飲み店。

その理由は、ミナミの超人気店である「丑寅」で働いていた女性が店主になっている事で、丑寅と同様に質の高い素材をシンプルに、かつ幅広い調理法で提供し、値段は丑寅からさらにお安いと来れば人気が出ないはずがない。ウニがたっぷりの冷製茶碗蒸し、開いた海老を使った甘くてサクサクのフライ、霜降りの和牛ハネシタをレアに炙ったガーリック焼き、レアに焼かれた臭みなく大ぶりの鶏肝や鶏ハツ串焼き、鮎の香りと苦味が活きるリエット、ホクホクとした分厚い鱧の白焼き、レーズンとさつまいもが入った自然な甘さのかぼちゃサラダ、良質なハムがふんだんに入ったのウスイエンドウ卵とじなど、だいたいアテは100円から300円までの間、玉子がいっぱいのポテサラが90円、活けの車海老塩焼き、大羽のイワシをまるまる使った梅肉揚げが120円、長さ30cmはありそうな穴子天が380円、巨大な大皿にハムと野菜がてんこ盛りの野菜サラダが380円、中トロでもたったの500円という、”味は丑寅・値段は得一”レベルなのだから驚愕するしか無い。

中でもオーダー必須なのは刺し身の盛り合わせで、エッジが立ったヨコワ、血の味が濃いマグロ、新鮮なイワシ、甘いケンサキイカ、プリプリのイタヤ貝、絶妙な火通し加減のタコなど、その日の仕入れによって選りすぐりの海鮮が美しく盛られて800円程度と、目にも舌にも、そして財布にも嬉しい一品である。

酒も冷蔵庫には選りすぐりの地酒が入っているし、サッポロの赤や黒まで揃ったビール中瓶が390円、焼酎は290円から、泡盛の残波が350円と十分安い。さらには缶チューハイや缶ビールまで290円であったりするのだから、酒の種類に困ることはないだろう。

(16/08/05 更新)

クラスノ  【大正 / 居酒屋

味:C+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家東1-3-11 【MAP】

電話:06-6551-2395

営業時間:16:00-22:00

定休日:土日祝

もはや大阪ののんべえで名前を知らない人はいないとも言える、大正駅前の名物居酒屋。

闇市時代の香りを色濃く残す飲み屋街にある店は、中の雰囲気も戦後の昭和そのまんまで、もしゲートルを巻いた復員兵が店にいたとしても全く違和感は無いはず。そしてアテの値段ももちろん昭和で、2代目ご主人が作る甘めのダシが利いた巨大なだし巻が270円、一串で十分にボリュームがあるレンコンの肉詰めやエノキのベーコン巻といったくわ焼きが2本で220円、皿に文字通りのてんこ盛りで出されるゲソ天や椎茸のホイル焼きが320円、ケチャップマヨソースが懐かしい串カツや手羽先、鶏肉フライも2本で220円と超激安。そして、自家製マヨネーズを絡めたたっぷりした生野菜や湯豆腐も120円とは正に脱帽の一言。ビール大ビンの値段こそ500円だが、120円相当の小鉢物がお通しで付くので死角無し。

追記:現在のご主人が伝説のだし巻きを復活された。その息子さんも厨房に立たれ、3代続けて受け継がれているのは嬉しい限り。

(14/09/11 更新)

弘豚社  【京町堀 / その他・買い物

味:C+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区京町堀2-6-27 【MAP】

電話:06-6448-1266

営業時間:6:00-18:00 土曜7:00-18:00

定休日:日祝

精肉の卸売業を営む会社がやっている直営の小売店。

もちろん普通の精肉は安くて種類が豊富なのだが、B級グルメ的に一押しなのが「京町コロッケ」。店のある京町掘から取られたネーミングのコロッケは、ざっくりした衣にミンチ肉がたっぷり入った大型サイズでたったの50円と脅威のプライス。味はそれほど甘くなく、玉ねぎの風味が素朴でご飯のおかずに相性良し。そしてコロッケ同様家庭的な味のミンチカツは、100円という安値ながら十分に定食のメインを張れるゲンコツ大のボリュームが見事。プリッとしたエビが入ったエビカツ(70円)もおいしい。

またここは弁当類も充実しており、一番人気のカツサンド(380円)は1cm近くある分厚いトンカツが挟んであって食べ応え満点。ただ、冷めてると今いちなので電子レンジで温めてから食べるべし。

(08/05/07 更新)

麺や拓  【西大橋 / ラーメン(大阪)

好み:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区北堀江3-5-2 【MAP】

電話:06-6534-0251

営業時間:11:00-14:00 18:00-22:00

定休日:日曜

店名からすると、天満の天四郎に続く「麺や輝」の5号店に見えるが、実は完全に輝から独立した店なのだそうだ。09年7月のオープン直後は輝と同じようなメニューだったそうだが、今は濃厚ラーメンとWラーメン、そしてつけ麺の3本立てになっている。

新看板の濃厚ラーメンは、天神旗ばりの濃厚豚骨スープに魚粉と醤油ダレがガッツリと加わったキツ目の味付けで、どちらかと言えばバランス路線だった輝とは異なる、関東的なインパクト重視の一杯。具はほろりと崩れる大きくて分厚いバラチャーシューが2枚にしっかり味付けされたメンマと、スープに負けない迫力で食べ応えは十分、若干細身の麺も意外とこの濃厚スープにマッチしている。「Wラーメン」とつけ麺は、濃厚に比べると輝本家に近いタイプの豚骨魚介ダブルスープだが、こちらも豚骨と魚介がより強調されていてパンチを感じる味わいだ。ただ、つけ麺は輝の伝統なのか(?)タレが少なめなのにラーメンと同じ量のチャーシューが麺の上に乗っかっており、最後は確実に冷めてしまうのがちと残念。

ランチタイムは高菜ご飯が+50円で、しょうが飯またはチャーシュー飯が+200円で付くサービスあり。

(09/08/26 更新)

ホルモンBarおかだ  【大正 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家西1-25-10 【MAP】

電話:06-6553-2359

営業時間:16:00-22:00 日祝14:00-22:00

定休日:第2・4火曜日

https://twitter.com/horumonbarokada

JR、地下鉄大正駅の南側にある、和牛ホルモンの様々な料理をメインにした立ち飲みのバー。

ホルモンの刺し身は日替わりの数量限定で用意され、綺麗にサシが入ってネットリ官能的なハラミ(950円)、まず普通の店では見られない肉厚でみずみずしい生センマイ、モチモチと生臭みの無いレバーのようなチレ(膵臓)が500円、サクサクとした歯ざわりとトロンとした食感が不思議と両立しているミノは480円と、クォリティに比較して格安な品ばかり。焼き物も同様に厳選された品が並び、脂の乗ったゲタ、肉厚で滋味深いタン、ハツなどホルモンだったら400円台とこちらもリーズナブル。そして絶対に外せないのがホルモン串で、柔らかく下茹でしたハチノスやメンブレン、ハツ、フワ、テッチャン、小腸、ミノなど様々な大ぶりの部位がタレで串焼きにされており、1本120円という激安値段から想像もできない豊かな味わいである。

また、ホルモンを使った一品料理が豊富なのも特色で、柔らかくレアに揚がった和牛ハラミのカツにドミグラスっぽいソースを絡ませた絶品のカツサンド(1100円)は2人で食べてちょうど良いぐらいにボリュームがある豪快な品。サガリのローストビーフ(600円)は外側に軽く火を入れた中はほとんど生というデリケートな仕上がりで、歯が全く抵抗なく入るソフトな歯ごたえに驚く。480円のレバカツは極レアな火通しでみずみずしく、350円のすじポンも歯ごたえを残したスジ肉がてんこ盛りである。トロトロの牛タンがぎっしり入ったタンシチュー(600円)、同じくホロホロのスネ肉とワインたっぷりの欧風カレー(550円)など洋食メニューも本格的。ただしどの品も売り切れゴメンなので早めの時間帯に訪れたい。

