タイトル

スポンサー リンク

最近の更新店

一芳亭 船場店  【堺筋本町 / 本町・堺筋本町 / 中華料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区船場中央1-4 船場センタービル2号館B2 【MAP】

電話:06-6263-1146

営業時間:11:00-20:30 土曜11:00-15:00

定休日:日祝

地下鉄堺筋本町駅に直結した地下街、船場センタービル2号館地下2Fの「ジョイ船場50」にある、シュウマイで有名な中華料理店。難波にある本店はいつも観光客で溢れているが、船場店は地元客の支持が熱い。

店の看板メニューであるシュウマイ(5個330円)は、薄焼き卵で作った皮にフワッと柔らかい具が乗っかり、口の中で溶けていく美味しさ。半身をまるまる素揚げした若鶏の唐揚げ(お一人様用には手羽の唐揚げ)は外がカリッとクリスピーで、中はフワッと柔らかく絶品。メニューには大(1250円)と小(1150円)があるが、大が背骨がついた方に当たるそうだ。

その他にもメニューは充実、白菜、人参、筍、ピーマン、きくらげ、エビ、豚ひき肉がギッシリ詰まった春巻き(930円)は、シャキシャキパリッとした歯ごたえでビールが進む名品。鶏のレバーと砂ずり、玉ねぎを甘辛く炒めたボリューム満点の「きも照り」(510円)もビールには欠かせない。ふんわりした衣でたっぷりの小エビを揚げた海老天(510円)、柔らかい豚肉を揚げた豚天(510円)も期待を裏切らない旨さ。

皿うどん(650円)は極細の揚げ麺に海老とイカがたっぷり入った上品なあんかけがかかり、値段以上のクォリティ。焼豚(580円)は大きな豚バラ肉で脂身がトロトロで口の中で溶けていくよう。何故か定食に無くて単品飲みの豚しょうが焼き(720円)は、プリプリの豚肉がどっさりで食べごたえ満点である。

(21/11/29 更新)

イマノお好み焼き店  【鴫野 / 大阪市北東部 / たこ焼き

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市城東区鴫野西5-2-27 【MAP】

電話:06-6963-3123

営業時間:10:00〜18:00 土日10:00〜14:30

定休日:月曜

JR学研都市線鴫野駅に接する、南側の道を西へ行ったところにあるテイクアウト専門の粉もん屋。

7個200円のたこ焼きは、大阪最大クラスの大玉で1個1個がずっしり重たいヘビー級。生地は濃い目のトロトロで、タコのサイズは大玉に負けないしっかりサイズ。出汁、天かす、ショウガは控えめ程度。マヨネーズを希望すると、スチロール箱の端っこにどっぷり盛られて驚く。

お好み焼きは、豚玉とイカ玉がそれぞれ280円で、みじん切りのキャベツと卵がたっぷり入ったふんわりサクサクの口当たり。そばが入ったモダン焼きにしてもたったの350円だ。そして一番人気の焼きそばは、280円という値段で豚とキャベツがたっぷり、粉鰹が効いた味わいが特徴で、透明プラケースにみっしり入って280円とこれまた格安、男性でも満足必至のボリュームである。

(21/10/14 更新)

扶士古(ふじこ)  【守口市駅 / 大阪市外 / 中華料理

味:B+ CP:A+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府守口市大枝西町1-9 【MAP】

電話:06-6997-3059

営業時間:12:00-14:30 17:30-21:00

定休日:水曜

京阪電車守口市駅の南側、住宅街の中にあるカウンター7席と狭いテーブル1卓のみのこじんまりとした中華料理店。いかにも大衆中華な安っぽい店構えとは裏腹に、料理はどれも丁寧かつ上品で、どれも高級中華レベルという恐るべき店。

看板メニューの「中華定食」は、大ぶりのエビ天はサクサク。酢豚は甘くなく肉はカリッと野菜はシャッキリ、卵焼きはフワフワかつ中身が半熟なのに値段はたったの850円だから驚嘆する。ご飯ものに付いているスープでさえ手抜き無く、鶏ガラの自然な旨味で調味料はほとんど感じさせない完成度が見事。

最も驚いたのはイカの天ぷらで、真っ白な衣の中にはミディアムに火を通した肉厚のイカが入っていて、中華街レベルのクォリティに驚嘆する。たった520円のラーメンは、あっさり滋味深い鶏ガラスープにプリッとした生麺、豚バラ肉をローストしたチャーシュー、甘く味付けしたメンマ、ゴマ油であえたもやしと、大衆中華ではあり得ない格の高い仕事っぷりで圧倒される。