そしてBarと名付けられてるだけあって酒の種類は豊富。ビール(生400円、中瓶450円)、焼酎(350円〜)、日替わりで数種類揃うワイン(グラス350円〜)、シングルモルト、ブランデーなどを取り揃えている。

(14/12/05 更新)

お多福  【野田阪神 / 居酒屋

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区吉野2-13-14 【MAP】

営業時間:10:00-22:00 日祝8:00-22:00

定休日:水曜

野田阪神の交差点から、野田新橋筋商店街を進んだ少し脇にある、創業60年を誇る超レトロな大衆居酒屋。しかしコの字のカウンターはこじんまりとしていて椅子の高さに比べてカウンターが低く、なんとなく全体的にミニチュア感があるのが面白い。営業は何と朝からやっていて、夜は2代目の息子さんが腕をふるう。

料理は刺し身、焼き物、揚げ物と一通り揃っているが、意外と凝った料理がチラホラ混じっていて、タコと海苔を混ぜ込んだオムレツにおでんダシをかけた「明石焼き風オムレツ」、タラコと炙ったしらすが入ったタラコオムレツ、味噌とゴマ、青じそでアジを細かく叩いたなめろう、コーンが入ってトマトと生玉ねぎ、ジュレで食べる豚のパテ、きめ細かいコチの卵を使った煮付け、しょうが餡をかけた里芋まんじゅう、炙って出されるたらこの粕漬け、豚足は身だけをほぐしてバーナーで仕上げたり、朝引き鶏のタタキは注文からモモ肉を焼いて氷水で締めたりと、茶髪で白シャツのお兄さんが狭い厨房でコマネズミのように動いて作ってくれる。それでいて、多くの品が300円、たまに400円という値段なのだから格安である。

もちろんスタンダードな品も揃っていて、ちゃんと天つゆが付いてくるホックリしたアナゴ天やタコ天、ブリやタコなどの刺し身も新鮮、ほんのり甘めのおでんも滋味深く、白身魚のフライも冷凍じゃなくて手作りでほっこりと旨し。酒はビール大瓶が440円、焼酎が300円、チューハイが270円、酒が260円と座り飲みとしては十分リーズナブルである。

(16/08/19 更新)

山長  【北加賀屋 / 立ち飲み

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市住之江区北加賀屋5-2-11 【MAP】

電話:06-6681-2025

営業時間:16:00-21:00

定休日:日祝

新なにわ筋と南港通の大きな交差点に面した、「山長」と記された紺色の大きなのれんが目印の角打ち。歴史を感じる古びた店ながら店内は意外と広く、ピーク時には20人以上の客でぎっしり埋まる人気である。

客に港湾や工場で働く人達が多いせいかアテは意外とガッツリ系が充実していて、酢味噌でいただくシャッキリとした歯ごたえの生センマイ、甘辛くこってり焼かれたホルモン串、珍しく赤身が全く無いメンブレンのみのスジ肉煮込みにはニンニクが添えられ、甘辛く煮込まれた赤魚の煮付けは1匹まるまる出て来る。もし店にあればオーダー必須なのが牛レバー。低温調理でうっすらピンク色に染まったレバーは、フォアグラのように甘く溶けてなくなる逸品である。

ネギ、しょうが、ニンニクがどっさり盛られるカツオの叩き、サバの旬である冬場にしか作らない脂が乗ったきずし、旨味十分のハモ落としなど、刺し身系も種類は少ないが上質。そして年中用意されるおでんは定番の具材の他に、同じくプルプルメンブレンの牛すじや、トロトロの九条ネギがたまらないネギマ、昆布とネギがたっぷりかけられて出て来る豆腐、粗挽きウインナーが3本刺さったものなんかもあってこれが意外な人気だったりする。ダシは比較的しっかりした味付けで酒が進む。

値段が記載されたメニューは全く無くて値段は角打ちにしては少し高めだが、しっかり飲み食べしても2000円は行かないはず。アテのクォリティを考えれば格安と呼べる名店である。

(15/11/13 更新)

こんぴらさん  【野田阪神 / うどん・そば

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区大開1-14-5 【MAP】

電話:06-6463-3595

営業時間:9:30-19:30

定休日:無休

野田阪神駅前、野田阪神本通商店街にあるカウンター席のみのうどん店。尼崎や鶴見橋にも系列店があるそうだ。

うどんは、茹で置きを注文後に温めなおしてすぐに出される、いわゆる「立ち食い」スタイルだが、店の中には製麺機が置いてあり、随時うどんが湯掻かれて茹で置きの麺がストックされるシステムになっている。メニューには一応「釜玉」という品はあるが、麺が釜揚げではなくて「茹で置き温めなおし生卵かけうどん」になってしまっているのがご愛嬌(笑)。しかし茹で置きでも麺にはモチモチとしたコシが残っており、ダシもバランスが良くておいしく、かけ(こんぴら)うどんで260円という値段は質を考えれば格安。おにぎりも2個で140円とこれまた安い。かやくご飯は220円と少し高めだが、ほんのりした甘さのダシが良く効いていて大変美味しい。

そして、夏場に是非味わって欲しいのが「ざるうどん」(450円)で、茹でたてを水で締めた麺は、ピシッと立ったエッジとツルツルとしたのど越し、程よいコシと伸びを感じる非常にレベルの高い麺で驚かされる。値段は安くないが麺のボリュームはたっぷりしているので、クォリティを考えたら特筆すべきコストパフォーマンスである。

(10/06/01 更新)

北京飯店  【野田阪神 / 中華料理

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区大開1-2-9 【MAP】

電話:06-6461-3505

営業時間:11:30-23:40

定休日:月曜

野田阪神駅から西へと伸びる野田本通商店街にある、見た目は典型的な大衆中華店。

まず一押しは14時半までやっている660円の日替わりランチやAセットで、日替わりはイカ天や海老天などの揚げ物・ニラ玉炒め物などおかずが3品に加え、ライスとスープが付く豪華さで、それぞれの味が干渉しないように器を別にしたり、網を皿の上に置いてある細やかさが心に染みる。夜も頼める760円のAセットには、どっさりの海老天に酢豚、ふんわりした玉子焼き、揚げ餃子にポテサラが載っていて、日替わりよりもさらにボリュームがアップ。ラーメン単品も320円と激安で、あっさりたっぷりの鶏ガラスープにシコシコとした麺、きちんと仕事がされたチャーシューとメンマが乗っており、値段からは想像も出来ない本格的な味わいである。

味は店の見かけに似合わず(?)油・調味料控えめのあっさり味で、ふんわりと炒められたチャーハンの皿を見ても油がほとんどついてないのには驚かされる。天津麺と半チャン、天津チャーハンといったメニューに載ってない裏メニューも豊富なようで、通うといろいろ楽しみが増えそうな店だ。

(10/08/18 更新)

市松庵  【西本町 / ランチ特集

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区西本町1-12-5 【MAP】

電話:06-6531-0617

わずか数席のカウンターのみという小さな飲み屋さんのワンコインランチ。

メニューは、とんかつ&エビフライを始め、出し巻、塩鯖、刺身などいくつか日替わりで数種類揃っている。おかずは作り置きでボリュームはさすがに値段相応だが、有機米を使用したおいしいご飯が大盛り無料(お代わりは100円)で、ダシと味噌の香り高い味噌汁が大ぶりの碗にたっぷりなのが嬉しい点。

ただ、とんかつ系などの人気メニューは昼前に売り切れる事すらあるので、出来れば早めの時間に行きたいところ。夜も焼酎や一品が300円程度とこちらも格安のようだ。

(08/05/14 更新)

炭火焼肉・英(はなぶさ)  【土佐堀 / ランチ特集

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区土佐堀3-2-8 【MAP】

電話:06-6441-7656

営業時間:11:30-14:00 17:00-22:00

定休日:日祝

夜は300円台からメニューがある激安焼肉店のランチ。

看板の「ランチ」(700円)は、皿にたっぷり盛られた生野菜の上に、一口ビフカツ2枚と厚さ5cmのハンバーグが半分、それにエビフライとロースハムが乗る賑やかさで、ご飯もたっぷり漬物は取り放題という素晴らしい内容。ランチと人気を二分する炭火焼のステーキ定食(750円)も、200g近くはありそうなアメリカンなサイズで嬉しくなってしまう。チキンカツ(600円)やトンカツ(670円)はずっしりと肉厚で、カツカレーも深皿の縁が見えないぐらいにスジ肉がゴロゴロ入ったルーとご飯が溢れている。味は全体的にそれなりのレベルだが、この値段で肉一杯・腹一杯になれるのだから、昼時の行列にも納得だ。

(07/07/23 更新)

居酒屋ななし  【新町 / ランチ特集

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区新町1-29-18 【MAP】

電話:06-6536-1828

営業時間:11:30-14:00 18:00-23:00

ランチタイムに提供されるワンコインの定食は、サバの味噌煮と塩焼きに、日替わりでとんかつ&イワシフライやミンチカツなどが出る揚げ物、焼きそばや豚焼肉といった炒め物の4種類に、小鉢1つと漬物が付く内容。

おかずの量や質はごくありふれたものだが、500円という値段に見合わぬおいしいご飯が食べ放題なのが特筆すべき点。これもお代わり自由な味噌汁も、味に手を抜いていない。当然ながら開店から待ち客が出るほど人気が高く、12時過ぎにはご飯切れで閉店というのも珍しくないので、出来れば午前中のうちに訪れるのが吉。

(07/03/23 更新)

白雪温酒場  【九条 / 居酒屋

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区九条3-29-12 【MAP】

電話:06-6583-0736

営業時間:17:00-23:00

麒麟麦酒の古いポスターや店で使っている七輪や文化なべが象徴するように、まんま昭和の匂いを感じさせる伝説の居酒屋。

店には一切メニューが無くて、周りが食べている物やカウンターにある物を頼むしかない。惣菜や煮物は総じてひなびた味わいだが、カニや刺身は新鮮そのもの。冬なら味噌ダレがかかった湯豆腐を是非。もちろんどこにも値段は書いてないが勘定は安い。ビールの大ジョッキは今時珍しいぐらいの本当の大である。常連さんによると2日に1度はあるという自家製厚揚げも外せないところ。

追記:何と店が一新されてステンレス張りの厨房になり、メニューまでもが完備されたようだ。あの空気感が無くなったのは寂しいが、内容は今まで通りだそうで一安心。

(11/03/31 更新)

どて焼き・串カツ 塩政  【朝日橋 / 居酒屋

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市此花区朝日1-9-1 【MAP】

営業時間:17:00-21:00

定休日:日祝・不定休

阪神西九条駅と千鳥橋駅の間、朝日橋のたもとにあるカウンター8席のみ、老姉妹2人で仕込み、妹さん1人が営業を切り盛りされている串かつ屋。ネタが保管されている冷蔵庫は裏口を開けた戸外に置いてあるし店内にトイレは無いしで、限りなくオープンエアー状態な昭和遺産店。

名物は、すりおろした山芋をフワフワに丸く揚げたもの(300円)で、ネットリホッコリした食べ応えはここでしか味わえない銘品。それ以外のメニューは全て100円均一で、どて焼きは少し臭みはあるが、コリコリとしたメンブレンとホロホロと柔らかい肉スジのコントラストが楽しく、100円とは思えないボリュームに感嘆。

串カツはエビやホタテなどの海鮮が豊富で、身が10cmほどはあるサイズのキスやイワシに、厚さ1cmで輪切りにされた玉ねぎ、ホクホクのニンニクなんかも5かけまとめて刺さっているサービスぶり。薄く広げて冷凍された状態で紙のように揚げられた牛串もユニーク。カリカリとした固めの衣と、ストレートなウスターソースが何ともチープで店の雰囲気に合っている。

飲み物は瓶ビール(500円)と日本酒、ウーロン茶のみ。一応、店の定休日は日曜祝日になってはいるが、大雨の日など主に天候が原因で不定休が多いので要注意の事。

(13/04/05 更新)

グリルキムラ  【土佐堀 / 洋食

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区土佐堀3-2-8 【MAP】

電話:06-6441-5246

営業時間:11:00-14:00 17:00-21:00(土曜は昼のみ)

定休日:日祝

たまたまなのか関係があるのか、おひつご飯+細切れ肉の焼肉+半熟玉子焼きというニューハマヤスタイルの焼肉定食があるレトロな洋食店。

しかし、こちらは650円と安い上に肉の量が多く、付け合せもキャベツに加えてレタス・トマト・きゅうり・ポテトサラダと充実、漬物も塩昆布に梅干、細切りたくあんと賑やかでかなりのお得感。それ以外のメニューも豊富で、木の葉型のクリームコロッケが3つ乗ったコロッケ定食や本格的なドミグラスソースがかかったトンカツ定食(いずれも650円)、生臭さが全く無い鮮魚フライ定食(730円)、さらには幅広いバリエーションのおかずが3品付く日替わりランチ(650円)もおいしく、ニューハマヤのようなキワモノ(笑)じゃなくて純粋に優良B級グルメ店として評価出来る店だ。

(07/07/30 更新)

火の来間 大正店  【大正 / 立ち飲み

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家東1-4-15 【MAP】

電話:090-5057-3639

営業時間:17:00-23:00

定休日:日祝

アクセス:JR大阪環状線・大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線大正駅を出て、すぐ北側にある狭い路地の中(笑)。

http://www.geocities.jp/hinokuruma_s/

ここの特色は十四代や越乃寒梅、焼酎の森伊蔵、百年の孤独といった、酒屋はおろか有名百貨店でも見つけるのは難しい幻の酒が格安で飲めるところ。関西では珍しいホッピーもあったりしてのんべえにはたまらない店である。酒肴も簡単ながら手作りのものも多い。あらかじめ1000円単位でチケットを買い、そこから使用分をお店に渡すシステムが独特。

北浜などに支店があるが、大正店ほどCPは良くない。

(2004年以前のデータ)

沖縄ホルモン ok−h(宮城ホルモン店)  【大正 / 立ち飲み

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区平尾5-10-15 【MAP】

電話:06-6551-9978

営業時間:11:00-19:00

定休日:月曜・第3日曜

以前は、経営者の名前を取って宮城ホルモン店という名前で呼ばれていたが、宮城県とは関係ない沖縄風である事を全面に出すために改名したようだ。

オープンエアーの店に中には大きな鉄板が据えられ、客は鉄板の脇で焼かれてから串に刺してくれる豚のホルモンを食べるという、西成の「やまき」とほぼ同じ風景。持ち帰りにすると、豆腐に使うようなパックに入れてくれるところは、マルフクのようでもある。

メニューは、ホルモン(腸)とアブラミ、レバーが1本60円、ハラミが110円となっており、飲み物が320円の缶ビール(もちろんオリオン有り)、220円の缶チューハイ、日本酒、ソフトドリンクとなっている。時節柄中毒対策なのか、肉はかなりしっかり目に焼かれてあり、プルプルしたアブラミ以外は歯ごたえがやや固め。タレは醤油が勝った塩気の効いたさっぱり風味で、ついついビールをもう1本と行ってしまいたくなる味である。

(11/11/02 更新)