肉野菜炒めは大衆的なソース味なのにあくまで上品な味わい。ニラレバはプリプリのレバーにシャッキリ炒められた細もやしがテクニックを際立たせている。ナスの味噌炒めはトロトロのナスにショウガが効いたひき肉餡が絡み、エビチリはプリッとしたエビに上品なチリソースがたっぷり。回鍋肉はパリッとしたキャベツと濃厚な味噌でご飯とビールが進む。鶏のから揚げはほんのり甘辛くあくまでクリスピー。

羽根がついた餃子は、ショウガの香りとキャベツの甘味が際立つトロトロの餡が絶妙、チャーハン(中サイズ550円)はハム、ネギ、卵で何の変哲も無いが、フワッと軽くていくらでも食べられそう。カレーラーメン(700円)は、濃厚なカレースープと炒め野菜、ひき肉でインパクト満点。チャンポン(650円)はとろみ強めの醤油餡で体が暖まる。

中華カツ丼は、ラードでカラッと揚げた薄手のとんかつは衣と一体化しており、あっさりと滋味深い野菜と玉子の餡とのコンビが絶妙、しかも値段はたったの600円。天津飯(550円)はふわふわの卵に醤油餡でインパクト強めにしているのが心憎い。しょうゆ焼きそば(580円)は、上海風にコクのある醤油味とシャキッと炒められた野菜のコンビネーションがバッチリでビールに合う。

(21/05/14 更新)

ぼて八  【天神橋筋八丁目 / 大阪市北部 / お好み焼き

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区長柄西1-8-2 【MAP】

電話:06-6357-9354

天神橋八丁目交差点から城北公園通を東へ、天然温泉なにわの湯を過ぎたところにある小ぢんまりとしたお好み焼き店。年配の女将さんと親父さん2人で昼から切り盛りされている。

お好み焼き屋なのに、ほとんどの人がまずオーダーする餃子(370円)は、あの有名店「天平」と姿形がそっくりで、トロトロの餡にはニンニクとショウガが効いていてビールにベストマッチ。

焼きそば(500円から)は、しなやかな細麺で千切りのキャベツともやしがたっぷりとボリューム満点。お好み焼き(600円から)は粗みじんのキャベツと山芋たっぷりの生地でふんわりした仕上がり、豚、イカ、海老入りのミックス焼き(950円)には大きなエビが入っていてとても豪華。

ランチメニューも何故か充実していて、コナモンだけじゃなくトンカツやエビフライ、唐揚げ、牛焼肉定食などバリエーション豊富で驚いてしまう。

(21/04/14 更新)

山海屋  【布施 / 大阪市外 / 居酒屋

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府東大阪市足代新町3-15 【MAP】

電話:06-6781-2460

営業時間:14:00-22:00

定休日:水曜

近鉄布施駅から北へ伸びる「ブランドーリふせ」商店街を歩いてすぐのところにある居酒屋。店はテーブル4つにカウンターと小ぢんまりしており、昼から地元客が詰めかけている。

瓶ビールが390円と立ち飲み以下のお値段にまず驚愕。自慢は海鮮類で、刺し身の盛り合わせ(690円)はマグロ、鯛、サーモン、シイラなどが日替わりで盛り込まれ、とても脂が載っていて新鮮。3貫セットで290円の握り寿司はどれも大ぶり。ハモの湯引き(490円)は濃厚な旨味で梅肉ダレが実に爽やか。ガッチョ(メゴチ)のから揚げは器にてんこ盛りで290円、手作りで肉厚のアジフライは2匹で250円と激安、スルメイカの塩焼き(390円)はまるまる一杯姿焼きという豪快さ。

海鮮以外もメニューは豊富で、3・5・7本セットで安くなる串カツ(100円〜)は、大きな豚肉やマグロ、野菜がじっくり揚げられ食べごたえ十分。肉豆腐は湯豆腐に甘辛く煮込んだ牛肉のしぐれ煮がどっさりで290円、大きなスジ肉がゴロゴロ入っているどて焼きが390円、マヨネーズが隠し味の卵焼きが250円、手作りで卵たっぷりのポテサラは250円。

酒はビール大瓶が390円と酒屋価格なのも嬉しい限り。日本酒、チューハイ、焼酎は290円と同様にリーズナブルだ。

(21/02/26 更新)

はやし食堂  【太子橋今市 / 大阪市北東部 / 和食・寿司

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市旭区今市2-21-8 【MAP】

電話:06-6951-4284

営業時間:11:00-15:00 17:00-21:00 土日祝10:00-15:00 17:00-21:00月・火曜

定休日:月・火曜

地下鉄太子橋今市駅に近い、国道1号線沿いに立つ大衆食堂。フロアを仕切るお母さんたちはとても親切で心遣いが温かい。メニューはうどんや丼もの、洋食と幅広く、奥のケースにはおかずがあって一膳飯屋としての機能も併せ持っている。

夜でも食べられるランチ(780円)は、メインがハンバーグ、ラードで揚げた香ばしいとんかつ、ビフカツ、コロッケ2個、エビカツ2個が選べ、それにプラスしてエビフライ2本に目玉焼き、サラダ、ケチャスパ、ライスが付くシステム。メインとエビフライは小ぶりだけど手作りで素朴に美味しい。1個100円で単品にも出来るイワシフライランチ(580円)は、肉厚のイワシフライが3個ついてボリューム満点。冬場は大ぶりの牡蠣を使ったジューシーなカキフライ(600円)もラインナップに並ぶ。

何がカルカッタなのか謎なカルカッタピラフ(780円)は、ひき肉とニンジン、ネギが入った薄味のドライカレーを卵で包み、甘辛なカレーをかけた手の混んだ品。すき焼き(720円)は、ちょっと硬いけど赤身の牛肉がどっさり入り、白菜、ネギ、豆腐、しらたきとボリューム満点。牛肉、卵、かまぼことシンプルな具を天然出汁で煮込んだ鍋焼きうどんは540円で激安。カツ丼(600円)は、甘さ控えめでほんのり酸味を感じるキリッとしたタレで、カリッとラードで揚げたカツをとじたカツ丼(600円)も絶品。

単品の焼豚サラダはだし巻きとチャーシューが野菜を覆って見えない威容で260円。フワフワの卵焼き(280円)もオススメ。ご飯のお供には、たっぷりの豚肉にもやし、豆腐が入った大ぶりの豚汁(190円)を是非。

(21/01/22 更新)

焼肉やっちゃん 京橋店  【京橋 / 京橋・桜ノ宮 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市都島区東野田町3-1-3 【MAP】

電話:090-4279-1864

営業時間:17:00-24:00

定休日:日曜不定休

https://twitter.com/yakinikuyatyann

JR京橋駅北口改札を東に出て、、立ち飲みストリートに向かう道の途中で階段を上がったところにある、カウンターのみの焼肉店。1人前が220gあるのが特徴で、1人客ならハーフで頼むことも可能。肉は、オーダーごとに店主のやっちゃん氏が和牛の塊肉からカット、筋や脂身をバッサリ切り落としてぶつ切り状態で出してくれる。味付けは、塩・ワサビ醤油・タレを選ぶことが出来る。

メニューは少ないが全て九州産の黒毛和牛で厳選されていて、生姜醤油でいただくココロ刺し(700円)はプリプリで臭みはまるで無し、生センマイは驚くぐらい分厚く、シャキシャキとした歯ざわりが快感そのもの。

上塩タン(2200円)は、表面に細かく包丁が入っていてステーキのように分厚くジューシーさが際立っている。ココロ、アカセン、テッチャンが入ったホルモンは新鮮そのもので肉が甘い。ミノは真っ白な脂肪をたっぷり含んでいてとても柔らかい。バラやロースは脂っぽくなく、熟成された旨味がたまらない。肉厚のハラミは肉汁たっぷりで、辛くない韓国唐辛子をまぶした濃厚なタレが良く合う。

サイドメニューのタンシチュー(ミニライス付きで700円)は、ホロホロのタン先をあっさりしたトマトベースのスープで煮込んだもの。スープ(480円)は溶き卵とタンの切れ端が入ってあっさりスパイシーな味。ドリンクは生中やチューハイ、赤ワインなどが480円からとややお高め。

(20/11/24 更新)

香里苑  【門真市駅 / 守口市・門真市 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府門真市元町6-15 【MAP】