ホルモンちから  【大正 / 立ち飲み

味:D+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区泉尾2-12-15 【MAP】

営業時間:15:00-19:30

定休日:月曜

大正区の泉尾商店街脇にある、立ち食い&持ち帰りの串ホルモン店。メニューは1本60円のホルモン(豚の腸)とキモ、1缶300円のビールのみのこれ以上ないシンプルさ。

店の前に置かれた鉄板の上で、大量のホルモンとキモが焼かれ、鉄板の上に置かれたパットの中にはタレとおろしニンニクが入っていて、客は好みで串をタレにつけて食べ、会計は食べた串の本数で計算されるシステム。料理もシステムも今池の「やまき」とほぼ一緒だが、おそらくこちらのほうが元祖だろう。

しっかり目に焼かれるホルモンとキモは串にたっぷり刺さっていて食べごたえは十分。タレは同じ大正の宮城ホルモンなどに比べると比較的あっさりで、ニンニクの効きもやまきに比べてライトな感じと、店はディープだが比較的万人受けする味になっている。土日などは草野球帰りの兄ちゃんたちでごった返す人気になる。

(15/07/17 更新)

十六番  【新町 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区新町4-3-4 【MAP】

電話:06-6543-0915

営業時間:11:00-22:30 祝日11:00-21:00

定休日:日曜

大阪では山長と並び賞される、魚介系スープに平打ち麺という尾道ラーメンを出す代表店だが、こちらは店の雰囲気やラーメン、定食のキムチにもあまり求道的な印象は感じられず、肩肘張らない気軽さが感じられる。

が、実はチャーシューにもち豚を使ったりダシの材料は現地産にこだわるなど中身は深く、一見何の変哲も無く見えるラーメンを一口食べてみると全体的な味のバランスが何とも絶妙で、食べ終わった後に何の疑問も無く「あ〜おいしかった」と思ってしまえるだけの底力がある。普通のラーメンであってもチャーシューがたっぷり乗るサービス精神も嬉しいところ。ラーメン650円より。ランチライムにはご飯とキムチがついて730円に割引される定食サービスあり。

(05/05/31 更新)

麺一盃  【塚本 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西淀川区柏里2-1-24 【MAP】

電話:06-6195-5870

営業時間:11:30-14:00 18:30-22:00 土11:30-14:00 18:00-24:00 日月曜

定休日:月曜

https://twitter.com/mennippai

JR塚本駅すぐ近くの場所にあるカウンター席のみのラーメン店。メニューは基本的の正油こってりと正油あっさり(各700円)の2種類。サイドメニューはご飯のみで、平日のランチタイムは無料で1杯サービスになる。あと、限定で冷やしラーメンやシンタンメンといったメニューも季節ごとに用意されている事が多い。

こってりは豚骨、鶏ガラ、モミジを濃厚に煮出した白濁スープで、歯ごたえのある平打ち麺、肩ロースのホロホロとしたチャーシュー2枚、海苔、メンマ、そして珍しく生玉ねぎの薄切りが載る構成。良い意味で天下一品から旨味のみを抽出したような味わいでとても美味しい。玉ねぎの効果は個人的にはあまり感じないけど、チャーシューもメンマも丁寧に仕込まれていて完成度が高い。

あっさりの方は、鶏ガラと魚介ダシを使った澄んだスープ。ほんのりとした甘みと、強い煮干しの旨味を感じるがエグみや苦味は一切なく丁寧な下処理が伺える。こってりとは麺とチャーシューが同じで、こちらは白ネギとナルトが載っているのが特徴。

(14/07/11 更新)

らーめん小僧  【福島 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区福島3-8-10 オーセンティック東船場U1F 【MAP】

電話:06-6453-3436

営業時間:11:00-15:00 18:00-23:00

定休日:日曜

https://twitter.com/kozouramen

新福島駅の南側、住宅地の路地の中に埋もれたようにあるラーメン店。民家を改装した今どきのコジャレた雰囲気とは裏腹に、巨大な圧力鍋で徹底的に豚骨を煮出した濃厚スープが売り物。

そのままストレートな名前の「極濃豚骨らーめん」(750円)は、あの「無鉄砲」以上の粘度を感じる超濃厚ドロドロ豚骨スープで、卓上にあるゴマをふりかけても全く沈む様子が見えない。しかし意外と雑味が無くてきっちり効かせた醤油ダレの効果でスルスル食べてしまえる。麺はミネヤ食品製のブリッとした縮れ麺で、具はきくらげ、チンゲンサイ、ネギ、天一風な固めのモモ肉チャーシューという構成。同額の「魚×豚骨らーめん」は、純とんこつよりは食べやすいスープだが、鯖節の魚臭を感じるぐらいに魚介出汁も濃厚でパンチ力は十分。

300gまで同額、それ以上は追加料金が必要な850円のつけ麺は、ドロドロ豚骨スープと魚介スープがブレンドされて純豚骨ほどの濃厚さは無いが、極太ストレート麺にびっちり絡んで途中でタレが無くなりそうになるほど。タレに酸味はつかず、麺の上に置かれたレモンを各自加えて調整する。具は薄切りにされたチャーシューが中に沈んでいるぐらいで、値段を考えるとやや寂しさは否めない。

サイドメニューはチャーシュー丼や各種トッピング増量、辛ダレ、卵黄、マヨネーズなどいろいろある。まぜそばなどの限定メニューも時々あったりするので、公式Twitterをフォローすべし。

(14/11/07 更新)

らーめん香澄  【阿波座 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区京町堀2-12-13 【MAP】

電話:06-6443-0807

営業時間:11:30-14:30 18:00-21:00 土曜11:00-15:00

定休日:日祝

靭公園の西端に面するあみだ池筋を少し北側へ行ったところにある、煮干しを売りにしたラーメン店。

醤油ベースのラーメン(750円)は軽く苦味とエグみを感じるぐらいに煮干しの旨味がドカンとせり出し、そこに背脂のコクが加わる厚みのある味わい。麺は平打ち気味のグミグミした食感の太麺でスープの強さに負けていない。メンマやレアチャーシューにもしっかり味が付けられていて、魚介系ながらも非常にバランスが取れているところに店主のセンスが感じられる。

まぜそば(800円)は、ラーメンと同じ麺に角切りレアチャーシュー、メンマ、青ネギ、白髪葱で韓国唐辛子が軽く散らしてある。豪快な見た目に反して味は繊細で、タレは煮干しがしっかり効いた香味油の存在は感じながらも、甘辛いまろ味でまとまっていて嫌味が無い。麺量もチャーシューもたっぷりでしっかり1人前で満足できるボリューム。テーブルに置いてある味変化用の酢にまで煮干しが漬け込まれている徹底ぶりに驚く。

(14/12/19 更新)

中華そば 松  【阿波座 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区靱本町3-10-21 奥内阿波座駅前マンション1F 【MAP】

電話:06-6447-6006

営業時間:11:00-15:00 17:00-22:00

定休日:日曜

地下鉄阿波座駅から北東すぐのところにある、自家製麺と書かれた黄色い看板が目印のラーメン店。

メニューは極めてシンプルで、650円の「中華そば」と、850円の肉増し・玉子付き「特製中華そば」、それにサイドメニューで唐揚げとチャーシュー丼のみという構成。中華そばと唐揚げハーフ、ライスがセットになった「松セット」と、中華そばとチャーシュー丼の「竹セット」が850円、中華そば、唐揚げハーフ、ビールの「梅セット」が1250円と割安になっている。

ラーメンは背脂が浮いた醤油スープに中太の低加水ストレート麺、多めの薄切りチャーシュー、青ネギ、メンマと京都風を思わせるビジュアルだが、スープは塩気が強めながらほのかな酸味と甘さを感じる繊細な美味しさがあり、自家製麺もシコシコと歯ごたえが良く、ノーマルで5〜6枚入ったチャーシューは肩ロースで肉味が濃く、全体的にレベルの高さを感じる一杯だ。