電話:06-6908-1257

営業時間:17:00-24:00

定休日:木曜

京阪門真市駅の北西、「住友通り商店街」にある韓国系の大衆焼肉店。店内はテーブル席と座敷席がメインだが、3席ほどの小さなカウンターがあって1人客も楽しめる。

ホルモンや並肉が600円から、最も高いものでも1300円と肉はリーズナブルで、量も1人前が確実に100g以上入っている。中でも絶対のイチオシは塩上タン。厚みのあるキレイなタンがたっぷり入って値段は980円と驚愕の三桁。1200円の特上ロースは肉厚でまずまずの霜降りレベル。1000円の上バラは霜降りではないが、脂が乗っていて食べごたえ満点。ハラミ、バラ、レバー、ハツ、タンが3切れずつ入った盛り合わせは650円で、肉質は輸入物だけどボリューム満点の品だ。

サイドメニューもたっぷりで、馬肉ユッケは皿にあふれんばかり、生センマイも他店の1.5倍は入っている。スープやピビンバ、クッパ、サラダ、果ては焼き飯や牛丼、オムライスなどサイドメニューはやたらと豊富だが、どれも全体的に値段は高めで、瓶ビールは560円、チューハイは450円と酒もやや高め、やはりファミリー層がメインのターゲットという感じだ。

(20/10/12 更新)

BBQ ホルモン MOU  【大正 / 大阪市西部 / 立ち飲み

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家東1-2-4 【MAP】

電話:080-8318-0093

営業時間:17:00-23:00 土13:00-23:00 日13:00-21:00

定休日:不定休

JR大正駅の北側、「クラスノ」や「さのや」が並ぶ飲み屋街の一角にあるホルモン料理専門の立ち飲み。元は焼肉店を営んでいたそうで、牛へのこだわりが感じられる。卓上にはおろしニンニクと一味唐辛子が置いてあり、西成のマルフクを彷彿とさせるスタイル。

1皿150円のホルモンはフワ(肺)と小腸のミックスで、臭みが無く甘めのタレが良くマッチして旨い。イチボステーキ(350円)はレアでさっぱりといただけ、塩タン(400円)はシャキッとした歯ごたえでボリュームたっぷり、上ハラミ(400円)は驚くほど柔らかくてジューシー。ロースとバラ、ハラミのMix(600円)はボリューム満点。レバーはまあ普通かな。どれも鉄板でじっくり火を通して焼かれるせいか、とても柔らかいのが特徴。

牛すじ煮込み(400円)はあっさりと塩味で煮込まれ量もたっぷり。肺(フク)のから揚げ(250円)は臭みなく皿にどっさり。馬肉のユッケも450円とリーズナブル。200円の卵スープは牛スジの出汁が良く出ていてほっこり美味しい。キャベツのピクルスはたった100円で食べごた十分、キムチとポテサラは出来合いだけど150円と激安。

酒はチューハイとハイボールが200円、生ビールが250円、日本酒が250円、ジョッキは今どきの小さめサイズだけど値段は概ね良心的。

(20/08/13 更新)

畑分店  【大正 / 大阪市西部 / 居酒屋

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家西1-16-6 【MAP】

電話:06-6551-2826

営業時間:17:00-22:00

定休日:土日祝

JR大正駅のすぐ南側にある、元は酒屋併設の角打ちだったが、改装して店内は全て居酒屋スペースになっている。料理は全てグループ客仕様でボリュームたっぷりだが、ほとんどのメニューでハーフサイズが頼めるのが嬉しい。

店の名物である、さばきたて、揚げたてのイワシフライ(450円)は、外側はカリッと揚がっているのに中が驚くほど肉厚でフワフワ、臭みも無く絶品! 店で炙られるカツオのたたき(800円)、ピカピカのきずし(550円)も素材は抜群。注文を受けてから串に刺される焼鳥は、締まった肉質で専門店顔負けで、かしわのから揚げ(550円)は醤油が効いた竜田揚げと、料理は本職に引けを取らないクォリティ。

茶色く染まったおでんは、辛そうに見えて意外にあっさりと上品。いもサラダ(380円)はマヨネーズが効いていてネットリとコクがあり、ハーフサイズでもたっぷり。焼きそば(700円)はイカ、豚、ネギ、キャベツ、生姜と具だくさん。

たっぷりの白味噌で煮込んだどて焼き(450円)はトロトロで、口の中で溶けるよう。半丁が乗った大きな湯豆腐はたったの150円。卵焼き(小400円)は小サイズでも巨大、出汁とネギが入ってホクホク絶品。ぬた(280円)は辛子が効いた酢味噌とイカ、わけぎ、薄揚げのコンビがGood。ただ串カツ(3本550円)はちょっと肉が小さく拍子抜け。