モモ肉を使った唐揚げは1個がゴロッと大きく、醤油の下味しっかりでジューシー、卓上には粗挽き塩コショウ、マヨネーズ、ポン酢が置いてあって味を変えながら食べられるのが嬉しい。ビールに合うのはもちろんだが、美味しいご飯と食べてもバッチリだ。

(16/09/02 更新)

わすれな草  【肥後橋 / 立ち飲み

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-14-1 平和相互肥後橋ビル102 【MAP】

電話:06-6445-7557

営業時間:11:00-14:30 17:00-24:00 土曜16:00-22:00

定休日:日祝

ランチタイムにはトマトが効いたチキンカレー、夜の立ち飲み営業では1匹180円の活車えびのおどりが有名な店。

その戦略メニューのおどり以外は、一品が280円から、酒は小さ目の中ジョッキが380円と酒飲みには少々厳しい内容だが、臭みの全く無いホルモン煮込みや生レバー、刺身や焼き物といった海鮮ものも素材のよさが感じられ、清潔感のある店内と相まって、B級初心者や女性でも安心して使える店なのは間違い無い。締めには昼のカレーを使ったリゾットをどうぞ。

(06/05/31 更新)

バンブルビー  【靱本町 / カレー・エスニック

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区西本町1-14-2 住吉ビル1F 【MAP】

電話:06-6534-0894

営業時間:11:30-15:00 土曜11:30-16:00

定休日:土日

http://www.maido.zaq.jp/bumblebee/

外見は小さなバーか喫茶店風の店だが、非常にレベルの高いカレーを出してくれる店。

南インドのサンバルを思わせる日替わりの野菜カレーや、シナモンとカルダモンの香りがガツンと来るキーマ、穏やかなスパイス使いのチキンと、どのカレーも大変にスパイスのメリハリがあって完成度が高く、チキンカレー単品なら500円という値段は破格といっていいCPだ。まずは3種類が同時に味わえる700円の3色カレーで違いを楽しんでみよう。

(06/09/20 更新)

KALUTARA(カルータラ)  【肥後橋 / カレー・エスニック

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-15-9 フラッグス肥後橋1F 【MAP】

電話:06-6447-6636

営業時間:11:30-14:30 18:00-21:00(夜は要予約、土曜は14:00まで)

定休日:日祝、第4・5土曜

http://www.kalutara.net/

北インド料理が主流の日本では珍しい、ランペやゴラカといったスリランカ独特のスパイスを使ったカレーを食べさせてくれる店。

定番のチキンやビーフ(各750円)の他に、日替わりで豆やきのこのカレー(チキン・ビーフとセットで700円)、不定期(スケジュールは公認サイト参照)で月2回ほど出されるカニカレーやエビ・カニのカレー、マトンカレー、デビルチキンとなすのサンバルなどのおかずが付いたスリランカランチなど、訪れる人を飽きさせない工夫が嬉しい。

カレーは、あまりスパイスがとがっていないココナツミルクのコクを活かした優しくてサラッとした味わいが特徴的で、モルジブフィッシュの旨みが効いた日本人にも親しみやすいタイプ。カレーにはオリジナルの野菜のピクルスや唐辛子入り鰹節のカッタ・サンボラ(別売り50円)を加えると、より味に深みが出てうまい。食後には、スリランカのキトゥルというシロップがかかったヨーグルトが付いて来る。

(09/01/09 更新)

上田温酒場  【野田阪神 / 居酒屋

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区大開2-11-4 【MAP】

電話:06-6462-3489

営業時間:17:30-20:00

定休日:土日祝

野田阪神本通商店街のかなり奥まった場所にひっそり佇む、本物レトロな昭和遺産店。メニューは、メインのおでんの他には、どて焼きやたこぶつなど数種のアテがあるだけというシンプルそのもの。

店を1人で切り盛りする女将さんが付きっきりで世話をしているおでんは、ねぎまや湯葉といった品を除けばおよそ100〜150円。四角い鍋には1種類につき2個ずつぐらいしか種が入っておらず、無くなったらその都度既にある程度煮込まれている具材を足していくのがユニーク。継ぎ足しで使われているらしいダシは、見た目は相当黒いが天然のカツオだしが効いた滋味あふれる薄味で、前割りをした焼酎や日本酒がよく合う。おでんと同様に、注文ごとに温め直されるトロトロのどて焼きも絶品である。

女将さんは、ちょっと客あしらいがぶっきらぼうなところがあるが、白ネギがトロトロになったねぎまには塩が合いますよ、とアドバイスしたくれたり、種の煮え具合をお客さんに聞いてみたり、プリプリのたこぶつは注文の度に刻むなど、料理に対する真摯な姿勢が伝わって来て、大阪の下町ではあるがどこか江戸っぽい空気を感じる名店である。

(13/01/25 更新)

洋食なにわ亭  【阿波座 / 洋食

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江之子島1-6-2 奥内第8ビルB1 【MAP】

電話:06-6445-8638

営業時間:11:00-22:00

定休日:日祝、土曜午前

地下鉄阿波座のすぐ北にあるビルの地下という分かりにくい場所ながら、昼時にはサラリーマンが次々に吸い込まれていく人気店。

定食はほとんどが700円〜750円の価格で特別安いわけじゃないが、ロースの薄切りとキャベツ、もやしがジュージューと音を立てて出てくる牛ロース鉄板焼に、日替わりのタレでたっぷりのハラミが焼かれるA定食、日替わりでゴロリと大きなミンチカツやざっくり大ぶりのヒレカツがセットで出たりする揚げ物主体のC定食、大きな丼に肉が二重三重に盛られる焼肉丼など、どれもガッツリのボリュームと肉質が両立しており、食後に気持ち良く財布からお金を出せる店だ。魚主体の和定食も、肉に囲まれて目立たないが内容はかなりの充実度でお薦め。

(07/10/29 更新)

ホルモン居酒屋 とんちゃん  【野田阪神 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区大開1-8-4 【MAP】

電話:06-6466-7251

営業時間:17:00-23:00

定休日:日・月

野田阪神駅から北港通りを南西へ行った、福島区役所の南側にあるホルモン焼きの店。居酒屋と接頭語がついているように、韓国系の一品ものからホルモン焼き、そしてちりとり鍋を使った鉄板焼きなどメニューは豊富。

その中でもメインはホルモンの数々で、最も高いのがハラミの700円で、その他は全て450〜500円と非常にリーズナブル。好きな3品をセットにして1200円、+ハラミで1500円というお得なセットもある。

ホルモンはどれもなかなか新鮮で、売りのハラミはやや固めの肉質ながら非常にジューシー、ミノやアカセンはサクッとした歯ごたえで旨み十分、大ぶりのレバーも生で行けそうなぐらいに臭み皆無。韓国風の甘めな味噌ダレと、酸味のあるつけダレ、ニンニクたっぷりのコチュジャンのハーモニーで思わず大盛りメシをワシワシ行きたくなってしまう。

グループであれば、ちりとり鍋にたっぷりの野菜とキノコ、キムチ、甘辛ダレが入ったセット(780円)の中に、ホルモン単品を組み合わせて入れる鉄板焼きもお薦め。当然、最後はご飯かうどんを入れて、鍋のタレと絡ませて腹いっぱいの締めくくりでどうぞ。

(12/12/07 更新)

ミヤコ  【大正 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家東1-4-11 【MAP】

電話:06-6551-6538

営業時間:17:00-21:30

定休日:日祝

店頭の「VARIETY MEET」と添えられた看板とタイル張りの外見からして精肉店や洋食店に見間違えそうなルックスだが、中はコの字型のカウンターがドンと鎮座した昔ながらの焼肉店。場所はJR大正駅のすぐ北側にある抜群のロケーション。