酒はビール大瓶が450円、チューハイが320円、日本酒が320円とまずまず標準的なお値段。

(20/07/21 更新)

とくなが酒店  【森小路・千林大宮 / 大阪市北東部 / 立ち飲み

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市旭区森小路1-8-13 【MAP】

電話:06-6951-2528

営業時間:16:00-20:30

定休日:火曜

京阪森小路駅から西へ行ったところにある酒屋の角打ち。入り口は狭いが、奥行きが広くてテーブルもある。メニューが所狭しと壁にベタベタと貼られているのが特徴で、手作りの品が多くてとにかく種類がものすごく多い。

常連さんが良く頼んでいるのはカウンター上に並んだ日替わりのお惣菜で、ナスの三杯酢やつみれ団子、きずし、焼豚など5〜6種類が常備。レギュラーメニューからは、だし巻き(200円)は味濃い目でオイリーの下町風、鶏の唐揚げはサイズ小さめだけど200円、カリカリのキノコかき揚げは300円、甘辛く炒めたニンニクの効いた牛焼き肉は380円。豚肉たっぷりの豚平焼きが300円、ゲソやつくね、鳥モモ肉など焼きものは100〜200円。出汁たっぷりの湯豆腐は200円。

洋風メニューもなかなか充実、ブロッコリーとポテト、ベーコンのチーズグラタンは350円、ニンニクバターたっぷりのガーリックバゲットは3つで200円、ベーコンと玉ねぎが入ったガーリックライスが300円、自家製ポテサラはたっぷり入って150円。料理のボリュームは全体的に軽めだが、値段を考えると申し分ないコストパフォーマンス。もちろん酒も酒屋価格で激安である。

(20/06/15 更新)

猫丸  【城北公園通駅 / 大阪市北東部 / お好み焼き

味:B CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市都島区大東町2-20-19 【MAP】

電話:06-6922-8989

営業時間:12:00-14:00 17:00-21:00 日祝12:00-20:00

定休日:木曜、第3・5水曜

JRおおさか東線の城北公園駅から北西に200mほど、住宅街の中にぽつんとあるご夫婦で営まれているお好み焼き店。店内はカウンターが3席、あとはテーブル席となっている。

とにかく値段の安さとボリュームは特筆すべきで、例えば豚平焼きは、大量の豚肉を確実に2個はある卵で巻いた巨大なもので、トマトのチーズ焼きはトロトロのチーズが大量、大皿いっぱいに盛られて出てくる豚キムチは、量が中華料理屋の一品並みはある。550円のトンテキは厚みが2cmはある豚ロースで本職顔負けの逸品。お焼きのような巨大つくね(2個350円)は、甘辛タレと溶き卵のコンビネーションがたまらない。冬場は特製の味噌ダレがかかったおでんもある。

もちろんコナモンもアテに負けず、大量のキャベツを鉄板いっぱいに広げて炒められる焼きそばは、イカや豚の具もたっぷり、軽く1.5人前はある食べごたえ。味付けはソース味、味噌醤油味、塩ダレを選ぶことが出来、野菜が多いせいかさっぱりといただける。

お好み焼きは、フワッフワで厚みが3cmぐらいはあり、卵と山芋が入った少量の生地だけで丁寧に形を整えて焼き上げられる。豚バラ肉は厚みがありサクサクとした歯ごたえに焼かれ、イカは肉厚、エビもプリプリで大きい。豚玉で550円、醤油味も選べる、牛スジ肉がゴロゴロ入った「ねぎスジコン」が750円、豚・イカ・海老・貝柱が入った「猫丸ミックス」でも850円、大ぶりの牡蠣がゴロゴロ入った牡蠣玉(1月のみ)で950円という安さ。少し広島風に焼かれた「おのみち焼き」は、イカ天、砂ずり、豚、そばが入ってボリューム満点だ。

(20/03/19 更新)

乃ノ家  【大正 / 大阪市西部 / 立ち飲み

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区三軒家西1-4-8 【MAP】

営業時間:17:00-23:00

定休日:不定休

JR大正駅の北西エリアには、「乃ノ家」と名がつく店が3軒もあって、炉端・おでん・ホルモンと業態が分かれているが、こちらは3年前にオープンした、焼きトンがメインの一番新しい立ち飲み店。