肉の量は100g弱というところだが、常温で溶け出す甘〜い脂が和牛を主張している上ロースでも1050円と今どきかなりのリーズナブルさで、ムッチリ厚めに切られた塩タンは800円、生でも食べられそうな甘くて臭みが無いレバー、シャッキリしたハツ、トロトロのテッチャンもたったの450円である。そして客の多くがまず頼むのは1800円の盛り合わせで、ハラミ、バラ、ロース、上ミノ、焼き野菜がどっさり皿に盛られるさらにお得な品。並メニューの組み合わせだが霜降りになった肉も多く、1人ならこれとライスだけで十分なディナーになり得る。

この店はタレにも特徴があり、ドロっとした味噌ベースではあるが変な甘さやしつこさが無く、ビールはもちろんライスにぴったりな逸品。卓上には粗びき唐辛子があり、店主に頼めばおろしニンニクを入れてくれる。酒は瓶ビールが520円、生中が490円、チューハイが350円とこちらも庶民的なお値段である。

(15/05/22 更新)

真怡記(しんたいき)  【靱本町 / 中華料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区靱本町1-16-20 【MAP】

電話:06-6447-1570

営業時間:11:30-14:30 17:00-21:00

定休日:日祝

靱公園のすぐ南側にある広東料理店。

ランチは街の中華屋らしく麺やご飯もの中心のメニューだが、中身はいわゆる「中華料理屋」レベルを超越している。自家製焼豚が入ったチャーハン(600円)は白くしっとりと仕上げられ、醤油ラーメン(500円)も非常にあっさりと澄んだ仕上がり。天津飯(600円)も具が豊富で餡に深みを感じさせる出来でお薦めだが、まずこの店で頼むべきは広東風焼きそば(700円)に尽きる。しっかりと炒めて水分を飛ばした麺に海鮮の餡がたっぷりとかけられたかなり本格的なタイプなのに、値段は神戸あたりの中華街よりもずっと安いのが嬉しい一品。ラーメンとミニサイズのご飯ものが付いて800円の定食もある。

追記:店が改装されて店名が黄州飯店から真怡記に変更。中身はそのままだそうだ。

(05/07/19 更新)

紅恋灯(くれんど)  【土佐堀 / 中華料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区土佐堀1-1-32 【MAP】

電話:06-6448-3211

いかにも大衆中華然とした店構えだが、男女を問わず昼時には近隣のサラリーマンで長い行列が出来る店。

彼らの半数以上が頼むのが野菜丼(650円)で、大きな丼に肉野菜炒めがたっぷり載った堂々たる姿ながら、ゴマ油の風味が効いた薄めの醤油味の味付けのバランスが良くてサクサクと食べてしまえる。ニラ玉丼は3個分はある玉子とニラ、豚肉でご飯の上はギッチリ。麻婆丼や天津飯、チャンポンなど他のメニューもいわゆる「正統派中華」ではないのだが、どれも超絶ボリュームとジャンクなうまさを誇る品ばかりだ。

普通の食欲の人は、50円引きになる「少なめ」と付け足して頼むほうがいいが、さらに大食いの人は「天津野菜丼」のように、玉子焼きをトッピングする事も可能で、特にカレーチャーハンに玉子をかぶせた「天津カレー」が個人的なオススメ。

(16/05/10 更新)

コンドル  【西大橋 / カレー・エスニック

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区北堀江1-16-16 【MAP】

電話:06-6648-8893

営業時間:11:00-22:00

定休日:不定休

北浜〜谷町四丁目エリアほどではないが、隠れたカレー激戦区である西大橋で2011年5月にオープンしたカレーバー。ノーマルのカレーが600円で、そこにトンカツやチャーシュー、エビフライ、唐揚げ(200円)、自家製コロッケ(150円)などのトッピングを組み合わせるシステム。

カレールーは、じっくりと濃く炒められた香味野菜の甘みと酸味、牛肉のコク、フェンネルとクミンの香りが効いていて非常に濃厚でパンチのある味ではあるが、小麦粉が入ってないので意外に後口がすっきりしている。カレーと一緒に小皿に入ったキュウリとニンジンのピクルスが出され、卓上には香ばしいカシューナッツオイルとハチミツ、韓国唐辛子が置いてあって自由に使えるようになっている。

トッピングは値段だけを見ると少し高めだが、揚げ物はどれも自家製で、注文されてから揚げられるのでアツアツ。トンカツも分厚くてコロッケもホクホクとおいしくお得度は高い。チャーシューのトッピングも、居酒屋ならこれで500円は取れるような、分厚くとろけるようなバラ肉がどっさり載ってたったの200円である。ライスとルーは男性の基準からすると少なめだが、おかわり自由なので腹ペコ君はガンガン行ってしまおう。

(11/11/25 更新)

ボナボナ  【西大橋 / カレー・エスニック

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区新町1-22-11 マッセ四ツ橋ビル9号館1F 【MAP】

電話:06-6110-7701

営業時間:11:00-17:00 土・祝11:00-16:00

定休日:日曜

カレー激戦区、西大橋交差点の北東にあるマダムが1人で営まれているカレー店。店の内外にはエスニックな装飾がいろいろ施されているのが、女性らしいセンスを感じさせる。メニューは、750円のチキンカレーと650円のドライカレー、そして何故かチーズチキンオムライスの3つ。

ルーは、じっくり炒めて甘味を出したトマトとオニオンベースのグレイビーに、クミンとフェンネル、ブラックペッパーを強めに効かせたオーソドックスな北インドタイプ。チキンカレーには乾煎りしたココナッツロングが載ったターメリックライス、ホロホロに煮込んだ2本の手羽元というコンビネーション。少しベットリした感じのドライカレーは、ルーとご飯が豚肉やレーズンと一緒に炒め合わされている。

意外といけるのがオムライスで、一般的なチキンライスを卵でくるんだものじゃなくて、最初から卵とチーズ、ライスを混ぜて焼くタイプで、トロトロに溶けたチーズと上にかかったトマトソースとのコンビネーションが絶妙。

卓上には、レーズンとスイートピクルスのみじん切り、酢漬けハラペーニョがあって自由に使える。カレーの食後には、ヨーグルトがかけられたフルーツがサービスされる。大盛りは100円アップで、少盛と学割は50円ダウンというオプションあり。

(12/02/29 更新)

美和  【京町堀 / ランチ特集

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区京町堀3-3-2 【MAP】

平野町の道とあみだ筋が交差する少し北側の路地にある古びた居酒屋のランチ。

しかし店の雰囲気とは裏腹にどのメニューもボリュームが物凄く、一番安い600円のミックス定食でも大ぶりの白身魚のフライにエビフライ、ヒレカツが載ってご飯・味噌汁がお代わり自由というガッツリな内容。700円のチキンカツだと鶏のもも肉が丸々一枚揚げられ、800円のとんかつでは全然ひと口じゃないヒレカツが5個も載る凄まじさ。さらに全ての定食には生卵が付くので、これでも足らない人はこれでさらにメシがもう一杯いけるぞ(笑)。

(06/09/05 更新)

立ち呑み処 こばやし  【西九条 / 立ち飲み

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市此花区西九条3-14-15 【MAP】

電話:06-6461-2058

営業時間:17:00-22:00

定休日:日曜

http://kobayashi.pv.land.to/

JRと阪神の西九条駅からほど近い場所にある立ち飲み居酒屋。とは言え、大きなコの字型のカウンターの横側には椅子が置いてあって座り飲みも可能になっている。あの「立ち飲み三銃士」と交友があるようで、店内には芸能人のサインやら写真やらがたくさん貼ってある。