いわゆる関東スタイルの焼きトン店をインスパイアしているようで、生ホッピーやバイスサワー、レモンサワー(各400円)、キンミヤ焼酎の梅割り、プレーンもあるチューハイ(300円)と飲み物の種類を揃えている。

300円の煮込みは3種類あり、様々な豚の内臓をあっさり塩味で煮込んだ「白モツ&豆腐」、シンプルに茹でた豚足、甘辛く煮込んだトロトロの軟骨&半熟卵と幅広い。ポテトサラダはほとんど卵でとてもクリーミー、アインサラダは玉ねぎとキュウリ、豚タンスライスがピリ辛に和えられた独特の品、台湾風酢豚は揚げた豚肉にさっぱりしたお酢を絡めたもので、ハムカツは厚さ2cmはある極厚とどれも料理は個性的。

焼きトンの肉は小さめだけど、豚バラは皮付きで歯ごたえ良く、ハラミは旨味がしっかり、レバーは甘みが立っている。対照的に、鶏つくねは1個が非常に大きく、塩焼きの軟骨パイカは豪快にぶつ切りにされているのが面白い。

(20/01/10 更新)

市村酒店  【谷町九丁目 / 大阪市中央 / 立ち飲み

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区生玉前町1-27 【MAP】

電話:06-6771-7661

営業時間:17:00-21:00

定休日:土日祝

谷町九丁目交差点の南東に位置する酒屋が営業する立ち飲み店。入り口は狭いが奥には広々とした立ち飲みスペースが広がっている。生ビール(400円)、ハイボール(390円)など注文する酒もあるが、冷蔵庫から缶ビールやチューハイを取って来てもOK。

料理は家庭的ながら角打ちとは思えないぐらいに丁寧で本格的。ハラミのタレ焼き(500円)は上質でとてもジューシー。注文から焼かれるオムレツ(300円)は、ひき肉が入ってとてもリッチな味わい。ミートローフはゆで卵をひき肉で包んだ見た目が美しい。時には鹿肉のステーキなんて珍しい料理もラインナップして驚かされる。

するめの天ぷらは通し揚げでアツアツ。小鉢いっぱいに盛られたコールスローはミニトマトたっぷり、スパサラもてんこ盛りで150円。冬場に提供されるおでんも出汁が美味しく一級品である。

(19/12/13 更新)

でん治  【高倉町 / 大阪市北東部 / 立ち飲み

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市都島区高倉町2-6-1 【MAP】

営業時間:17:00-21:00

定休日:土日祝

地下鉄都島駅の北1kmぐらいにあるショッピングセンター「ベルファ都島」のちょうど反対側、住宅地の中にポツンと佇んでいる半オープンエアーの立ち飲みおでん屋。1人で切り盛りする女将は二代目という歴史のある店。

アテは基本的に、大きな丸鍋で煮込まれているおでんのみ。おそらく鶏ガラに鰹節、醤油、みりんのみで継ぎ足し続けているおでんダシは、甘さ控えめで牛すじ肉のコクが良く出ていてとても美味しい。その牛すじに、じゃがいも、大根、厚揚げ、卵、かまぼこ、ごぼう天、平天、隠し包丁が入ったコンニャクなどがあり、基本的に1つ100円と激安。鍋で軽く煮込んでたっぷりのとろろ昆布をかけた湯豆腐も美味しい。冬場のみ、別鍋で煮込まれるこだわりの大根はトロトロと溶けるように柔らかい。

鍋の横にある冷蔵ケースには、注文から火を通すネタが入っていて、柔らかいタコ、白ネギ、マグロなどがある。ただしマグロだけは、ほとんどの人が生のままわさび醤油で食べているのが面白い。ドリンクは、ビール大瓶が510円、焼酎が280円、日本酒酒360円、チューハイが350円とややお高め。

(19/11/22 更新)

スタンドはじめ  【鶴橋 / 大阪市南東部 / 立ち飲み

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区船橋町11-2 【MAP】

電話:06-6761-2500

営業時間:12:00-22:00

定休日:日曜・祝日の月曜

鶴橋にある人気居酒屋「中島屋」が改装のため一時閉店、本拠である酒屋「中島酒販」を立ち飲み店に改装してオープンした店。現在は中島屋も復活して2店での営業になっている。

本家同様に、鶴橋市場で仕入れたマグロや海鮮を使ったメニューが売りで、すき身は相変わらずしっかり鉄分を感じる味の濃さで美味しいし、マグロのガーリック揚げは巨大なマグロの角切りを揚げてフライドガーリックとポン酢をかけたもの。分厚いレンコンはさみ揚げや、海鮮グラタンの中身までマグロと徹底されている。

鯛のあら炊きは、大皿に大きな鯛アラ半身が載った豪快な一品で、ゼラチンたっぷりの身と旨味が染み出した汁がたまらない旨さ。アジフライも当然鮮魚を揚げたもので、肉厚かつジューシー。海鮮アボガドユッケは大皿にマグロ、ハマチ、サーモン、アボガドがぎっしり。う巻きは肉厚のうなぎを分厚く卵でくるみ、甘辛のタレがかかって非常にゴージャス。

魚系以外のメニューは常識的なボリュームで、ステーキは角切りの牛肉がニンニクと一緒に熱した鉄板で出て来て香ばしく、鶏の唐揚げは熱々の大きなもも肉が2個、ポテトサラダは卵たっぷりで丁寧な作り、トロトロに柔らかいどて焼きは白味噌だけど甘さ控えめで、日本酒にも良く合う。おでんもあっさりながらアラを使った出汁が滋味深い。

(19/11/05 更新)

田舎屋  【今宮戎 / 大阪市南部 / うどん・そば

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市浪速区恵美須西2-12-9 【MAP】

電話:06-6631-5581

営業時間:11:30-20:00

通天閣から堺筋を挟んで東側の、安アパートや町工場が立ち並ぶエリアの一角にあるうどん店。昼時になると、ガテン系らのお客さんでいっぱいになる。

一番人気は450円のカツ丼で、あっさり薄味の出汁と卵でとじられた大ぶりの豚カツが隙間無く載せられ、大ぶりの玉ねぎ、青ネギ、たくあんの輪切り2枚と、非常に充実した内容。豚ロース肉は厚みがあって質も悪くなく、人気も納得ののコストパフォーマンスである。海老天を卵とじにした天丼は420円、玉子丼に至っては300円という安さ。

麺類も、かけうどんが180円と非常に安い。こちらも出汁はあっさりとした薄味で、香りや旨味は弱め。うどんはもちろん茹で置きで、そばに近いぐらい細いのが面白い。同額で、モチモチのきしめんとそばを選ぶことが可能。

バリエーションは幅広く、でらうどん(500円)は、丼の両縁にかかりそうな大きなお揚げ、あっさり煮込まれた牛肉、ちゃんと海老1本が入っている天ぷらが入った豪華版。フワフワで優しい味の卵とじメニューが充実しているのも特徴だ。

(19/10/16 更新)

  【上本町 / 大阪市南部 / お好み焼き

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 うえほんまちハイハイタウン2F 【MAP】

電話:06-6773-3937

営業時間:11:30-19:20

定休日:月曜・第2月曜の前日

上本町ハイハイタウンの2Fにある、カウンター10席のみのお好み焼き店。メニューはいわゆる鉄板焼きのようなものは無く、お好み焼きとモダン&座布団焼きのバリエーションのみで、1人1品のオーダーが必須のシステム。

お好み焼きは豚玉600円からり、イカ、エビ、タコ、キムチ、チーズ、スジ肉の組み合わせがあり、最も高価な「まどか焼き」は1500円と、トッピングの追加料金は総じて高め。

直径で20cm以上に広がったお好み焼きの生地は、山芋がたっぷりはいっていてフワフワでふっくら、キャベツはみじん切りで口当たりが非常に柔らかい。豚はロースの薄切りを生地の上に載せて焼くタイプであっさりしている。イカは肉厚、小エビはどっさり入り、牛スジはゴロゴロ大きく、トッピングの量もたっぷりでかなりのボリューム。

こちらの登録商標になっている座布団焼きは、焼きそばをお好み焼きの中に挟むモダン焼きとは違い、お好み焼きの上に焼きそばをそのまま載せ、かつお節とケチャップで仕上げたもので、確かにフワフワのお好み焼きが座布団のようだ。メニューにはないが、お好み焼きと同額で焼きそば単品も可能で、多めのかつお節と紅生姜が上に乗り、何故か四角い鉄板に入って出てくるのが面白い。

(19/09/14 更新)

極麺 青二犀  【吹田 / 大阪市外 / ラーメン(大阪)

好み:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府吹田市末広町21-53 【MAP】

営業時間:11:00-15:00 土日祝以外17:30-20:00(スープ切れ閉店)