アテは90円からあるおでんに、豚キムチやレバー炒め、焼きそばといった一品物がおよそ300円台、焼売やひじき煮、あげ焼きのような惣菜が200円台、酒は大瓶ビールが480円、チューハイ・日本酒が320円、焼酎が340円とごくごく標準的なラインナップと価格だが、酒屋の直売所らしく日本酒の品揃えが充実しているのが特徴。料理の味もどこか飛び抜けたところがあるわけではないが、肉厚で脂の乗った「きずし」や、卵たっぷりで優しい味のポテサラ、意外とあっさり目な白味噌ベースのどて焼き、こってり甘い味付けの豚バラ焼き、カリッと揚がったカキフライ、ジューシーなミンチカツなど、どれもボリュームがあってしみじみと美味しい品ばかりだ。

店は仲の良いご夫婦で営まれており、料理をいちいち丁寧に手渡ししてくださるマスターの心遣いを見ても、毎日近所の常連がリラックスして憩いを楽しんでいるのも納得の店である。

(13/10/31 更新)

グリル・パイン  【土佐堀 / 和食・寿司

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区中之島5-3-100 【MAP】

電話:06-6443-2113

中之島のリーガロイヤルホテルの東側、なにわ筋に面した場所にある、昭和そのまんまの佇まいを見せる店。しかも店名にグリルとついているとは言え、メニューは焼き魚の和定食を始めとして丼ものやうどん、から揚げなどが並んでいて定食屋そのものなのがまた昭和的なミスマッチ(笑)。

定食類はほとんどが700円で量もそこそこと、見た目にあまり目立った売りというものは無いが、から揚げはしっとり柔らかくて下味の効き具合が絶妙、ヒレカツはホロリと崩れるような柔らかさで、生姜焼きやうどん、親子丼なんかも地味にうまくてなかなか侮れない。レギュラーの定食とは若干量や内容が違うが、日替わりで2品がついて550円になるサービスがあり、常連はほとんどがそれを頼んでいる。ご飯の大盛りは50円アップ。

(12/05/22 更新)

西遊記 新町本店  【新町 / 中華料理

味:C CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区新町1-33-16 【MAP】

電話:06-6543-0372

営業時間:11:00-29:00

定休日:無休

昼時はテイクアウトのみで280円の激安弁当を求めて長い行列が出来る中華料理店。

もちろん店内もかなりの活気で、昼は豚天、野菜炒め、焼肉、鳥から揚げ、とんかつ、手羽先カレーなど数種類ある650円のワンプレートランチが店の一押しらしい。しかしワンプレートとは言いながらも、大皿の中にはメインのおかずとご飯を始めとして、フライものやソーセージ、卵焼き、スパゲッティ、そしてキャベツにポテトサラダ、果ては漬物までもがきっしりと盛られ、おまけにでかい椀に入ったスープとデミタスコーヒーが付くウルトラボリュームは圧巻の一言。さすがに味はそこそこだし付け合せまで全てアツアツというわけにはいかないが、どんな大食漢の人でも満足出来るのは間違い無い。名物の長崎風トルコライスやチャーハン、チャンポンなどの他のメニューもボリューム満点だ。

(05/07/27 更新)

串よし  【大正 / 立ち飲み

味:D+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区泉尾4-16-3 【MAP】

電話:06-6554-3050

営業時間:不明-20:00

大正区の泉尾商店街の南端から、阪神高速17号線を渡ってすぐのところにある串ホルモンの立ち飲み店。戦後すぐから営業を始めて現店主は17年めの3代目という、大正区の沖縄ホルモンとしては最古参である。

こちらは、薄く仕込んだタレを鉄板の上で煮詰めながら、串に刺したホルモンを炒め煮した独特の調理法で、出来上がったホルモンはコッテリ煮詰まったタレでかなりきっちり火が通された状態になり、濃い味かつパサついた仕上がりになるので好き嫌いはありそうな感じ。まあ、味云々ではなく大正における沖縄移民の歴史を噛みしめる事に意義がある店だろう。

ホルモンの種類は全て豚で、腸のホルモンと、キモ、アブラミ、肺のフクが60円、豚バラの三枚肉が120円という値段。飲み物はビールの大瓶が500円、小瓶が350円、缶チューハイが300円。飲兵衛的にお得なのは300円の焼酎で、ほぼコップ1杯の焼酎と氷のみというハードボイルド仕様でビックリする。

(15/10/16 更新)

天天,有  【住之江公園 / ラーメン(大阪)

好み:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市住之江区南加賀屋4-4-22 【MAP】

電話:06-6682-0327

営業時間:11:30-13:30 18:00-20:30

定休日:月曜・第3日曜

地下鉄四つ橋線住之江公園駅から400mほど南下した、南加賀屋交差点の角にある昔ながらのラーメン店。京都の一乗寺に、同じく「天天有」と名乗る有名店があるが、兄弟の関係でこちらは弟さんがやっている店だそうだ。

メニューはラーメン(600円)とチャーシュー麺(750円)、大盛りが50円アップで、あとはライスと餃子、酒のみという潔さ。そのラーメンは、京都の店と同じく大量の鶏ガラを丁寧に煮込んだ白濁まったりスープで、麺は京都らしく中細ストレート、大きめのもも肉チャーシューが3枚乗っており、あとはネギともやしと構成はシンプルだが値段からすると十分すぎる内容。卓上にはニラキムチと豆板醤、コショウが置いてあり、それらを加えるとノーマルの優しい味から一気にジャンクな味へと変貌する。

また、ふんわりトロトロの餡が入った餃子は何と200円で、京都の半額というのがまた嬉しい。車で無ければ、ラーメンの前にはビール(大瓶500円、小瓶350円)と餃子で是非一杯やりたいところである。

(16/02/19 更新)

肥後橋南蛮亭  【肥後橋 / カレー・エスニック

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 【MAP】

電話:06-6444-2382

営業時間:11:30-14:00

定休日:第2・4土、日祝

昼は地鶏丼とカレーの2種類のメニューのみ。カレーは黒い鳥ひき肉のルーが独特のコクがあってうまい。ただし、超激辛なのでそのつもりで。ココナツミルクのような液体がかかっているが、私はいつも白抜きと頼んで無しにしてもらっている。カレー、丼ともに850円。

追記:ここもランチメニューがそれぞれ100円アップ・・・さすがにこの値段では気軽にとはいかないなあ。

(08/03/31 更新)

煮炊き屋みとん  【京町堀 / ランチ特集

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区京町堀1-12-11 【MAP】

電話:06-4256-7579

営業時間:月水金の昼、18:00-22:00

定休日:土日祝

西区の京町堀にある、カウンター8席の小さな小料理店が、月水金のみランチを提供している。メニューは茶美豚を使ったヒレカツ、ロースカツ定食の2種類(ともに860円)のみ。

どちらかを注文して席に座ると、まず小さなお重に入った2つの小鉢が提供される。中身は日替わりで、ひじきの煮物やほうれん草の玉子とじ、おから、春菊の胡桃和えなどの惣菜が入っており、素材の持ち味を残した絶妙な塩梅に唸らされる。その次には、小さな湯呑みに入った白菜などのあんかけ煮物が出てきて、出汁の美味しさに二度目の感嘆。

メインのトンカツは低温でじっくり色白に揚げられ、肉質は極めて柔らか。この揚げ方であれば、ロースよりも中がレア気味に仕上がるヒレのほうがオススメ。ソースはトンカツベースのものと塩が添えられ、まずは塩で肉本来の味わいを楽しみたい。もちろん漬物、ご飯、味噌汁も上質で雰囲気も完璧。値段は決して激安ではないが、女性にも絶対に満足できる高いクォリティを持ったランチである。

追記:現在ランチ休止中

(16/11/25 更新)