定休日:月・火曜

https://twitter.com/aonisai8127

阪急相川駅やJR吹田駅から離れた住宅地というアクセスの悪さながら、休みの日には10人以上の行列が出来る人気店。メニューは非常にバリエーションが多き、鶏清湯のあっさりしょうゆ・しおラーメン(各700円)に、鶏白湯のこってり鶏しょうゆ・しおラーメン(各800円)が基本で、さらに限定メニューが毎回用意される。

あっさりはスッキリした鶏清湯スープに、ふくよかな醤油ダレ、焦がしネギの香りを合わせた、何も奇をてらった部分は無いが、スープは熱々だし、ほのかな甘味と酸味、かすかな苦味のバランスが良くてとても美味しい。麺はつるつるとのどごしが良い平打気味の中細麺で、レアチャーシューは肩ロースでしっかり肉味があり、穂先メンマには濃い目の味付けがされていて、シャキシャキの白ネギと青ネギが添えられる。こってりのほうは、麺は同じでまったりした癖のないまろやかなスープに、焦がしネギの苦味と香り、粗挽き黒胡椒をまとった鶏胸肉のレアチャーシューと、それぞれ計算された構成になっている。

あっさりに煮干しやサンマ、あごだしをプラスした「だししょうゆ・しおラーメン」(各750円)は、鶏清湯に薫り高い魚介ダシがプラスされてとても穏やかな味わいで、大人の担々つけ麺は、あっさりベースに練りごま、ラー油、花椒が効いた本場顔負けの四川風つけダレに、全粒粉を使ったきしめんのようなビロビロ麺で、燕三条ラーメンはだししょうゆラーメンのスープにつけ麺の幅広麺、そこに背脂、玉ねぎ、岩のりを足して全く別のいっぱいに仕立てるなど、個性付けが巧みでそれぞれ完成度が高い。

そしてサイドメニューで外せないのはチャーハンで、大ぶりのチャーシューがゴロゴロ入った、ややオイリーのしっとりタイプで、ラーメンのタレが効いていて絶品。他にもレバーチャーシュー、味噌味チャーシュー、チーズ卵入りチャーハンなど多彩な日替わりオプションが充実していて、全く飽きさせない工夫がてんこ盛りである。

(19/09/13 更新)

焼肉レストラン 富士  【高倉 / 大阪市北東部 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市都島区高倉町2-9-5 【MAP】

電話:06-6927-2901

営業時間:17:00-23:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

地下鉄都島駅の北1kmぐらいに行った高倉町にある、大箱の焼肉店。店内は綺麗で、無煙ロースターを完備したテーブル席、2人用カウンター席もあって1人焼肉でも大丈夫だ。

まず何よりも、普通は4桁が当たり前な塩タンが530円という値段に仰天する。しかも安かろうではなく、冷凍だけど綺麗なピンク色の十分なクォリティでさらに驚く。990円の上ハラミはとても肌理が細かくジューシー。同じ値段の上カルビは溶けるように柔らかく、旨味十分。脂の乗ったアカセンは430円とワンコイン以下。上ミノは火を通しても柔らかくシャキシャキの食感。レバーやハツはは値段なりで、ホルモンよりは塩タンと上物の赤身に値打ちがある。

もみダレは、かなり濃い色だけど見た目ほど塩辛くなく、ほんのり味噌の風味がする独特なタイプ。逆につけダレはあっさりフルーティな甘口で、卓上の豆板醤、ニンニクを加えると良い感じ。

ビールの大瓶が390円、焼酎は1杯260円でしかもボトルキープが可能、キムチの単品が200円、色とりどりのナムル盛り合わせが330円、大きな骨付きテールが1個入った巨大なテールスープが480円と、酒やサイドメニューまで立ち飲み屋並に安い、まさにあっぱれな庶民の味方である。

(19/08/15 更新)

スポンサー リンク


ホーム

エリア別メニュー

ランチ特集

お好み焼き

たこ焼き

居酒屋

立ち飲み

和食・寿司

うどん・そば

とんかつ・天ぷら

洋食

焼肉・韓国料理

中華料理

カレー・エスニック

その他・買い物

関西以外

ラーメン(大阪)

ラーメン(京都)

ラーメン(その他)

さぬきうどん(香川)

グルメコラムBlog

携帯サイト


大阪・関西のB級グルメガイド携帯版

携帯サイトQRコード


サイト内検索
powered by Google

プライバシーポリシー