若水 肥後橋店  【肥後橋 / 中華料理

味:B CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 【MAP】

電話:06-6441-5728

定休日:土日祝

肥後橋のビジネス街にある見かけはごく普通の中華料理店。

しかし料理はなかなか秀逸で、肉の柔らかさとクリスピーさが両立したから揚げ、柑橘系の酸味が爽やかな酢豚、生姜の風味がアクセントになっているラーメン、餡とフワフワ卵たっぷりの天津飯、薄皮で野菜たっぷりの餃子と、どのメニューを食べても外れが無い基本力の高さを感じる店。私が好きな中華カツ丼(750円)も、分厚いとんかつに好みの甘辛味、かなりのボリュームで大変満足。

定食はだいたい800円前後とあまり安くは無いし、この値段ならもう少しご飯の質が欲しいとは思うが、一品ものや丼ものなどの単品は500〜700円台とまずまず良心的で、平日の昼にリーマンがガッツリよりも、休みや夜に仲間や家族でシェアする使い方のほうがお得かも。

(08/02/18 更新)

大冨士 堀江店  【堀江 / とんかつ・天ぷら

味:C+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区北堀江1-11-3 大富士ビル1・2F 【MAP】

電話:06-6531-4168

営業時間:11:00-14:00 17:00-22:00(土曜-20:00)

定休日:日祝

人気の南堀江エリアから北に少し外れたところにひっそりとたたずむ洋食屋さん。

看板のとんかつ定食700円(夜は800円)は、やや薄めのロース肉にあっさりしたドミグラスソースがかかったもので、どれ一つとして突出したものも無い代わりに足りないところも無い、平凡ながらも安心感のある一品である。コクのあるタレがうまい豚のしょうが焼き(700円)も人気だ。

(2004年以前のデータ)

堀江カレー堂 堀江店  【西大橋 / カレー・エスニック

味:C+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区北堀江1-22-23 北堀江ビル102 【MAP】

電話:06-6532-0660

営業時間:11:00-21:00

定休日:無休

http://www.geocities.jp/curry_dou/

西大橋と難波、鳳に3店舗を構えるカレーのローカルチェーン。ルーのベースは「オリジナルカレー」(580円)と、牛スジが入った「バッファローカレー」(730円)の2種類があり、そこにトッピングを追加していくシステム。

トッピングは、コロッケの100円からビフカツの900円(!)までと値段にかなりの幅があり、コロッケとミンチカツ以外は手作りと銘打たれているが、いったん冷凍はしてあるようなのであまり肉にジューシーさは残っておらず、ボリュームはあるがやや割高感は否めない。ルーはまさにインデアン風で、ブラックペッパー、チリペッパーの辛さを甘さの中に際立たせたタイプだが、インデアンほどの甘味は無くて比較的馴染みやすい。バッファローカレーは、ベーシックなルーに牛筋肉がゴロゴロ入ったカレーで、コクが一段とアップされている。

そのままでもかなり辛目ではあるが、希望する人にはカイエンヌペッパーが入った缶を渡してくれるので、いくらで辛さのアップが可能なのが面白い。ライスとルーの大盛りはそれぞれ別に100円アップとなる。

(10/11/24 更新)

業物屋(WAZAMONO-YA)  【肥後橋 / とんかつ・天ぷら

味:C CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-19-23 【MAP】

電話:06-6441-3181

営業時間:11:00-15:00 17:00-20:00

定休日:日曜

カレーチェーンで知られる得正の系列のカツ丼・天丼専門店。メニューはカツ丼と天丼の並がそれぞれ550円、上が700円、そしてカツカレーや天カレーが各700円というバリエーションがある。

客のほとんどはカツ丼を注文していて、カツは揚げ置きで丼つゆは業務用レベルだけど、カツの大きさや卵の量はなかなかたっぷりしていて、この値段ならまずまず上出来。ただ、天丼はエビ2匹とかぼちゃ、海苔と内容がやや寂しく、カツと同じ鍋で揚げているので天ぷらに肉の香りが漂っていていまいち。200円アップのカレーは当然得正の味で、大盛りも200円追加とお高めなので、CP的には素直にカツ丼の並を食べておくのが吉。

(08/07/09 更新)

奏名(かむな)  【肥後橋 / ラーメン(大阪)

好み:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区中之島3-2-4 朝日新聞ビルB2 【MAP】

電話:06-6222-0017

営業時間:11:30-21:00(土-14:00)

定休日:日祝

アクセス:地下鉄肥後橋駅から地下道直通で朝日新聞ビルへ

鶏ガラと豚骨、野菜を煮込んだやや乳化したとろみのあるスープと縮れ麺が特徴的。「かむなラーメン」(650円)は、そこに炒めた白菜と豚肉、薄切りレモンが乗った一杯で、白菜の甘味とスープのまろみが非常に良くマッチしていてうまい。ただ個人的にはもう少し具を充実させて欲しいが・・・ 他には普通のラーメンと、ニラと豚ミンチを甘辛く炒めたものを乗せた「にらとんラーメン」(700円)があってこちらも人気だ。

(2004年以前のデータ)

グリル・ピエロ  【肥後橋 / 洋食

味:B CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-16-26 【MAP】

電話:06-6445-8117

営業時間:11:30-14:00

定休日:日祝

席はカウンターのみの古びた店内、メニューもハンバーグ定食(900円)と焼肉定食(1000円)、2つが載ったミックス(1500円)だけといういかにも典型的オヤジB級店なのだが、女性客もランチの長い行列にしっかりと並んでいる。

客のほとんどはハンバーグのほうを注文するのだが、レーズンが入ってチーズが載ったハンバーグやスープのようなシャバシャバのソース、付け合せのニラもやし炒めといったアイテムが、それぞれ絶妙に味の焦点を外していて、それがかえって奇妙なハーモニーを奏でているという、ある意味とてもB級好きのツボを刺激させられる品である。バター焼きされたポン酢で食べる焼肉のほうもなかなかうまいが、B級的な驚きはあまり無いのでわざわざ食べる必要は無いかな(笑)。

(07/05/01 更新)

旭屋  【野田阪神 / ラーメン(大阪)

好み:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市福島区野田3-6-17 【MAP】

電話:06-6462-1218

営業時間:11:00-25:00

定休日:日曜

地下鉄千日前線玉川駅、JR野田駅すぐのところにある老舗ラーメン店。

京都の第一旭に似たタイプの豚のダシが出たクリアな醤油スープに自家製麺という構成。しっかりとした歯ごたえのチャーシューや細もやし、ネギも多めで結構食べ応えがある。が、さらに150円アップの大盛りにすると、どんぶりは洗面器大になって物凄いボリュームになるし、無料のもやし増しはほとんど1袋入っているんじゃないかというぐらいのタワーになって圧巻。

豚骨の匂いが充満している店の様子からすると、意外とスープは醤油も穏やかであっさり味。そういう意味では第一旭よりも二両半よりだとも言える。味噌ラーメンもお薦め。

(13/06/16 更新)

スポンサー リンク


ホーム

エリア別メニュー

ランチ特集

お好み焼き

たこ焼き

居酒屋

立ち飲み

和食・寿司

うどん・そば

とんかつ・天ぷら

洋食

焼肉・韓国料理

中華料理

カレー・エスニック

その他・買い物

関西以外

ラーメン(大阪)

ラーメン(京都)

ラーメン(その他)

さぬきうどん(香川)

グルメコラムBlog

携帯サイト


大阪・関西のB級グルメガイド携帯版

携帯サイトQRコード



大阪の天然酵母パン教室

関西カレー三昧

浪花お好み焼き三昧

京都美味倶楽部

おらほ〜大阪グルメ

サッカーコラム誌
蹴閑ガゼッタ

Yahoo! JAPAN

サイト内検索
powered by Google

プライバシーポリシー